てなもんやサウンド笠 2013年8月17日放送分

20130817masai.jpg

『Thai Beat A Go-Go Vol.3』/オムニバス
(SUBLIMINAL SOUNDS SUBCD18[輸入盤])

オンエア曲:
「Pee Lah (Heartbreak Hotel)」/Sakarin Boonpit
「Soul Dracula」/Don

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
このコーナーではこれまでにも折に触れてアジア各国における
ポップスの音源をご紹介してきたのだが、今回もそういったCD。
こちらはスウェーデンのレーベル「サブリミナル・サウンズ」から
リリースされたコンピレーション盤なのであるが、その内容は
タイで60年代から70年代にかけて発売されたポップス、ロック、
ソウル、ディスコといった、今となっては極めてレアな珍盤ばかり。
それらを全18曲収録したのがこのオムニバス盤で、タイトルは
「Thai Beat A Go-Go Vol.3」。Vol.3と銘打つからには、当然
ながらこれ以前にVol.1とVol.2もすでに発売されているワケで、
それぞれ大好評であったためにこのたび続々編の登場となった。
タイのレア盤発掘シリーズ3作目ということで音源の掘り起こしも
かなり進んできており、前作に勝るとも劣らない衝撃を受ける。
ただし、収録アーティストに関する情報はほとんど不明である。
しかしそのおかげでというべきか、先入観のない状態で「音楽」
そのものを純粋に面白がりつつ楽しむことが出来るという寸法だ。
今日はこのCDの中から、特に印象的な「カバーもの」をご紹介。
まずはプレスリーのご存知「ハートブレイク・ホテル」のカバーで、
歌と伴奏がどうしても合わないところが聴きどころという一曲。
続いては何と、かのディスコミュージックにおける珍曲の筆頭格、
「ソウル・ドラキュラ」のカバー。オリジナルの持つインパクトを、
全く違う方向性で凌駕してしまったという「迷曲」と言えよう。