月別アーカイブ: 2016年11月

9連勝!まだまだ行くぞ!!

B2第7節。
西地区2位の熊本ヴォルターズは、11月4日(金)と5日(土)に
ホームで、最下位の鹿児島レブナイズと対戦しました。
鹿児島は、昨シーズンまでNBDL(NBLの下部リーグ)の「レノヴァ鹿児島」を母体とするチームで、
ヴォルターズのポイントガード松永建作選手と奈良篤人選手にとっては古巣との対決でした。

それまで、3試合連続で逆転勝ちだったヴォルターズは、
「試合の入り方」を課題にこの2連戦に臨みました。

4日(金)は、第1クォーターから28対8と大量リードを奪い、課題はクリア。
そして、次々に選手を投入し、新しい戦術を試みます。
選手全員が出場し、86対75で勝利。
コーチ陣は「実際の試合で戦術を試せたことは大きい」と振り返りました。

5日(土)も主導権はヴォルターズ。
ヴォルターズの“核”となった中西良太選手&ジョエル・ジェームス選手のインサイドコンビが
攻守に渡ってゴール下を支配すると、
アウトサイドからもシューター、ガード陣がシュートを沈め、内外角から効果的に得点します。
そして、この日も選手全員が試合に出場。
さらには、奈良選手が古巣を相手に今シーズン初得点を決め、“全員得点”をマークしました。
試合後、握手を交わしながら「ありがとうございます。まだまだ頑張ります」と話してくれた奈良選手。
177cm・74kgと、バスケットボール選手としては決して大きな方ではありませんが、
その手は分厚く、がっしりとしていました。
また、“熱きムードメーカー”松永選手は2日間で23分51秒の出場。プレータイムをのばしました。

試合後、保田尭之ヘッドコーチは、
「ひとりひとりの選手が自分の役割を理解して、起用に応え、コートでもベンチでも戦ってくれる。
 だからチームの雰囲気もいいし、勝てていると思う」と教えてくれました。
新シーズンのスタート当初から
「選手それぞれに役割があることしっかりと伝え、
 ここにいる意味を実感してもらえるチーム作りをしていきたい」と話していた保田ヘッドコーチ。
Bリーグ最年少ヘッドコーチの思いは選手に伝播し、長いリーグ戦を進んでいます。

第8節は11月19日(土)と20日(日)、アウェイで、5位の香川ファイブアローズと対戦します。
この2試合には、7月に合宿を誘致してくれた香川・小豆島の皆さんも応援に駆けつけます。
あの合宿があったから、今のヴォルターズがあります。
ヴォルターズの“第二のホーム”。その声援を受けて、連勝記録を伸ばしましょう!!

Let’s Go VOLTERS!!

思い断つ、尊敬の、晩秋

髪を、切りました。

15センチ程でしょうか……思いきって。

 
スタジオジブリの映画「天空の城ラピュタ」。
主人公の女の子が、トレードマークの三つ編みヘアを敵対する相手から銃で撃たれ、ショートカットに。
映画では、主人公の女の子が仲間から「可哀そうに・・・」と抱きしめられるシーンがあります。
女性にとって髪は、言い表せない思いのこもる、大切なもの。

幼い頃からこの作品が好きで見ていた私。
髪型を変える時は、この主人公と同じくらいの決心がいるのです。
(大げさに聞こえるかもしれませんが……)

「何か月に一度」と、美容室に行くサイクルを決めている女性も多いようですが
私の場合は、インスピレーション。
仕事、対人関係、恋愛と、その時その瞬間に「いま、切ろう」
いえ、「いま、断ち切りたい」と衝動に駆られ、美容室に向かいます。
そうして気持ちが動くまでは、どれだけ髪の毛の量が多くなろうと、
根元が伸びていわゆる“プリン状態”になろうと、行かない質です。

それほど、私にとって髪を切る行為は、意味を持つもの。
だからこそ、美容室や美容師さんの空気感も重要なのです。

お世話になっているのは、子どもの頃からの行きつけの美容室。
店内に入った時の香り、音楽、空調といった環境そのものは、安定の居心地の良さ。
要望を伝えて、シャンプー台に誘われます。
シャンプーとトリートメントは、髪を切るための序章。
幸せの導入口なのか、はたまた、少し納得いかないモードに入るのかは
ここでの美容師さんの腕にかかっているのです。

今回の担当は、20歳の女性でした。

上はゆったりとしたニットに、下はスリムなパンツ。
長めなアッシュ系の髪は一つに結び、最近はやりの伊達メガネをかけています。
お洒落に気を使っていて、一方で清潔感も漂う姿。
シャンプーをしながらの他愛無い会話も、口数やタイミング、相槌のさじ加減が絶妙で、落ち着きます。
そうして迎えたトリートメント。
私の頭を包み込む彼女の華奢な指に、力が入ります。
そして、頭皮をマッサージ……

「ふぁぁぁ」と、思わず吐息を漏らしてしまいました。

マッサージ自体は、他の人もしてくれるのです。
ただ、朝から晩まで多くの人と接する美容師さん。
マッサージは、シャンプーやトリートメントからすれば、オプション的な存在です。
「疲れ」が伝わるような、指圧の弱い時も、仕方がないのかなと思います。
でも、彼女の指からは「それ」は感じませんでした。
強いんだけど、ただ力を込めているだけではなくて。
押しつけがましくない、側に寄り添って見守るような
「気持ち良くなりますように……」という思いの伝わる、マッサージ。

「気持ちいいです」
そう伝えると、彼女は控えめに「嬉しいです、励みになります」の言葉。
そして、取り繕ったりかっこつけたりすることもなく、穏やかにこう切り出しました。

「私たちは一日に多くの人の髪に触れるので、どうしても流れ作業になりがちだと思うんです。
でも、来てくださる人にとって、接客するスタッフとは1対1の関係なんですよね。
手を抜くと、すぐに分かっちゃうと思うんです。」

心が、震えました。
私が小学校1年生の頃に産声を上げたはずの彼女のことを、敬いました。
どの職業でも、そうですよね・・・
もっと言えば、仕事柄、テレビやラジオを見聞きしてくださる方を
目の前にする機会の少ない私にとっては、より胸に刺さる言葉でした。
もちろん、取材では直接お話しできますが
オンエアの時は自分の役割を見失う恐れのある仕事だと思うのです。

尊敬できる人というのは、年齢や経歴、著名度や実績だけではありませんね。

素敵な言葉をくれた御礼を伝えると、少し頬を赤らめて恥ずかしそうに笑う、6歳年下の女性を、心の底から尊敬します。
そうして、人の心根の清らかさや芯の強さに惹かれ、敬える。
そんな心の感度を保てている自分自身が好きですし、いまの環境にも感謝したいです。