月別アーカイブ: 2017年5月

5/20(土)放送:第3回 “熟いも”の新商品、誕生!?

熊本菓房と大津町の若手芋農家グループ「二代目イモセガレブラザーズ」、そしてRKK「週刊山崎くん」のコラボ企画で誕生した新商品“熟いもいきなりさんど”。2016年春、プロジェクトが立ち上がった直後に熊本地震が発生。それでも、熊本の復興を応援する新しいみやげ菓子をつくりたいと開発企画が再始動しました。それから開発に半年以上の歳月をかけ、昨年11月にようやく完成。大きな注目を集めています。この番組では、“熟いもいきなりさんど”の魅力をたっぷりお伝えしていきます!

第3回 “熟いも”の新商品、誕生!?

イモセガレの「熟いも」と熊本菓房の菓子作りの技を合わせて、
熊本のまちおこしになるような新しいお菓子を作りたい——
そんな両者の想いがキッカケとなりコラボ企画が立ち上がりました。
第3回目は、熊本菓房の坂本さん、二代目イモセガレブラザーズの皆さんと
一緒に、新しいプロジェクト情報をお届けします。

——大津町のカライモ畑を訪ねて——

木村アナ:皆さん、おひさしぶりです!二代目イモセガレブラザーズさんが作ったおいしいカライモのおかげで、“熟いもいきなりさんど”は大人気継続中のようですね〜!いや〜、ほんとすばらしいっ!

坂本さん(熊本菓房):皆さん。今日は「重大発表」があるんです!
実は“熟いも”のシリーズで、新商品を出そうと思っています。
出来立てホヤホヤの試作品を、まずはキムカズさんとイモセガレの皆さんに食べていただきたいと思って今日はお持ちしました!
これで、我々「熊本菓房」はもう一度、大きな賭けに出ます!(照れながら)

木村アナ:ちょっとちょっと、さっきまですごい強気だったのに、恥ずかしそうに言わないでよっ!(笑)。さて坂本さん、今回は“熟いも”の新商品(試作品)を、ひと足早く紹介するということですね!?

坂本さん(熊本菓房):そうなんです!

二代目イモセガレブラザーズ:テンションあがりますね!

坂本さん(熊本菓房):気になる新商品の名前は…
ズバリ、“熟いも いきなり水ようかん”です!

——試食タイム——

二代目イモセガレブラザーズ:イモのペーストが入っているので、食べる前は「おもたい感じかな」と思っていましたが、意外と爽やかな味わいですね!  イモの部分がゼリーのような食感なんですね〜。

坂本さん(熊本菓房):このようかんは、芋あんの水ようかん(角切りイモ入り)と、粒あんの水ようかんの2層になっています。夏でも食べていただける新しい“熟いも”。これからの時季にピッタリの新シリーズというわけです。

木村アナ:たしかに水ようかんは、夏によかよね〜! 口の中で溶けるようななめらかさがたまらんね。何、この「食感上手」(笑)!

坂本さん(熊本菓房):“熟いもいきなり水ようかん”は、この夏、熊本菓房各店、「道の駅大津」で発売予定です。新しい“熟いも”をおたのしみに!

 


大津町のカライモ畑でイモセガレの皆さんと


特産のカライモをたっぷり使った新商品…??


「早くも第2弾! 水ようかんはこの夏発売予定です」


芋あんの水ようかんと粒あんが2層になって新食感!


口の中で溶けるようななめらかさがたまらんバイ♪