てなもんやサウンド笠 2012年10月13日放送分

20120922masai.jpg

『別れの朝』/ペドロ&カプリシャス
(GREENWOOD RECORDS/ワーナー GRCL-6012)

オンエア曲:
「別れの朝」
「ブラック・マジック・ウーマン」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
ペドロ&カプリシャスといえば、ジャズ・ラテンなどの要素を
取り入れた日本の音楽グループ。パーカッショニストで
リーダーのペドロ梅村によって1971年に結成されている。
フロントに女性ボーカルを置くバンドスタイルで数々のヒット曲を
送り出したこのグループ、実は2012年現在、一度も解散すること
なく40年以上活動を続けている長寿グループとなっている。
そんなペドロ&カプリシャスのデビュー曲「別れの朝」をまず
お聴き頂いた。この曲は週間チャート4週連続1位を記録する
大ヒットとなったワケだが、この時の初代リードボーカルこそ、
前野曜子その人である。この前野曜子のペドロ&カプリシャス時代、
その脱退後に出戻りで参加したリッキー&960ポンド時代、そして
ソロ時代のアルバムが揃って紙ジャケット仕様で今回CD化された。
しかもそれぞれにボーナストラックとしてアルバム未収録となっていた
シングル音源が追加収録されており、更に最新リマスタリングで
音質面も万全と、まさに永久保存盤のリイシューとなっているのだ。
今日はそれらのCDの中から、1972年にリリースされたペドロ&
カプリシャスのファーストアルバム「別れの朝」をお持ちした。
標題曲に続いてもう1曲、このグループと前野曜子の魅力が存分に
堪能できる洋楽カバー「ブラック・マジック・ウーマン」をオンエア。