11/22 慶誠卓球の強さの理由は

今年の県高校総体、そして新人大会ともに
慶誠高校の卓球部が男女ともに優勝しました。
いわゆるアベックVですね。
特に総体に関して言うと
男子が4連覇。女子は2年ぶりとのことですが
昨年44で途切れた連覇記録を
再びスタートさせるものだったのです。

熊本県内の高校卓球界は
慶誠と開新の2強が中心だそうです。
なぜ慶誠は強いのか?
今回色々突っ込んだ質問をしてみました。

すると・・・

キーワードは「分厚い」
いくつかある理由のそれぞれが
この言葉に集約されるんです。
一体どういう事なのか?
22日の放送でぜひチェックしてください!

ちなみに今回インタビューに答えてくれたのは
取材した10月現在で就任2か月の男女キャプテン。
こういった取材に慣れていないとの事で
かなり緊張していましたが
答えを振り絞って頑張ってくれました。

次は来月20日から宮崎で行われる九州新人戦へ。
全国トップクラスの高校もある中、
慶誠卓球部がどこまで食い込めるか
楽しみでなりません!!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

11/15 音色が彩る全国の景色を。

悠木はるかです!

本当にこの時期は寒くて参りますね。
阿蘇はなんだか風が冷たいんでしょうか。
やっぱり市内より寒いので、
夜は厚手のスタジャンを着て
外出する毎日を過ごしています。

ちなみに我が家は寒がりの人間が多いので
とっくに炬燵と石油ストーブも用意してあるんですよ。
冬支度はバッチリです。

さて今回ですが、玉名女子高校にお邪魔してきました!
皆さん玉女ですよ、玉女。
何の部活をイメージしますか?

玉女といえば・・・

そう!
吹奏楽部です!!!

ということで今回は玉名女子高校、
吹奏楽部の部長さんたちにお話を聞いてきました!

ここで皆さん、なにか違和感を覚えませんか?
玉名女子高校の吹奏楽部、
部長さん“たち”なんですよ。

彼女たち3人は同じく部長という役職でありながら
それぞれに役割が分担されており、
副部長も含めた運営部6人で
部活をまとめあげているのだそう。

というのも玉名女子高校の「強さ」に惹かれて
新たな部員が続々と増え続け、
今では百数十人の大所帯になっているためだとか。

なんというか、規模が違いますね・・・。

校内でも歩けばほとんど
吹奏楽部員だと言っていましたが、
そりゃあそうでしょう!と言いたくなりますよね。

今回はそんな吹奏楽部の皆さんが
どうやって音楽を作りあげているのか、
玉名女子高校の強さの秘訣とは一体何なのか。

そういったところに着目してお聞き下さい!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

11/08 熊本初の「eスポーツ部」始動!

9月20日の当番組では
茨城国体の文化プログラムとして採用された
eスポーツの大会に出場を果たした高校生を紹介しました。
http://blog.rkk.jp/hero/2019/09/17/09-20/
個人のつながりで学校を跨いだ3人チーム。
その後上位進出とはいかなかったものの、
全国の舞台でしっかりはばたいてきたのです。

それから1か月ほど・・・

熊本のeスポーツ界に大きな動きがありました!
県のeスポーツ協会が設立!
さらに、時を同じくして
熊本市立千原台高校に県内初のeスポーツ部が!!

ニュースで目にしたという方も多いことと思います。
実際、今回の取材中も
「K●●(他局)から取材依頼が入りました~」と
顧問の先生の連絡が入るほど。

そんな注目が集まるeスポーツ部。
その成り立ちや、現状、さらに今後について
色々お話聞いてきました。
その部長のキャラクターが
なんとも好感が持てるんですよ。。。

もしかすると来年度
この部を目当てに千原台へ・・・という子も
出てくるのでしょうか?
8日23時からの放送をお楽しみに!!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

11/01 ダンス部の頂上決戦に挑む!

今から5年前。
鎮西高校にダンスコースが開設され
当番組でも取材に伺いました。
(現在はコース制⇒選択科目制となっています)
出来立てピカピカのダンススタジオ(練習場)
”ここから新たなものが生まれる!”
そのワクワク感が溢れておりました。

そして今回。
久々に行って参りました。

たくさんの生徒さんが練習を重ねてきたフロアは、
青春の爪痕がそこかしこに!
そして、早くもこの5年の成果が!
壁の一面にずら~っと並んだ賞状!!
嬉しい変化でした。

年に3回開かれている「日本高校ダンス部選手権」も
常連であるばかりか、上位の常連!
そんな鎮西ダンス部は放送日の3日後、
11/4に行われる
「第1回日本高校ダンス部選手権公式選抜大会 グランプリ決定戦」
に出場するんです!!
この大会は過去の「ダンス部選手権」での成績を加味し
全国わずか30校のみが出られるという
グランドチャンピオンを選ぶ大会なのです。

11/1の「HEROES!!」では
ダンス部より2人にインタビュー。
ダンスとの出会いから
4日のグランプリ決定戦への意気込みも
コーチを交えて聞いております。

皆さんの健闘と吉報を期待しております!

