祭囃子が聞こえる

ねぶたを初めて見たのは35年前の青森でした。八戸でのアルバイトの帰りに、ちょうど祭りとタイミングが合ったので見に行きました。その美しさ、規模の大きさ、そして参加している若者たち(ハネト)の楽しそうな様に圧倒された私は、それからしばらくは、ディスコでも片足で飛び跳ねていました(らっせらー♪)。

その後、テレビ番組でねぶたの制作過程などを見ては、ほぉーと唸っていたのですが、実際に再会したのは2年前の熊本城二の丸広場。熊本地震で被災した人たちを励まそうとやってきてくれた、ねぶたです。その翌年。そして、今年。欠かさず、行きます。行かずにはいられない。美しいものを見たいということもありますが、はるばる青森から来てくださっている心意気に応えないわけにはいかない。

今年も良かったです。暑さが心配でしたが、2日目は風がびゅーびゅー吹いていました(青森から?)。そして、見に来ている人たちの表情の変化を感じました。最初の年は、私でも胸にこみ上げてくるものがありました。見回すと、涙目で見つめている大勢の人がいました。それが、昨年、今年と、笑顔の人が増えたように思います。もちろん、地震から立ち直った人たちばかりではない。それでも、ねぶたには日々の辛さを忘れさせる力があるようです。

主催者のみなさま、ありがとうございます。ボランティアのみなさん、おつかれさまでした(台座を動かしていた鎮西高校サッカー部のみなさん、いい動きだったよ。サッカーも頑張ってね!)。

また、来年も来てもらいたいなぁ。

 

八戸には友人と2人で行ったのだが、現地から参加していた2~3歳年長の青年が、1週間のアルバイトが終わったあと、自宅に食事の招待をしてくれた。鮭の塩焼きを始めお母様が作ってくださった家庭料理はどれもこれもとびきり美味しくて、何杯もご飯をおかわりしたのだった。ご家族の中には、夏休みで東京の大学から帰省していたとても美しい妹さんがいた。帰りに、お礼状を書くために住所と電話番号を教えていただいたのだが、帰路、友人がそのメモをなくしてしまった。それで、お礼状は書けなかった。東京で妹さんに連絡することも叶わなかった。

祭囃子は、出来なかったこと、起こらなかったことへの悔恨を運んでくる。