てなもんやサウンド笠 2012年12月15日放送分

20121215masai.jpg

『尾崎紀世彦 ゴールデン・ベスト サマー・ラブ』
(ソニー MHCL-2115)

オンエア曲:
「サマー・ラブ」
「Tonight さよなら」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
尾崎紀世彦、この実力派シンガーの訃報はまだ記憶に新しいが、
今日お持ちしたのは彼のこれまでにない選曲によるベスト盤。
コーラス・グループのザ・ワンダースのメンバーとして活動後、
1970年に「別れの夜明け」でフィリップスからソロデビュー。
そしてセカンドシングル「また逢う日まで」が大ヒットすると、
そこから続けざまに「さよならをもう一度」「愛する人はひとり」
「ゴッドファーザー~愛のテーマ」と話題作を量産したわけだが、
これまで容易にCDで聴くことの出来た彼の音源は、ほとんどが
チャートを賑わせていたこのフィリップス時代のものであった。
そこへ今回「追悼盤」という形で、フィリップから移籍した後の
1975年以降の音源、すなわちビクター、コロムビア、アルファ、
ポリスター、ソニーといった各社から発売されたシングルの音源を
集めた、まさにファン待望と言ってよい編集盤がリリースされた。
初CD化、あるいは入手困難であった作品が全20曲収録されている。
いかにこのシンガーの歌心が豊かなものであったかということが
ひしひしと感じられる一枚であるが、その中からまずは1987年に
スマッシュヒットした「サマー・ラブ」、続いて同年発表の佳曲
「Tonight さよなら」の2曲をオンエア。まさに永久保存盤だ。