カテゴリー別アーカイブ: てなもんやサウンド笠

てなもんやサウンド笠 2013年12月21日放送分

20131221masai.jpg

『伝説の歌声 北廉太郎「ヴォルガ旅愁」』
(ぐらもくらぶ/メタカンパニー G10008)

オンエア曲:
「潮来夜船」(1939年)
「青春の丘」(1939年)

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
北廉太郎は昭和初期、戦前・戦中にかけて活躍した流行歌手。
田端義夫のカバーでも知られる「潮来夜船」をはじめ、幾つもの
ヒット曲を生んだ、押しも押されもせぬスター・シンガーである。
活動当時の年齢もまだ十代と若く、後世で言うところの「アイドル
歌手」的な立ち位置にあって、大変な人気を博したのであった。
デビューは1936年、16歳の時。タイヘイレコードから、紀多寛の
名で「男の涙」を発表。のちに大手レーベルのポリドールへ移籍し、
その際「北廉太郎」に改名。「滝廉太郎」をもじって付けられた。
かくして人気歌手となった北廉太郎であったが、1940(昭和15)年、
20歳という若さで病気によりこの世を去っている。そのため、
戦後まで歌い続けた同年代の歌手たちと比べ、圧倒的に知名度が
低く、一般にはほぼ忘れ去られていたというのが実情であった。
もちろん音源がメディアで流れることも皆無に近く、その歌声が
ビニール盤などの形で復刻されることも一切なかった訳である。
そして、遺された数多くのSP盤だけが当時の彼の人気を物語り、
それを知る一部の人だけによって語り継がれるのみだったのだ。
そんな彼の死から73年を経た今年、ついに北廉太郎の名唱が
CDとなって奇跡の復刻を果たし、我々の耳に届けられるに至った。
彼の歌声は実に甘くしなやかなクルーナーで、人気を得るのも
うなずける見事な歌いっぷりである。今回のCD化を契機に、
昭和の歌謡史を彩る歌い手の一人として彼の名前がもっと多くの
人々の心に刻まれるよう強く願ってやまない。そして遺された作品の
数々がますます聴かれ、「生き続けて」欲しいと衷心より祈念する。

てなもんやサウンド笠 2013年12月21日放送分

020131221masai.jpg

『伝説の歌声 北廉太郎「ヴォルガ旅愁」』
(ぐらもくらぶ/メタカンパニー G10008)

オンエア曲:
「潮来夜船」(1939年)
「青春の丘」(1939年)

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
北廉太郎は昭和初期、戦前・戦中にかけて活躍した流行歌手。
田端義夫のカバーでも知られる「潮来夜船」をはじめ、幾つもの
ヒット曲を生んだ、押しも押されもせぬスター・シンガーである。
活動当時の年齢もまだ十代と若く、後世で言うところの「アイドル
歌手」的な立ち位置にあって、大変な人気を博したのであった。
デビューは1936年、16歳の時。タイヘイレコードから、紀多寛の
名で「男の涙」を発表。のちに大手レーベルのポリドールへ移籍し、
その際「北廉太郎」に改名。「滝廉太郎」をもじって付けられた。
かくして人気歌手となった北廉太郎であったが、1940(昭和15)年、
20歳という若さで病気によりこの世を去っている。そのため、
戦後まで歌い続けた同年代の歌手たちと比べ、圧倒的に知名度が
低く、一般にはほぼ忘れ去られていたというのが実情であった。
もちろん音源がメディアで流れることも皆無に近く、その歌声が
ビニール盤などの形で復刻されることも一切なかった訳である。
そして、遺された数多くのSP盤だけが当時の彼の人気を物語り、
それを知る一部の人だけによって語り継がれるのみだったのだ。
そんな彼の死から73年を経た今年、ついに北廉太郎の名唱が
CDとなって奇跡の復刻を果たし、我々の耳に届けられるに至った。
彼の歌声は実に甘くしなやかなクルーナーで、人気を得るのも
うなずける見事な歌いっぷりである。今回のCD化を契機に、
昭和の歌謡史を彩る歌い手の一人として彼の名前がもっと多くの
人々の心に刻まれるよう強く願ってやまない。そして遺された作品の
数々がますます聴かれ、「生き続けて」欲しいと衷心より祈念する。