みんなメチャメチャいい笑顔してます☆彡
※顧問の小嶋先生にご提供いただきました


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

10/25 才能の花、全国で咲き誇れ

悠木はるかです。
さて今回は熊本高校・華道部の皆さんに
お話を聞いてきました!

先月「花の甲子園」という
華道の大会が開かれたのですが、
なんと熊高の華道部、今回を含め
今までの出場回数5回のうち3度全国大会まで勝ち上がり、
大会では史上初の全国大会2連覇を成績を収めた強豪校なんです!

しかし去年は惜しくも地区大会で敗退、
今年こそ雪辱を晴らすことが出来るか・・・!

という緊張感の中で、今年は見事地区大会を突破!

11月に全国大会を控え、再び我が校に優勝旗を!
と、燃えているところにお邪魔してきました。

優美でたおやか、絵に描いたような大和なでしこながら
時折のぞく勝ち気で芯の強い意志に「和の心」、
それから彼女たちが青春を賭ける“情熱の花”が
見えるようですp(^^)q

さあ、今年京都で行われる大会、
テーマは「私たちの故郷」。

彼女たちが普段お花とどう向き合って練習に励んでいるのか、
今回もお聴き逃しなく!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

10/18 三矢の教え、ならぬ・・・

悠木はるかです。

さて、今回は「一ツ葉高校」の生徒さんに
お話を聞いてきました!
先生にも「ぜひ!」とアツく任されましたので、
まずはこちらの高校についてご紹介しますね(´ー`)♪

一ツ葉高校は水道町にキャンパスをかまえた
通信制の高校です。
「自分の時間を確保しながら資格取得・高校卒業を
目指せるので、好きなことをしながら自分のペースで
学校生活をすごせるのが最大の魅力!」
とのことでした。

ちなみにこの魅力、
アツくアツく語って下さった先生は
写真一番左に写っております。

もしやというかやはりというか、熱血漢・・・!?!(笑)

といったところで、もう一度上の写真をよーーくご覧下さい!

先生の眩しい笑顔もさることながら、
真ん中でものすごい存在感を放つ
このタワーは一体・・・!?

こちらは今回の本題でご紹介する
「つまようじタワー」です!
毎年崇城大学さんが開催している
「つまようじタワー耐震コンテスト」という大会で、
数々の強豪校のつまようじタワーたちをおさえて
今回の優勝をかっさらったすごいタワーです。

ちなみにこのすごいタワーを
製作したすごい人たちは右のお二人です。

このタワー、柱の一本一本が
つまようじで作られていることにも驚きますが
なんと7キロの重りにも耐えられるほどの
強度を誇るんだそうで・・・

私なんて我が家の猫(およそ3キロ)を
だっこするだけでも腕が痺れて耐えられないのに・・・。

脱線しました。

この「つまようじタワー耐震コンテスト」は
「制作したつまようじタワーが
どのくらいの重さ・震度に耐えられるか」を競う
シンプルな内容。

しかし作業が
ミリ単位の緻密さになるからでしょうか、
タワーが崩れる瞬間など
大会中は阿鼻叫喚の大盛り上がりを見せます。

(大会中の詳しい様子が気になる方は、
「つまようじタワー」で検索!実際の映像が見られますよ。)

ということで、今回は
つまようじタワー完成に至るまでのお話、
それから先生が中高生に届けたい
アツい思いを聞いてきました。

今夜もどうぞ、ごゆっくりお付き合いください。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

10/11 1年ちょいでインハイ覇者に?

7月末に行われたインターハイ。
女子・自転車競技を制したのは
熊本の高校生だという事、ご存知でしたでしょうか?

