月別アーカイブ: 2014年3月

てなもんやサウンド笠 2014年3月29日放送分

20140329masai.jpg

『オール・ソングス・コレクション』/三波豊和
(ソニー DQCL-356~357[2枚組])

オンエア曲:
「青春よ翔べ」(1975年)
「熊本男児」(1976年)

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
三波豊和。言わずと知れた三波春夫のご長男であり、
俳優・タレントとして長きに渡って活躍している彼だが、
当初は歌手としても活動していたことをご存知の方も
多いことだろう。1975年にシングル「青春よ翔べ」で
歌手デビューし、78年にかけてCBSソニーから多くの
楽曲をリリースしている。当時20代前半ということで、
実に若者らしい、爽やかな青春歌謡を得意としていた。
そんな三波豊和のオリジナル作品の音源はこれまで
CD化の機会を得られずにいたのだが、ついに今年、
彼のCBSソニー時代のすべての楽曲がCD2枚組で
リリースされた。題して「オール・ソングス・コレクション」。
全33トラックというボリュームで、彼の歌声を存分に
堪能できるという、ファンにはもちろん待望の、そして
歌謡曲マニアにとっても貴重なアイテムとなっている。

さて、「土曜だ!! 江越だ!?」枠内でお届けしてきた
「てなもんやサウンド笠」は本日で終了し、4月より
30分番組としてリニューアルスタートとなります。
日曜と月曜の境界線、深夜0時からお送り致します。
今後ともなにとぞよろしくお引き立ての程を!

てなもんやサウンド笠 2014年3月22日放送分

20140322masai.jpg

『The Criminal Trombone(トロンボーンの犯罪)』
/クリスティアン・リンドベルイ
(BIS[スウェーデン] BIS-CD-328)

オンエア曲:
「バッハ: 管弦楽組曲第2番ロ短調より バディネリ」
「モーツァルト: キラキラ星変奏曲」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
トロンボーン奏者として世界随一の実力を持っていると
定評のある、スウェーデンのクリスティアン・リンドベルイ。
17歳からトロンボーンを始め、19歳にしてオーケストラの
プロ楽団員となったが、あくまでソリストになることを望み、
その武者修行をすべく20歳で楽団を離れたという早熟ぶり。
そうしてソロ活動を始めた頃に、スウェーデンのレコード会社
BISのオーナーが彼の才能に注目し、以来このレーベルを
中心に数多くのトロンボーンのソロ作品をリリースしてきた。
完全にフルタイムでソロのトロンボーン奏者として活躍して
いるのは、世界広しといえども現在彼だけであると言われる。
作曲家として、また指揮者としても精力的に活動しているが、
トロンボーン奏者としても今なお世界の頂点に君臨している。
ヴィルトゥオーゾとしてのスピードや正確さだけを売り物として
いるのではなく、叙情的でしなやかな、時にデリケートで時に
大らかな演奏をも得意としており、まさに変幻自在と言えよう。
そんな彼の音源は初期の作品も含めいずれもロングセラーと
なっているのであるが、その中から1987年にリリースされた
「The Criminal Trombone(トロンボーンの犯罪)」より2曲。
トロンボーンの魅力と可能性を再発見できる好盤である。

てなもんやサウンド笠 2014年3月15日放送分

20140315masai.jpg

『21世紀の孫たちへ -語り継がれる昔話-』/森繁久彌(朗読)
(エイベックス AVCD-11718~9)

