タグ別アーカイブ: ライフ

11/16 苦難を乗り越えた!25歳の高校生

今夜の「HEROES!!」では、
番組初!定時制高校の生徒さんへの
インタビューをお送りします。

八代工業高校定時制総合学科4年生の
作馬健太さん。
熊本県高等学校定時制通信制の文化大会
「生活体験発表の部」で最優秀賞を受賞し、
11月24日に東京・六本木で開催される全国大会に出場します。

作馬さんがなぜ定時制高校に通っているのか、
生活体験発表でどんな事を伝えてきたのかを伺っています。
深夜のアルバイトに励みながら、
勉強に、部活動のバドミントンに打ち込む
作馬さんのがんばりを支えているものとは?

ぜひ、お聴きのがしなく\(^-^)/


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

11/09 千原台×MICAさん→復興ソング製作

今夜の「HEROES」では、
熊本地震からの復興応援ソングを作った
千原台高校の情報科経営情報コース
3年生の14人の生徒さんにスポットを当てます。

商品開発・作品制作の
課題研究授業を選択している14人の生徒さん。

『#生きる』と題した曲は、
地震を経験してみんなが気づいた、
「何気ない日常がとても尊いんだ」
という思いが歌われています。
作曲は、担当の川口先生の教え子だという、
シンガーソングライターMICAさん。

「あたりまえ」という
繰り返しのフレーズがとても印象的なこの曲。
番組内では、みなさんの歌声もお届けします。

『#生きる』は、MICAさんのYouTubeページ
(千原台高校のホームページにリンクがあります)で
聴くことが出来ます。
http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/school/h/chiharadai/


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

11/02 「がんばる高校生」泉分校代表は


今回の「HEROES!!」は
県内の高校各校から1名ずつ選ばれる
『熊本県がんばる高校生』受賞者の中から
八代農業高校泉分校3年生の坂本さんをご紹介します。

グリーンライフ科で学ぶ坂本さんが
高校に入って出会った弁論をはじめ、
写真部、農業クラブでの活動が評価されての受賞だったそうです。

番組ではそのなかでも、
『弁論』を中心にインタビューしてきました。

ぜひオンエアをチェックしてくださいね。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

10/05 金曜23時初回は「つまようじ」?


今夜の「HEROES!!」は9月22日に崇城大学で行われた
つまようじタワー耐震コンテストに出場した
球磨工業高校建築科1年生の二人をご紹介します。

つまようじを木工ボンドでくっつけてタワーにし、
おもりを増やしながら耐震強度を競うこの大会。

昨年、建築専門部門で優勝した、球磨工業高校。
先輩に続こうとがんばっている
今年のメンバー2人にインタビューをしました!

大会の結果は・・・
予選を突破し、決勝では第4位。入賞まであと一歩でした。

でも、もう来年のリベンジを誓っている彼女たち☆

これからがまた楽しみです\(^o^)/


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

09/29 県内女子初!旋盤の全国大会へ

「スイーツ男子」「刀剣女子」といった具合に
近年、〇〇男子・〇〇女子という言葉が飛び交っていますが
今回ご紹介する生徒はそう言った言い方で表すと

「旋盤女子」

ということになるんです。
(・・・ま、先月、熊日さんがそう書いていたのですが)

八代工業高校3年生の今村華蓮(いまむら・かれん)さんは
先月に行われた「高校生ものづくりコンテスト」旋盤部門で
熊本県大会・九州大会ともに優勝!
11月に名古屋で行われる全国大会に駒を進めました。

熊日の記事によると、
県勢の全国大会進出は3人目で、女子生徒としては初。
・・・ということもあり、記事は大きく掲載。
当番組のみならず、
取材日の翌日に他局のテレビ取材も入るほど
注目が集まっているそうなのです。

八代工業高校の校舎。垂れ幕も、どセンター!

