日別アーカイブ: 2011年7月2日

7月2日のポッドキャスト!!その壱

1年のちょうど真ん中の今日。

すっきりとしない天気の熊本です。

さて、本日のヲタクなお話は・・・・・・

  ご当地ヒーロー

  デジタルリマスター

  歴史の切り口

  尊敬する人へのオマージュ

などなどで、すっきり盛り上がってます!?

来週は、梅雨が開けてるかなぁ?

http://podcast.rkk.jp/da

熊本トヨペット「夏の大商談会」

7月2日(土)・3日(日)「夏の大商談会」開催中の熊本市十禅寺にある熊本トヨペット本社BUBU館にお邪魔しました。

特別仕様車&人気車をラインナップ!!

みんなで県内の熊本トヨペットへ。

 トヨペット.jpg
熊本トヨペット.JPG

トヨペット.jpg

 お問合せ 熊本トヨペット

電話 0120-921-511

長期療養中の子どもと暮らす家族の会

熊本市大江にあるウェルパルくまもとで「長期療養中の子どもと暮らす家族の会」の交流会と講演会がありました。

おしゃべり会が2ヶ月に1回開かれているそうです。

次回は9月21日(水)の予定だそうです。詳しくは、ホームページを。

くまもとぱれっと.JPG

お問合せ くまもとぱれっと 

http://www.kumamoto-palette.org/index.html

 

てなもんやサウンド笠 2011年7月2日放送分

20110702masai.jpg

『畑中葉子 ゴールデン・ベスト』/畑中葉子
(ビクター VICL-62588)

オンエア曲:
「ロミオ&ジュリエット’79」
「愛はMUSIC」

※解説
まさいよしなりが本日ご紹介する音源はこちら。
畑中葉子は平尾昌晃とのデュエット曲で1978年にデビュー。
「カナダからの手紙」はオリコン最高位1位、12週に渡って
トップ10にランクインするという大ヒットとなった。この時18歳。
彼女についてはこの「カナダからの手紙」や、その後の
刺激的なイメージ戦略だけで語られがちなのであるが、
実はソロ歌手として非常に多くの楽曲をリリースしており、
多岐に渡るジャンルを巧みに歌いこなす実力を持っていた。
そんな彼女のシンガーとしてのキャリアを網羅するベストが
今回ようやくリリースされた。前述の「カナダからの手紙」や
「エーゲ海の旅」といった平尾昌晃とのデュエット4部作から、
その後のソロ時代の作品まで全20曲が収録されている。

てなもんやサウンド笠 2011年6月25日放送分

20110625masai.jpg

『Clara Rockmore’s Lost Theremin Album』/Clara Rockmore
(Bridge Records BRIDGE-9208)

オンエア曲:
「サマータイム」
「G線上のアリア」

※解説
まさいよしなりが本日ご紹介する音源はこちら。
クララ・ロックモアは1911年、今から丁度100年前に
ロシアで生まれた。 もともと幼い頃からバイオリニストを
目指していた彼女であったが、当時の栄養の問題もあって
バイオリニストとしてふさわしい骨格が形成出来ず、演奏家の
道を諦めかけていたときに出会ったのがテルミンという楽器。
この一風変わった電子楽器に、バイオリンに取って代わる
可能性を見出した彼女は、テルミン奏者として活躍してゆく。
テルミンは古典的な電子楽器で、垂直に伸びたアンテナに
手を近付けたり離したりすることで音程をコントロールし、
そして水平のアンテナで音量をコントロールして演奏する。
その挙動は完全に空中作業で、手は何にも触れることはない。
さて1975年、彼女が演奏家として引退するのを期に、彼女の
ファンであったロバート・ムーグ(モーグ)博士のプロデュースにより
録音が行われ、その中の12曲がアルバムとして1977年に発表された。
しかしその際録音された残りの16曲は未発表のままとなっていたが、
30年以上の時を経てそれら16曲を全て収録したのがこのCDである。