てなもんやサウンド笠 2012年7月28日放送分

20120728masai.jpg

『Золотая Коллекция Ретро(ゾロタヤ・カリェクツィヤ・リェトラ)』
/Эдита Пьеха(エディタ・ピエーハ)
(BoMB 033-187/341 [2枚組])

オンエア曲:
「Разве привыкают к чудесам(ラズヴェ・プリーヴカユート・ク・チュデサム)」
「Наш сосед(ナシュ・サシェド)」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
かつての東欧諸国のポピュラー音楽など以前は接する機会も
限られていた訳だが、今ではその当時の音源がCDとして
纏められてきており、容易とは言えないまでもここ日本でも
そういった音源を入手することが出来るようになった。
今日お持ちしたエディタ・ピエーハはポーランド人であるが、
旧ソ連時代から活躍しているロシアの国民的女性シンガーで
「ソ連人民芸術家」という称号を与えられていたスターである。
今回ご紹介したのは、そのエディタ・ピエーハの2枚組ベスト。
全35曲収録というボリュームで、全盛期の彼女の歌声と共に、
当時のソ連における非常にモダンで洒脱な音作りが堪能出来る。
アルバム名となっている「ゾロタヤ・カリェクツィヤ・リェトラ」は、
英語で表現すると「レトロ・ゴールド・コレクション」となる。
まず1曲目「ラズヴェ・プリーヴカユート・ク・チュデサム」は、
ミッシェル・ポルナレフの「哀しみの終るとき」をカバーしたもの。
続いて「ナシュ・サシェド」は1965年の作品。のちにこの曲を
ダニエル・ヴィダルがカバーし、「天使のらくがき」のタイトルで発売。
日本において大ヒットしたので、メロディをご存知の方も多いはず。