大会では
・細身で背の高い缶ジュースほどの大きさ
・同じ太さで背の低い缶コーヒーほどの大きさ
この2点の鉄素材から
かなり細かく寸法が指定された部品3点を
大会側が指定した旋盤の機械を用いて作るのですが
その制限時間は、わずか2時間半!!!

なかなか時間内に完成させるのが大変なんだそうです。

後列にある素材2点から、手前の3点を作るそう。

29日の「HEROES!!」では
彼女のものづくりの原点から、全国大会への意気込み。
そして、キュートなルックスの彼女が
まさかの㊙彼氏の存在を告白!?

旋盤女子のハートを射止めたのは一体・・・?

そして、番組から重大なお知らせも・・・!
29日土曜22:00からの放送をお聞き逃しなく!!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

08/18 #不登校は不幸じゃない

今回の「HEROES!!」は
放送翌日の19日に行われるイベントで
中心的な役割を担う
成毛侑瑠樺(なるげ・うるか)さんにインタビュー。

笑顔がとても柔和で素敵な女の子です。

例年、夏休みが明ける9月1日は
若者の自殺者が多いとされています。
それを「0」にしたいという思いから
全国各地100か所での同時開催を目指し、
今年初めて行われるイベント、それが

「#不登校は不幸じゃない」

と題した今回のイベント。
発起人は約10年に渡り、不登校を経験。
定時制高校に入学し、3年生の時に起業。
地方創生の新たな仕組みを構築している小幡和輝さん。
うるかさんは、そんな彼の呼びかけに呼応し、
熊本での主催者として名乗りを上げたという訳です。

実際に、全国100か所で開かれることとなったこのイベント。
うるかさんが担当する熊本会場では
・不登校経験者の体験談
・保護者向け座談会・・・のみならず
プログラミングやイラストの体験講座などを行ううえに
出入りは自由、
会場が合志市のマンガミュージアムということもあり
疲れたらマンガを読みゆっくりすることを薦めるなど、
型にはめない、ゆるいイベントにしたいと語ります。

これは、うるかさん自身の
不登校の体験に通ずるものがあります。
自らを”我が強い”と評するうるかさんは
集団生活が苦手だったそう。
学校では、いやがうえにも求められる集団生活などに馴染めず、
小学3年生の時から不登校に。
その頃、自分で自分の存在を認められなかったといいます。
中学に入ると別室登校をしていたそう。
そこでのある先生との出会いが、
彼女を変え、自分を認めるきっかけとなり、
今後に向けた志に結びついているそうなのです。

その具体的な内容については、18日22時からの番組で。

「#不登校は不幸じゃない in くまもと」は
放送翌日の8月19日13時~
合志市の合志マンガミュージアムで開催。
詳しくはこちらのサイトで。
https://futoukoukumamoto.wixsite.com/home

9月3日月曜日の朝
夏休み明けの登校がもの凄く憂鬱な、あなた。
「登校」の1択しか無いということはありません。
「さもなくば命を絶つ」という2択ではもちろんありません。
「不登校」という3択目もあるし、
それは決して後ろ向きなことばかりでもありません。

積極的に不登校を薦めるものではなく、
あくまで「選択肢のひとつ」を提示するこの取り組み。
今回の放送、そして翌日のイベントで
それを少しでも分かってもらえたら、と思います。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

06/30 小川工…読書の取り組みで表彰!

今夜の「HEROES!!」は、
小川工業高校の図書委員をご紹介します。

各クラス1名ずつ全校で15名。
実は年に3回、近くの小学校に
絵本の読み聞かせの活動を行っています。

はじめは読み聞かせに戸惑っていたそうですが、、、
とてもいきいきとインタビューに答えてくれる彼ら。
今では、小学生との本の交流ととても楽しんでいるようです。

小川工業高校は、
全校で取り組む朝読書、図書委員の読み聞かせ活動、
そして図書貸し出し数の増加が評価され、
今年度の文部科学大臣表彰を受けているそうです。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。