月別アーカイブ: 2013年8月

説明書はよく読みましょう

今日はやさいの日。

番組には何の関係もございません。

洋平です。

 

さて、今日は夏休みに子供たちがたくさん訪れた

『雲仙岳災害記念館(がまだせドーム)』のお話をお聞きしました。

 

1990年の普賢岳の平成噴火は私も憶えています。

火砕流の映像がとても怖かったです。

 

その記憶を風化させないためにも、

そして島原半島の自然をより深く理解してもらうためにも、

がまだせドームでの体験はとても有意義なものになりそう!

 

さて、噴火体験ではありませんが、

今日はときめきのコンシェルジュ・リカコさんが

「普賢岳噴火まんじゅう」を持ってきてくれました。

 

ヒモを引っ張ると蒸気が出てきて、

熱々のおまんじゅうがいただける!というアレですね。

 

で、リカコさんの後輩:島原半島観光連盟の吉岡さんが

作ることになったのですが・・・おそるおそるヒモを引くと・・・

 

yoshioka1.jpg

ええええーーーーーいっっっっっ!!

yoshioka2.jpg

見る見るうちに蒸気が上がってきて、

フタの持ちあがり方がハンパではありません!

「大丈夫!?大丈夫!?」と、よーく説明書きを見ると・・・

 

『必ず内袋を開けて、ヒモを引いてください。』

 

・・・吉岡さん、内袋開けてないよね(;一_一)

なんか内袋パンパンでこれを開けるの怖いんですけど(;一_一)

 

食べてみるとまんじゅうの表面が若干べっちょり。

密閉されたままで内部の蒸気がうまく逃げなかったせいですね(;一_一)

 

でももう一個持って来てもらっていたので、

こっちはちゃんと出来上がりました。

 

manjyu.jpg

右は『がまだすドーム』の田浦さん、左の手はリカコさんです。

(またリカコさん、手だけ!?)

 

がまだすドーム!

がまだすドームについて
●出   演 雲仙岳災害記念 田浦玄之さん
 お問合せ  雲仙岳災害記念館 がまだすドーム
       
 電話0957-65-5555

<がまだすドームって?>
 全国初の火山体験学習施設!
 1990年11月に始まった平成噴火。
 1996年の噴火終息宣言まで、この地で何が起き、何が残ったか。
 自然の驚異と災害の教訓を風化させることなく正確に後世へ残します。

<どんな展示内容?>
 大迫力のドーム型スクリーンで火砕流・土石流を擬似体験できる
 「平成大噴火シアター」をはじめ、火山や防災について11のゾーンに分けて
  展示をしています。
 見て触れてリアルに体感しながら、わかりやすく学習できる日本で唯一の
 「火山体験ミュージアム」!

<開催中の企画展は?>
  ジオパーク連携企画展inがまだすドーム
  「長崎・天草恐竜ワールド」 第1期 7月27日(土)~9月11日(水)

                   第2期 9月14日(土)~10月20日(日)

   天草や長崎で見つかった恐竜化石を初めて一堂に展示。
   恐竜時代の天草・長崎地域やその後の島原半島の自然環境の変化を

   紹介し、生きている地球の素晴らしさを伝えていきます。

     詳しくは⇒恐竜展.pdf
   

180_1[1].jpg

 

     

image[8].jpg

imageCA16YI28.jpg
imageCA45U334.jpg
imageCAW93Z3B.jpg
imageCAJ03GJQ.jpg

ヒルクライムチャレンジシリーズ2013 
開催日 受付日 9月7日(土) 大会競技日9月8日(日)
会場  雲仙市 雲仙温泉
お問い合わせ 大会事務局0570-550-846

ヒルクライムチャレンジシリーズ「雲仙普賢岳大会」も
来週、9月7日(土)、8日(日)となりました。
日本初の国立公園として指定された雲仙国立公園内で開催される
自転車の大会です。
ジオパークに代表される独特な地質、地形を自転車で登って行きます!
「海・山・空」を十分に楽しめるコースです。
参加者に気分も盛り上がります!

