4/6(土)放送:第1回 地域連携の取り組みについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく昨年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第1回 地域連携の取り組みについて」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
つながる・支える〜ぬくもりの医療・阿蘇立野病院。この番組では、阿蘇立野病院の様々な取り組みを紹介します。阿蘇立野病院は、一般外来、入院、救急、人工透析、健康診断などに対応し、南阿蘇地域の医療を支える病院です。
3年前の熊本地震で大きな被害を受けましたが、段階的に再開し、去年1月にグランドオープン。
病院スタッフ一丸となって復興の歩みを進めています。
理事長、阿蘇立野病院の「地域連携の取り組み」について教えてください。

上村晋一理事長:はい、南阿蘇地域は高齢者の多い地域ですので、いつでも患者さんを受け入れられるよう、入院病棟の病床数を増やすことが急務でした。スタッフが徐々に増え、現在は43床に増床することができました。

樫山結さん:地域の皆さんと一緒に、イベント等も開催していらっしゃるんですよね?

上村晋一理事長:ヨガ教室や、高校生を講師に招いた認知症予防体操教室などを院内で実施しました。病院と地域の方々が楽しくつながる場を提供できているのではないかと思います。

樫山結さん:それは楽しそうですね。是非私も次回参加させていただきたいです!

上村晋一理事長:是非参加してください!

樫山結さん:さて、高齢化が進む南阿蘇地域の病院として、この阿蘇立野病院にはどんな役割が求められているんでしょうか?

上村晋一理事長:通所リハビリでは、通って来られる高齢者の方の機能回復や健康増進を図る役割が求められていると思います。リニューアルした施設はご利用者様にも好評で、意欲的にリハビリに取り組んでいらっしゃいます。病院に来ることができない高齢者の方に対しては、訪問リハ、訪問診療、訪問看護など、その方に必要な医療を提供し、南阿蘇村地域や他の医療・介護施設などと連携しながら、高齢者の方を含め、南阿蘇村に暮らす方々の健康を支える地域医療を、これからも実践していきたいと思っています。

樫山結さん:理事長、今日はありがとうございました。

上村晋一理事長:ありがとうございました。

 


阿蘇立野病院


上村理事長と樫山結さん


毎月実施しているヨガ教室は誰でも参加できます。
詳しくは阿蘇立野病院のホームページでご確認ください。


認知症予防体操教室