てなもんやサウンド笠 2012年3月3日放送分

20120303masai.jpg

『AYNU MUSIC SAMPLER』/オムニバス
(チカルスタジオ CKR-0120)

オンエア曲:
「IUTA UPOPO」/安東ウメ子
「KAI KAI AS TO」/OKI

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
いわゆる独立系レーベルは、規模の小ささゆえに特徴的な
コンセプトやこだわりを持ったカタログのラインナップを実現
するなど、大手レーベルとは一線を画す個性が売り物である。
アイヌ音楽の演奏家であるOKI氏によって設立されたレーベル
「チカルスタジオ」もそのひとつであり、アイヌ音楽を専門に
リリースし続けているレーベルとして異彩を放つ存在である。
今回発売された「AYNU MUSIC SAMPLER」は、これまでに
同レーベルからリリースされてきたアルバム群から全12曲を
ピックアップしたサンプラーCDで、このレーベルが追い求めて
いる音楽世界を気軽に俯瞰できる好企画盤であると言える。
まず一曲目「イウタ・ウポポ」は、安東ウメ子が2003年に発表
したアルバム「ウポポ・サンケ」に収録されている一曲。
安東ウメ子はアイヌ音楽の伝承者として名高い存在であり、
ウポポ(アイヌ語の歌)、ムックリ(口琴)の名手。その他にも
アイヌ語講師やアイヌ文化の保存活動も行っていた人物で、
惜しくも彼女は2004年、72歳でお亡くなりになっている。
続いて「カイ・カイ・アス・ト」は、レーベル主宰OKIが1996年に
発表したファーストアルバム「カムイ・コル・ヌプルペ」からの曲。
彼はアイヌ音楽にレゲエ・アフロビート・ロックの要素を大胆に
取り入れ、日本全国はもとより海外公演も積極的に行っている。