日別アーカイブ: 2019年3月14日

安田純平さん講演会 「あきらめたら終了です」

 

 

シリアに40ヶ月拘束されて昨年10月に解放された安田純平さんの講演会が熊本市でありました(3/12 熊本市パレアホール 「あきらめたら終了です」 熊本県平和運動センター主催)。

安田さんが拘束されることになった伏線、長期に及んだ拘束のわけ、日本政府の関与と身代金の支払いの有無など、第一当事者の視点からの分析はなるほどそうかと思える内容でしたが、それは今後いろんなところでお話になるでしょうし、また本も出版されていますから、ここではふれません。

2時間近くの講演の最後に安田さんが話されたのは、拘束されていたときの話でした。

何もすることがないと、自分の人生を振り返る。あんな仕事こんな仕事もしておけばよかった。いろいろお世話になった人たちのためにもっと力を尽くすべきだった。もっといろんな国に行っておけばよかった。家族ともっと一緒に過ごせばよかった。大学のときにもっと勉強しておけばよかった。後悔の念は、小学生の頃まで遡ったそうです。あのとき別の道を選んでいれば今とは違っただろうと、その都度その都度の判断を反芻するようにして。そして、これから実行できるという希望があればいいが、その希望がない後悔がいかにつらいものだったかと話し、会場の350人に「これから好きなことをどんどんやってください」とよびかけられました。

講演会に集まった多くの方は私より年長とお見受けしましたが、その言葉に深く頷かれているようでした。しかし、自分が本当にしたいことは何なのか?後悔しないために今なにをすればいいか?この問いの答えは、中年にとってそれほど簡単なものではないです。今日の事なら分かる。しかし、先を見通しての判断は、なかなか難しい。安田さんの言葉が五十男をとらえて、揺さぶりました。

 

 

ホワイトデーです!

3月14日 ホワイトデーです。

「とんでるワイド 大田黒浩一のきょうも元気!」パーソナリティー、

大田黒浩一さんから、女性スタッフへのプレゼント。

なんと、手作りの牡丹餅です。(私が右手に持っています)

今朝3時に起きて作ったそうです。

袋には、浩一さんのイラストと「感謝」の言葉が・・・

この心配りはさすがです。

今日はピンチヒッターで番組を担当したのですが、

うれしい牡丹餅と、リスナーのみなさんからのメール、

ありがとうございました!