てなもんやサウンド笠 2013年12月7日放送分

20131207masai.jpg

『The Rough Guide To Ali Hassan Kuban』
(World Music Network RGNET1106)

オンエア曲:
「Sukkar, Sukkar, Sukkar」
「Mabruk」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
アフリカのナイル川流域の国といえば、まずエジプト、そして
その南に接するスーダン。この両国をまたいで、ヌビアという
地域がある。歴史的にも古くから独自性を守ってきたこの地域、
そこに住む人々はヌビア人としての誇り高いアイデンティティーと
文化を持っている。今回は、そのヌビアの音楽をご紹介したい。
そこで登場するのが、ヌビア音楽を代表する大物ミュージシャン、
アリ・ハッサン・クバーンのCDだ。ワールドミュージックのブームに
伴って世界的に名を知られるようになり、来日も果たしている
という知る人ぞ知る存在であり、2001年にこの世を去っている。
そんな彼のベスト盤的な一枚が、今回お持ちした輸入盤「The
Rough Guide To Ali Hassan Kuban」なのである。全15曲。
彼の作品はヌビア音楽本来のリズムやメロディーを基本として、
実にファンキーでノリのいいサウンドを巧みに構築している。
その旋律はペンタトニック、いわゆるヨナ抜き音階であり、日本の
民謡や演歌に通じるものがある。従って、遥か遠くの音楽ながら
懐かしさや親しみを覚えるという、これは実に不思議な感覚だ。
音楽のひとつのルーツを垣間見るという貴重な体験もしつつ、
かつ難しく考えず純粋に楽しむことが出来る、興味深い一枚だ。

てなもんやサウンド笠 2013年11月30日放送分

20131130masai.jpg

『Tribute to Uncle Ray』/Little Stevie Wonder
(ユニバーサル UICY-75773)

オンエア曲:
「Hallelujah I Love Her So」
「Come Back Baby」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
アメリカ・デトロイトで生まれたインディペンデント・レーベル、
自動車の街、モーター・タウンで「モータウン」。1959年の
設立から来年で55周年を迎えることから、それを記念して
同レーベルの膨大なカタログから代表的な100タイトルを
1000円という価格でリイシュー、しかも最新リマスター音源。
そこで今回は再発アルバムの中から、モータウンと言えば
忘れることの出来ない代表的なミュージシャン、モータウン
ひとすじの大物、スティーヴィー・ワンダーの音源をご紹介。
彼は当初天才音楽少年としてモータウンと契約し、「リトル・
スティーヴィー・ワンダー」名義で活動を始める。そして62年に
マルチプレイヤーとしてインストアルバム「ジャズ・ソウル」を、
更に同年、今度はシンガーとしての早熟な実力を示した作品
「レイ・チャールズに捧ぐ」を相次いで録音。しかしこの時は
どちらも発表は見送られ、この2枚は63年にライブアルバム
「12歳の天才」が大ヒット(全米1位)したのちようやく世に出た。
その初期の2作品が今回の1000円のカタログでリイシュー。
今日採り上げた「レイ・チャールズに捧ぐ」は、そのタイトルが
表す通りレイ・チャールズのカバーをメインとしたアルバム。
この作品の評価は、一般的には決して高くない。確かに荒削りな
印象は否めず、大人の曲を少年が歌うという違和感も感じる。
しかし裏を返せば、背伸びをして大人の世界を自信たっぷりに
歌い上げる少年の歌声が微笑ましくもあり、荒削りなのはまさに
若さの賜物、伸び代に期待が持てる天才少年の証左である。
この時代があってこそ、のちのスティーヴィーの活躍があるのだと
納得することが出来る驚きの一枚であることは間違いあるまい。

てなもんやサウンド笠 2013年11月23日放送分

20131123masai.jpg

<見出し> てなもんやサウンド笠 2013年11月23日放送分

『天知茂 ゴールデン・ベスト』
(ユニバーサル UPCY-9321)

オンエア曲:
「廃墟の唇」(1964年)
「昭和ブルース」(1973年)

