てなもんやサウンド笠 2013年6月8日放送分

20130608masai.jpg

『スウィング・ガールズ 1935-1940』/オムニバス
(テイチク TECH-37281~2)

オンエア曲:
「月光値千金」/川畑文子(1935[昭和10]年)
「明るいサンルーム」/服部富子(1940[昭和15]年)

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
今日お持ちしたのは、日本におけるジャズの歴史的音源を
集めた、2枚組のオムニバスCD。もっとも、日本でジャズが
よりポピュラーになるのは戦後のことであるが、戦前においても
非常にモダンな、お洒落な音楽ということで大いに流行した。
このCD「スウィング・ガールズ」は、その当時テイチクレコードに
吹き込まれた女性ボーカルのジャズソングを全48曲まとめたもの。
当時の一般的な流行歌に見られる堅苦しさのようなものを排除した、
まさにジャズという音楽を楽しもうという心意気が伝わる作品群だ。
一曲目「月光値千金」は有名なスタンダードナンバーであるが、
エノケンなどによるユーモラスな解釈の録音が多い中、ここで聴く
ことができる川畑文子のバージョンはもっと原曲に近く、本格的な
ジャズテイストで歌われている。彼女はダンサーとして活躍する一方、
ジャズシンガーとしてもコロムビア・テイチクへ数多くの録音を遺した。
こういったスタンダードナンバー以外に、ジャズ歌謡という路線の曲も
多く作られた。「明るいサンルーム」の服部富子は、かの服部良一の
妹。元宝塚で、のちに歌手へ。1938年(昭和13年)にテイチクからデビュー。