是非、応援にお出かけになってはいかがでしょうか!
大会競技日は9月8日(日)です。

●第5回 フラっとハワイアンフェスティバル  

開催日 9月13日(金)14日(土)
会 場 小浜温泉マリンパーク広場
お問い合わせ 小浜温泉観光協会内 
       フラッとはハワイアンフェスティバルinOBAMA実行委員会
      (電話)0957-74-2672

雲仙市小浜町では、5回目となる、「フラっとハワイアンフェスティバル」を
今年も開催します~。
会場は、日本一長い足湯のすぐ近く、小浜温泉マリンパーク広場 特設ステージ
ハワイアンバンドが全九州から大集結!
小浜の海岸に沈む夕日をバッグにフラッと踊るフラガールは、
なんと50チーム!。盛り上がりますよ~

 

 

 

クイズに答えてプレゼントゲット 「岩の名前は?」

<問 題>
さて、問題です
南島原市には、アンザンガンと火山灰からなる海岸が広がっています。
その中に、波の浸食から、削られた岩が昭和30年代の首相の横顔そっくりに
似ていることからその名前がついている岩があります。
さてその岩の名前は?

1、岸信介岩 2、田中角栄 3、麻生太郎岩

リカコ ヒント!
  30年代さすがのリカコもちょっとわからないかな~!?
       面長なイメージ~。
       なんと安倍首相のお祖父さんだそうです。
   
        
   答えは、メール、ファックス、ハガキでお送り下さい。
   ハガキは〒860-8611「週末はジオたび!島原半島」の係
   メールアドレス:jio@rkk.jp ファックス096-356-1117
   締め切りは、2013年8月29日(木)必着分です。
   正解者の中から抽選で1名の方に番組から商品券1,000円分をお送りします!

頑張れヨネちゃん

女心と最近の空。振り回されますねぇ( 一一)

田中洋平です。

 

さて、今週は『島原半島のおやっさん』こと

島原半島観光連盟の森内局長がスタジオ出演!

ということは・・・はい、毎月最終日曜日のお楽しみ

『島原半島ジオ・マルシェ』の話題ですね~

 

今回は雲仙観光ホテルがテントを拡大!

 

・トリュフ薫る島原産じゃがいものヴィシソワーズ

 滋味溢れるコンソメのキューブを浮かべて

とか、

・仔羊の煮込みと十穀米のピラフ自家菜園野菜を添えて

とか、

また何だか一品一行では書ききれないくらいのメニューが加わるとのこと。

 

紹介するおやっさんも大変です(笑)

 

もちろん、他のお馴染みの出店者や新しいお仲間も気合入ってます!!

 

会場では巨大そうめん流しも行われます。

2013年の夏の思い出がひとつ増えそうですね~

 

syouhinken.JPG

先週、番組でプレゼントに出した3000円分のジオ・マルシェ商品券。

皆様、たくさんのご応募ありがとうございました。

 

写真左の島原半島観光連盟・米田さん、

「マルシェに来てくれる子供たちのためにザリガニたくさん獲ってきます!」

と言ってましたが・・・どうなったんでしょ(^_^;)

マルシェに行かれる方はヨネちゃんも探してみてください!

今度の日曜日は、「ジオ・マルシェ」!

●8月島原半島「ジオ・マルシェ」

スタジオ出演:島原半島観光連盟事務局長 森内 久登さん

開催日 8月25日(日)9:00~15:00
会 場 がまだすドーム前広場

お問合せ先 島原半島観光連盟
           電話:0957-62-0655

 <島原半島ジオ・マルシェ>
   普賢岳の恵みである肥沃な大地、みがかれた湧水、森が育てた豊かな海、― それがジオ。
   そんな“ジオ“から生まれ、作り手のこだわりを持って育てた逸品をお届けする市場です。