今回インタビューしたのは
熊本市立千原台高校の3年生
田中夢菜(ゆうな)さん。
眼がぱっちりとした
アイドル顔負けの可愛らしい選手です。

インハイの女王とくれば、
「自転車競技は小さいころからやっていて~」
なんてトークになるかと思いきや!
何と、この競技を始めたのは昨年とのこと。
それまで頑張っていたハンドボール部を
肩を故障したことをきっかけに休部することとなり、
その際声をかけてくれたのが、自転車部の監督だったそうなのです。

わずか1年と少しで自転車の頂点に輝いた夢菜さん。
その過程はもちろんのこと、
7月のインターハイ
8月のジュニア世界選手権
10月の茨城国体
それぞれの大会を振り返ってもらったのですが
いずれも(優勝したインハイも含め)
一言めから反省を語るんです。

実はハンドボールの経験も生きていて
もともと体力には自信のある夢菜さんですが、
それ以上に感じた飽くなき向上心。
この子、まだまだ伸びます!!!

そして、インタビュー中
即座に答えを返し続けてくれました。
自転車のタイムだけでなく、
頭の回転もかなり速いな、と思いました。
この子、まだまだ伸びます!!!

11日の「HEROES!!」
きっと5年後のパリ五輪に向けて
お宝音源になると思います!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

10/04 インハイ二連覇!更なる高みを

悠木はるかです!
大きい台風が続きましたね・・・
最近になって
ようやく少し落ち着いてきたでしょうか。
大きな被害に遭われた方がいらっしゃらないこと、
心から願っております。

さあ、本日インタビューでお話を伺ったのは
九州学院男子剣道部の皆さん!

皆さんキリッと
凛々しい面立ちをしていらっしゃいます。

さて、高校剣道といえば九州学院。
誰もが知る強豪中の強豪校です。
数々の大会で上位に名を連ねてきた九州学院ですが、
今年もインターハイ男子団体の部で見事優勝し、
インターハイ二連覇の快挙を成し遂げました!

今回は今年のインターハイの話を中心に、
強豪校でレギュラーとして
活躍しちゃうようなメンバーって
どんな子たちなの・・・!?

なんていうところを
皆さんにお伝えできたらいいなと思います。
お楽しみに!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

09/27 山奥の小規模校、強さのワケは

8月に行われた「全中」全国中学校体育大会。
高校生におけるインターハイにあたる大会です。
全国の地区大会を突破した学校が
今年は近畿地方で競ったわけですが・・・
今回ご紹介する
上益城郡山都町の蘇陽中学校・陸上部は
多くの選手がこの舞台に駒を進め、躍動したのです!

男子の走り高跳び・走り幅跳び・100m・リレー
さらには女子の砲丸投げ

都心の私立の強豪校ではありません。
郡部で山奥の生徒数も少ない学校・・・
それでも5種目で全国進出を果たした
その強さの秘訣とは一体?

今回のインタビューでは
6人の部員たちを直撃!
何とそのうち3人が兄弟!
その3人のうち2人が双子!
これも秘訣ではありますが
これだけではなかったんです!!

全国大会では上位進出とまではいかなかったものの
彼らの経験が次の世代にも
確実につながっていくことでしょう。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

09/20 eスポーツで国体出場!

近年よく耳にするようになってきた「eスポーツ」。
昭和世代にはファミコンに代表される
テレビゲームの方が馴染みがあるわけですが
これもスポーツになるとは・・・

去る6月16日
COCOSA前の下通アーケードのど真ん中にて
eスポーツの大会が行われました。
ここで優勝すると、なんと
国体に出られる!

「テレビゲームで国体に?」

昭和世代には信じられない事なのですが
世界的に盛り上がりを見せてきたeスポーツは
今後オリンピック競技になるのでは?
との観測も出ているほどなんです。
10月に行われる「いきいき茨城ゆめ国体」では
eスポーツが文化プログラムとして初開催!

前置きがだいぶ長くなりましたが
そんな茨城国体への切符を掴んだ高校生が
今回の主役なのです。

中山温(おん)くんは
済々黌高校の2年生。
サッカーゲーム「ウイニングイレブン」の
県代表決定戦で優勝したチームの一員です。
ちなみに、このユニフォームは
県代表のみが着られるもので
スポンサーのロゴもいっぱい入っています。

eスポーツ歴は中学生の頃からで
意外にも短く、3年くらいとの事。
チームを組んだ第一高校に通う友人に誘われ
「序盤にシメオネ」というチームを組み
大会に出場したのです。

20日の「HEROES!!」では
チーム名の由来や国体への意気込みなど
インタビューしたのはもちろん、
練習にまつわる今ならではの話もご紹介します。
これを聞けば
特に昭和世代の皆さんの
「eスポーツ」への見方が変わると思います!
お楽しみに!!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。