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
天知茂といえば何と言っても「ニヒル」な渋さが魅力の俳優。
最初は悪役として注目され、その後徐々に主演作が増え、
特に「江戸川乱歩の美女シリーズ」における明智小五郎が
当たり役となったのはご存知の通り。かくしてハードボイルド
作品における代表的な役者の一人として認知されるに至った。
そして彼は歌手としても沢山の作品を遺している。出演作の
主題歌などを手掛ける場合が多かったのだが、そんな天知茂の
楽曲が全17曲収録されたベスト盤がユニバーサルより登場。
価格は何と999円。手を伸ばしやすい価格で、昭和の大俳優の
楽曲を網羅することが出来るという、実に嬉しいアイテムである。
その中からまずは「廃墟の唇」。NET放映の同名テレビドラマの
主題歌で1964年リリースのデビュー曲。続いては最大のヒット曲
「昭和ブルース」。NET「非情のライセンス」主題歌。1973年発売。
この曲はザ・ブルーベル・シンガーズが1971年に発表したものが
オリジナルであり、天知盤はこれをカバーして大成功を収めた。

てなもんやサウンド笠 2013年11月9日放送分

20131109masai.jpg

『Things Of Beauty』/Loituma
(NorthSide NSD6010 [輸入盤])

オンエア曲:
「Eriskummainen Kantele (素晴らしきカンテレ)」
「Ievan Polkka (イエヴァン・ポルッカ)」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
ロイツマは北欧フィンランドの伝統音楽系フォークグループ。
シベリウス音楽院の学生、女性3人、男性1人により結成された。
ツィターに似たフィンランドの民族楽器「カンテレ」をフィーチャーし、
メンバー全員がこの楽器を演奏する。インストゥルメンタルのほか、
4人によるコーラスワークを聞かせる楽曲など幅広い表現法を持つ。
彼らの作品は、フィンランドに伝わる叙事詩「カレワラ」、ならびに
「カンテレタル」からの題材を元にしたものが多く、伝統文化に
根ざしたオリジナル曲とトラッドとを織り交ぜたレパートリーだ。
自らのルーツを今まさに表現し続け、更に伝えていこうという姿勢が
実に面白く、ワールドミュージックとしても興味深く聴くことができる。
そんなロイツマの作品から、1995年のデビューアルバムをご紹介。
まずは、「エリスクンマイネン・カンテレ(素晴らしきカンテレ)」。
カンテレの合奏とボーカルという構成で、透明感のある楽曲である。
続いてはアカペラで聴かせるトラディショナル「イエヴァン・ポルッカ」。
4人のハーモニーが複雑に絡み合う、変化に富んだアレンジが秀逸だ。

てなもんやサウンド笠 2013年11月2日放送分

20131102masai.jpg

『美空ひばり&川田晴久 in アメリカ 1950』
(コロムビア COCP-38151)

オンエア曲:
「三味線ブギウギ」/美空ひばり
「漫談」/川田晴久

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
伝説として資料の中でのみ語られてきた、美空ひばりと川田晴久
による1950(昭和25)年のハワイ及びアメリカ本土への巡業の旅。
この時の、カリフォルニア州サクラメントにおけるステージを収めた
ライブ音源がこのたび偶然に発見され、それがCD化となった。
その経緯は、まさに奇跡と言うほかない。カナダ在住の録音機材
コレクターが、ワイヤーレコーダー(鋼鉄のワイヤーに磁気で録音
する装置)用のワイヤーのリールを12本、ネットオークションで
たまたま落札したのが事の始まりだ。そこには日本語とおぼしき
歌声が収録されていたが、言葉が分からない中でそのコレクターは
ネット上の情報を頼りに、声の主が美空ひばりであるということを
突き止め、研究者に確認を依頼したことで世に出た貴重な録音だ。
誰が何のためにこのステージをワイヤーレコーダーに収めたのか
全く分かっていない。しかし録音の状態は驚くほど良好である。
この時美空ひばりはデビュー1年後の13歳。川田晴久は、戦前に
川田義雄の名で「あきれたぼういず」「ミルクブラザース」を結成し
人気を博したボードビリアン。「地球の上に朝が来る」でお馴染みだ。
今日はそのCDの中から、まず「三味線ブギウギ」。この曲は1949
(昭和24)年に芸者歌手・市丸が歌った服部良一作品。観客の日系
一世・二世へのサービスとして日本のヒット曲を披露したと思われる。
続いては何と川田晴久による貴重な漫談が収録されているので、
とても全尺は紹介し切れないがこれを時間の許す限りお送りした。

