てなもんやサウンド笠 2013年3月16日放送分

20130316t.jpg

『The Studio Albums』/Joni Mitchell
(ライノ/ワーナー 8122797178[輸入盤])

オンエア曲:
「Both Sides, Now」(「Clouds」より)
「The Circle Game」(「Ladies Of The Canyon」より)

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
ここ数年に渡って「円高によって輸入盤をお得に買うことが出来る」
という話題を何度となくこのコーナーで採り上げてきたわけであるが、
ご承知のように、ここのところ対米ドル、対ユーロにおいて随分と
円安傾向が進み、これまでの円高メリットもやや薄れてきたのかな、
という感じである。しかしながら、歴史的にみれば現状でもまだまだ
円高の真っ只中であり、輸入盤の購入にあたってその差益を享受
するギリギリの時期が到来したとも言えるのであり、そこで今日は
輸入盤のCDボックスセットをひとつご紹介させて頂く次第である。
カナダの天才的ソングライターにして、自身も素晴らしい表現力と
圧倒的な説得力を持つシンガー・プレイヤーである、ジョニ・ミッチェル。
そんな彼女のファーストから10枚目まで、合わせて10枚のオリジナル
アルバムをセットにしたボックスがこのたび発売されているのである。
昨年末に登場したアイテムなのであるが、その当初の販売価格は
おおよそ2300円。それが最近は2600円から2700円程度となっている。
若干値上がりはしたものの、それでもジョニ・ミッチェルの名盤が1枚
270円以下で手に入るという絶好の機会。これから彼女の音楽に触れ
てみようという入門者にはもちろんのこと、すでに何枚か所有している
という人であっても、このボックスを購入したほうが彼女のアルバムを
お得にコンプリートすることが出来るかも知れないという安さなのだ。
そんな素晴らしい10枚組の中から今日は、アルバム「Clouds」(1969年)
より「Both Sides, Now」(「青春の光と影」。ジュディ・コリンズでも有名)、
「Ladies Of The Canyon」(1970年)より「The Circle Game」(「サークル・
ゲーム」。バフィ・セントメリーでヒット)という代表的な2曲をお聴き頂いた。