てなもんやサウンド笠 2013年1月19日放送分

20130119masai.jpg

『坂田晃一 テレビドラマ・テーマトラックス』/オムニバス
(ソニー MHCL-2076)

オンエア曲:
「冬物語」/フォー・クローバース(1972年)
「さよならの夏」/森山良子(1976年)

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
このたび作曲家・坂田晃一氏の作品を集めたオムニバス盤が登場。
氏は東京芸大を中退後、作曲家であり指揮者であった山本直純氏の
アシスタントをしながら作曲やアレンジを学び、1965年に作曲家と
してデビュー。少し耳にしただけでこの人の作品だと分かるような、
独特の哀愁、ノスタルジーが特徴である。「母をたずねて三千里」
「おしん」「春日局」といったテレビ作品の音楽を多数手掛けるなど
活躍してきた彼であるが、そのキャリアの中から特にテレビドラマの
主題歌にスポットを当てたのが、今日お持ちしたコンピレーション盤
「坂田晃一 テレビドラマ・テーマトラックス」である。全22曲収録。
あくまで主題歌集であるため、必ずしもヒット曲でないものが多数
含まれており、そこが坂田晃一ファンにとっては有難い限りであり、
レアトラックの初CD化も満載だ。もちろんテーマ曲・主題歌マニアや
サントラファンにも大変嬉しい企画となっていることは言う迄もない。
その中からまずフォー・クローバースの「冬物語」、続いては今なお
カバーされる機会のある、森山良子の「さよならの夏」をオンエア。