てなもんやサウンド笠 2012年7月14日放送分

20120714masai.jpg

『ウクレレ・ラプソディ』/ラングレイ・ウクレレ合奏団
(クラウン CRCI-20437)

オンエア曲:
「ティコ・ティコ」
「ウォーターメロン・マン」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
ラングレイ・ウクレレ合奏団(The Langley Ukulele
Ensemble)は、音楽監督のピーター・ルオンゴ氏の
発案よって結成された、33年におよぶ歴史を持つ
カナダにおけるウクレレアンサンブルである。
バンクーバーから約30キロの距離に位置する
小さな街ラングレイは、この合奏団の存在によって
カナダ中に知られているということである。
この合奏団、メンバーのほとんどは10代の少年少女で
構成されており、そのレパートリーはクラシックから
ポップス・映画音楽・ジャズ・ラテン・ハワイアンなど幅広い。
そんな彼らの「ベスト」的な編集盤が、今日お持ちした
「ウクレレ・ラプソディ」であり、全20曲収録されている。
その中からまずはラテンのスタンダードナンバー「ティコ・ティコ」、
続いてはハービー・ハンコックのあの名曲を更にトロピカルな
雰囲気に仕上げた心地よい作品「ウォーターメロン・マン」を。