3/18(土)放送:第1回 熟いも、人気です!

熊本菓房と大津町の若手芋農家グループ「二代目イモセガレブラザーズ」、そしてRKK「週刊山崎くん」のコラボ企画で誕生した新商品“熟いもいきなりさんど”。2016年春、プロジェクトが立ち上がった直後に熊本地震が発生。それでも、熊本の復興を応援する新しいみやげ菓子をつくりたいと開発企画が再始動しました! それから開発に半年以上の歳月をかけ、昨年11月にようやく完成。大きな注目を集めています。この番組では、“熟いもいきなりさんど”の魅力をたっぷりお伝えしていきます♪

第1回 熟いも、人気です!

イモセガレの「熟いも」と熊本菓房の菓子作りの技を合わせて、
熊本のまちおこしになるような新しいお菓子を作りたい——
そんな両者の想いがキッカケとなり、コラボ企画が立ち上がりました。
第1回目は、大の“熟いも”ファンというお2人のアツいトークをお届けします。

木村アナ:この番組は、熊本菓房のイチオシ商品
“熟いもいきなりさんど”の魅力を徹底的に紹介していく番組です!

丸井純子ポーター:そ、そんなに紹介することあります?(笑)

木村アナ:あるんです!(笑)。一昨年、「週刊山崎くん」が大津町の
カライモ農家集団「二代目イモセガレブラザーズ」を取材。そして昨春、
熊本菓房が「イモセガレ」とのコラボ企画を立ち上げました。それぞれ
の出逢いが重なり合ってできた貴重なお菓子なんですよ。この小さなお
菓子に、開発にかかわった人々のアイデアがぎゅっと詰まったお菓子。
しかも売れてますっ!

丸井純子リポーター:そう。企画立ち上げ直後に地震があって、実現は難しいかと思いましたが、「こういう時だからやりたい」とすぐ再始動したんですよね。無事に完成してからは、とにかくすごい人気で。イベントなんかでも売り切れ続出でしたね。(食べたあとに)…あ〜、やっぱり美味しいっ♪ このモチモチ生地にして正解でしたよね!

木村アナ:そうそう、この生地のアイデアは丸ちゃんが提案したんだよね。
一緒に企画に参加したかめきちのアイデアは何ひとつ採用されてなくない?(笑)

丸井純子リポーター:生地もあんも、私の案を採用していただけましたしね。かめきちさん、場賑わしでしたよね!(笑)

一同爆笑

木村アナ:この美味しいお菓子を食べるとそれを思い出すな(笑)。
来月からはもっとくわしい魅力に迫っていきます!

 


収録は大盛り上がり! ナビゲーターの木村アナ&丸井純子リポーター


熟いもいきなりさんど 4個入り864円、8個入り1,728円


「このしっとり感覚ははじめて♡」と満足の木村アナ


「モチモチ生地がたまらない♪」と丸井リポーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です