てなもんやサウンド笠 2013年10月26日放送分

20131026masai.jpg

『Samba Esquema Novo(サンバ・エスケーマ・ノーヴォ)』
/Jorge Ben (ジョルジ・ベン)
(ユニバーサル PHCY-3001)

オンエア曲:
「Mas Que Nada」
「Por Causa De Voce, Menina」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
ジョルジ・ベンはブラジル・リオデジャネイロ出身のギタリストであり
シンガー。現在はジョルジ・ベンジョールの名で活動中である。
サンバにロック・ソウルの要素を取り入れた「サンバ・ロック」という
新しいスタイルを確立したことで有名。ブラジルで彼を知らぬ人は
いないとまで言われる、カリスマ的存在の大物ミュージシャンだ。
また彼は、セルジオ・メンデス&ブラジル66で大ヒットを記録した
「マシュ・ケ・ナダ」の作者としても知られている。そしてもちろん
ジョルジ・ベンのバージョンこそがこの曲のオリジナルなのだが、
1963年に彼はまさにこの「マシュ・ケ・ナダ」のシングルでデビュー。
同年、1stアルバム「サンバ・エスケーマ・ノーヴォ」(直訳すると、
「サンバ新体制」)をリリースし、「マシュ・ケ・ナダ」も収録された。
今日はCD化されたこのアルバムの中から、まずは外せない
「マシュ・ケ・ナダ」のオリジナルバージョンを。続いてはアルバムの
最後を飾る「ポル・カウザ・ジ・ヴォセ・メニーナ」。実はこの曲の
アレンジがセルジオ・メンデス版「マシュ・ケ・ナダ」に引用されて
いることに、聴けばすぐ気付くことが出来る。捨て曲無しの名盤だ。

てなもんやサウンド笠 2013年10月19日放送分

20131019masai.jpg

『素晴らしいフォークの世界』/佐良直美
(ビクター VICL-41198)

オンエア曲:
「あの素晴らしい愛をもう一度」
「誰もいない海」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
往年のミュージシャンの音源に関し、多くの場合はベスト盤や
シングルコレクションなどといった編集盤を購入することによって
代表曲やヒット曲を網羅できることはとても便利で有難いことだ。
しかしそれだけでは知ることの叶わない醍醐味が、オリジナル
アルバムには存在する。特にかつての邦楽ポップスにおける
アルバムには、当時のヒット曲のカバーなどが収録されることが
通例であったものだが、こういうカバーものにこそアーティストの
音楽センスが如実に現れる場合が多く、今となっては聴き所だ。
ただしこれらカバー作品はベストなどに収録されないのが常で、
そうなると大抵は当時のアナログ盤で聴くしかないものである。
そこで今回は、CD復刻されたオリジナルアルバムということで、
佐良直美が1971年にリリースした「素晴らしいフォークの世界」を
お持ちした。このアルバムもまた、自身のオリジナル曲と、当時の
ヒット曲のカバーで構成されており、全12曲収録。実力派シンガー
として知られる彼女だけに、そのカバー曲における歌唱力と表現力を
存分に堪能できる一枚となっており、聴き応えは十分である。

てなもんやサウンド笠 2013年9月14日放送分

20130914masai.jpg

『ふるさと名曲オカリナコンサート』/俊郎
(自主制作盤)

オンエア曲:
「ふるさと」
「水の流れに」

※解説
まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。
地元熊本で活動しているミュージシャンの音源をご紹介。
俊郎(としろう)氏は球磨郡錦町在住のオカリナ奏者。
中学生の頃にオカリナと出会い、独学で演奏をマスター。
40歳でプロとなり、カバーやオリジナルを交えてライブを
行っている。演奏に用いる楽器は自ら製作したものだ。
人吉・球磨地域を中心に精力的にコンサートを開催し、また
各イベントにゲスト出演し演奏を行っているので、この地域に
お住まいの方は演奏を直接耳にしたことがあるかも知れない。
またオカリナ教室を開講し、その魅力を人々に伝えている。
何枚ものCDが自主制作盤という形で発表されているが、今回
ご紹介した音源はあさぎり町須恵文化ホールにて行われた
コンサートの実況録音盤だ。会場の空気感までそのまま丸ごと
閉じ込めたような、爽やかさとあたたかさを感じる一枚である。