  ★「雲仙観光ホテル」(特大テントで新商品販売)
   ・トリュフ薫る島原産じゃがいものヴィシゾワーズ滋味溢れるコンソメのキューブを浮かべて
   ・仔羊の煮込みと十穀米のピラフ自家菜園野菜を添えて

    ★その他のイベント 

   「巨大そうめん流し」  「ザリガニ釣り大会」
 
 詳しくは⇒
jio8.pdf

 

ガマダス花火大会
開催日 2013年8月27日(火)午後8時30分から
会 場 島原港
お問合せ 電話島原温泉観光協会 電話0957-62-3986

6,000発!迫力ありますよ~
★花大会当日は、会場周辺の道路では、相当の交通混雑が予想されますので、
 交通規制等へのご協力をお願いします。
 公共の交通機関をご利用頂き、時間に余裕をもってお出かけ下さい。

★おススメの見どころスポット
   市営陸上競技場・ひょうたん池公園・復興アリーナ

 詳しくは ⇒ 
gamadasuhanabi.pdf   

清水美砂のファンでした

暑かったけど・・・短かったよね、夏。

洋平です。

 

番組でもお話したとおり、

夏らしいことを何一つしないまま夏が終わりそうですorz

 

でもまだ大丈夫!!島原半島で夏の思い出つくりましょ!!

 

ときめきのコンシェルジュ・リカコさんが教えてくれたのは

2つの花火大会情報。

 

一つは8月27日(火)20時から行われる

『島原温泉ガマダス花火大会』。

島原港を会場に、海の上に上がる6,000発の花火は

バリエーション豊かでとても楽しそうです!

 

もう一つは南島原市の砂浜・マリンパークありえで

8月24日(土)21時から上がる『ありえ浜んこら祭』の花火。

最後に上がる2尺玉は他ではなかなか見られません。

めちゃめちゃデカイ!らしいです。

 

あー!夏よ逃げないでくれ!!と思われる皆さん。

島原半島で特別な思い出、創ってみませんか(^o^)/

湖の名前は?

<問 題>
さて、問題です!
200年前の地震で島原市の眉山が崩壊したことにより、

島原市には一夜にして、湖が出来といわれています。
その湖は?

1、赤土湖(あかちこ) 2、 白土湖(しらちこ) 3、ワカチコワカチコ

<リカコ ヒント!>
    この近辺の地名などに白がつくことが多いです^^
    あと・・眉山の石は白いものが多い!?

    島原市の中心部にあります。お出かけ下さい~
        
   答えは、メール、ファックス、ハガキでお送り下さい。
   ハガキは〒860-8611「週末はジオたび!島原半島」の係
   メールアドレス:jio@rkk.jp ファックス096-356-1117
   締め切りは、2018年8月22日(木)必着分です。
   正解者の中から抽選で1名の方に番組から商品券1,000円分をお送りします

夏のイベント第2弾!! プレゼントもあるよ!!

第13回「ガマダス花火大会」
電話出演:島原温泉観光協会  福島 千枝美さん
 
開催日 8月27日(火)午後8:30~
会 場  島原港
お問合せ先 島原温泉観光協会 電話0957-62-3986

当日は道路の相当の混雑が予想されます。
交通規制もありますので、公共の交通機関を利用して
時間に余裕をもってお出かけ下さい。

詳しくは⇒gamadasuhanabi.pdf

 

 

第13回 ありえ浜んこら祭り

開催日 8月24日(土)
会場  マリンパークありえ
お問合せ ありえ浜んこら祭り実行委員会
       電話0957-82-3130

今年で13回目を迎える「ありえ浜んこら祭り」が、
8月24日(土)、マリンパークありえで開催されます。
午前9時からはじまって、午後9時からの花火までと
一日たっぷり楽しめる内容です。
お昼間は、ビーチバレー大会やビーチフラッグがもようされ、
島原手延べそうめん無料試食会や太鼓やゴスペル・ベリーダンス
古閑涼ギターライブなどステージイベントも開催されます。
そして、あたりが暗くなった夜、8時40分から、
南島原精霊燈・精霊流しが始まります。
暗闇の中に提灯の灯りがともされ、神秘的で幻想的な雰囲気が
あたりを包み込みます。
そして、花火でフィナーレ、他では、めったにみられない、
直径500メートルの2尺玉花火は圧巻です。

詳しくは⇒
hamankora.pdf 

 

今週はプレゼントも! 