オンエア内容:
「21世紀の孫たちへ(メッセージ)」
「浦島太郎」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
まさに卒業シーズン真っ只中。そしてまた新入学や就職と、
希望に胸ふくらむ春がいよいよ訪れようとしているワケだが、
そういう「前へ前へ」という季節だからこそ、敢えてちょっと
立ち止まって、考えを巡らせてみる…といった趣の音源を。
そこでお持ちしたのは、ご存知森繁久彌氏による朗読のCD、
「21世紀の孫たちへ -語り継がれる昔話-」という2枚組。
朗読と言っても、いわゆる高尚な文学作品のように大上段に
構えたものではなく、副題にも添えてある通り、古くから語り
継がれてきた、誰もがよく知っているであろう「昔話」の朗読。
「桃太郎」「おむすびコロリン」「花咲かじいさん」「一寸法師」と
いった、特に広く親しまれているお話ばかりが、合わせて9篇。
これらを名優森繁が語ってくれるという、宝物のような音盤だ。
氏が2009年に亡くなってから今年で早いもので5年目になるが、
伝えられてきた文化の存在価値が改めて問われている現代
なればこそ、彼の語りによるこれらお馴染みの民話の数々を
心から愛おしみつつ聴きたい、そう思える作品となっている。

手描き映画看板

熊本市・江越にある「中津からあげ まる」のイートインスペースに懐かしい手描き看板のミニチュアが飾ってあります。映画看板師 田上賢二さんが新たに描かれた復刻看板を見る事が出来ます。

もちろん中津からあげ おいしかったですよ♪

DSC02816.JPG
DSC02817.JPG
DSC02821.JPG
DSC02822.JPG

河原町問屋街でムービー・ショー

駐車場に面している美容室の白壁をスクリーンにして、ムービー・ショーが開催されます。

屋外で映画を観ることが少なくなった今、お外での映画鑑賞を楽しんでみては?

3月17日(月)18時開始予定

「ローマの休日」「キングコング」

熊本市中央区河原町 問屋街「妙乗寺」駐車場

無料

問合せ:096-245-7666

DSC02815.JPG

てなもんやサウンド笠 2014年3月8日放送分

20140308masai.jpg

『麻田 浩 ゴールデン・ベスト』/麻田 浩
(ソニー MHCL-417~418)

オンエア曲:
「昨日の様な出来事」
「今夜はひとりで」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
麻田浩は、現在はプロダクションの代表としてミュージシャンの
マネージメント、ならびに「呼び屋」として海外アーティストの招聘
などに携わるなど、多岐に渡り活躍していることで有名である。
彼は少年時代にキングストン・トリオに影響を受けてギターを手にし、
1963(昭和38)年、マイク眞木らと共にモダン・フォーク・カルテットを
結成。これはアメリカの本家モダン・フォーク・カルテットの完全な
コピーバンドというわけではなく、オリジナルを含め様々なフォーク
ソングを演奏し、カレッジフォークを代表する人気バンドとなった。
その後、単身渡米。フォークやブルース、現地のシンガーソング
ライターらの活動に影響を受け、帰国。そして71年、CBSソニー
からレコードデビューを果たす。それから4年間ほどが彼における
ミュージシャンとしての活動期間となる。その後は司会やローディー、
ツアーマネージャーといった活動に転身し、現在に至っている。
そんな彼が72年に発表したアルバムを1枚目、そしてシングル曲と
レア音源を集めた2枚目、合わせてCD2枚組の「麻田浩 ゴールデン・
ベスト」が発売されている。唯一の彼のCD音源であり、非常に貴重。
その中からまず1曲目は彼の代表作「昨日の様な出来事」(1972年)。
石川鷹彦のアコギ、ブレッド&バターのサッチン(岩沢幸矢)のコーラス、
アレンジはクニ河内。続いてもう一曲は「今夜はひとりで」。バックメンに
キャラメル・ママ、コーラスはシンガーズ・スリー、パーカッションは斉藤ノブ、
スライドギターは安田裕美という面々による名演が聴きどころである。

オートメッセ増税目前!!カウントダウン応援フェア

オートメッセ(上益城益城町)にお邪魔しました!!

3月7日(金)~9日(日)まで「オートメッセ増税目前!!カウントダウン応援フェア」開催中です。

新車、中古車、新古車、未使用車がずらり!!試乗もできるそうですよ♪

こんなくるま探せないか?など、相談してください!とのことです^^

お問合せ オートメッセ

電話:096-286-0080(営業時間:10時~19時)

DSC02774.JPG
DSC02772.JPG
DSC02773.JPG
DSC02771.JPG
DSC02776.JPG
DSC02775.JPG