   島原半島 ジオ・マルシェ 8月開催


開催日 8月25日(日)
会場 がまだすドーム前広場
お問合せ 島原半島観光連盟 電話0957-62-0655

さて、「島原半島 ジオ・マルシェ」!
毎月最終日曜日開催で、今月は、8月25日(日)開催です!
会場は、おなじみの「がまだすドーム前広場」!
島原半島が誇るこだわりの農産物や加工品などが一堂にそろいます!
島原湧水ジュレも販売されますし、
雲仙観光ホテルもさらにパワーアップして登場します!
もちろんお楽しみイベントも開催します!
今月は25日(日)午前9時から、がまだすドーム前広場で開催です。

今週は、島原半島ジオマルシェから、
ラジオをお聞きの皆様へプレゼント!
ジオ・マルシェでも販売される「北田物産の湧水ジュレ(3個入り)」に、
島原半島ジオ・マルシェの会場で利用できる
3,000円分のジオマルシェ商品券をセットにして抽選で5人の方に
プレゼント致します。

ご希望の方は、
郵便番号860-8611 RKK 「島原半島ジオ・マルシェプレゼント」係
FAX096-356-1117 メールアドレスjio@rkk.jp
締め切りは、8月20日(火)必着分までとなります。
奮ってご応募下さい!

「島原半島ジオ・マルシェ」ついては⇒jiomarushe.pdf

                      プレゼント (湧水ジュレ)

jure.jpg

 

 

 

さださんのあの曲のイメージは?!

洋平です。

 

心配になるほど暇だった7月が嘘のように忙しい今月。

お盆もありがたいことにお仕事です。

皆さんのお盆の予定はいかがですか?

 

今週は島原半島の、とりわけ島原市のお盆について

ときめきのコンシェルジュ・リカコさんに教えてもらいました。

 

島原市のお盆は、とにかく賑やかなのだそうで。

 

初盆を迎えた家庭が親戚一同で10mにもなる精霊船を造り、

その船に300年以上続く『切子灯篭』が飾り付けられます。

そして「ナマイドー(南無阿弥陀仏)」の大きな掛け声の中、

近所の若い男衆が1kmから2kmの道のりを担いでいくとのこと。

 

担ぎ手も見守る群衆も、多少のお酒が入りそれは賑やかなのだそう。

 

悲しみを抱えながらも、故人を明るく送ろう!

そんな島原人の温かい気持ちがこもった伝統なのでしょう。

 

こんなお盆なら、里帰りも尚一層楽しみでしょうね~

どんな様子か一度見てみたいものです。

 

P1100463.JPG

こちらが『切子灯篭』。

初盆の家に贈られ、精霊船に飾られたり、

座敷いっぱいに天井からつりさげられるそうです。

どこか涼しげで美しいですね~

 

あ、またリカコさん、手だけのご出演です(笑)

ウンゼン 何?

<問 題>
さて、問題です!
昆虫には雲仙の名のつくものがいます。
つぎのうちどれでしょう?

1、ウンゼン カゼモドキ 2、ウンゼン ウミモドキ 3、ウンゼン ササキリモドキ

<リカコ ヒント!>
  キリギリスの仲間です~。
  雲仙で最初に発見されたから、
  ウンゼンってついたようですね~
  からだのかたちがの葉に似てるかな~

        
   答えは、メール、ファックス、ハガキでお送り下さい。
   ハガキは〒860-8611「週末はジオたび!島原半島」の係
   メールアドレス:jio@rkk.jp ファックス096-356-1117
   締め切りは、2013年8月15日来週日(木)必着分です。
   正解者の中から抽選で1名の方に番組から商品券1,000円分を
   お送りします!