月別アーカイブ: 2017年8月

8/19(土)放送:第6回 “熟いもいきなり水ようかん”、もう食べた!?

熊本菓房と大津町の若手芋農家グループ「二代目イモセガレブラザーズ」、そしてRKK「週刊山崎くん」のコラボ企画で誕生した新商品“熟いもいきなりさんど”。2016年春、プロジェクトが立ち上がった直後に熊本地震が発生。それでも、熊本の復興を応援する新しいみやげ菓子をつくりたいと開発企画が再始動しました。それから開発に半年以上の歳月をかけ、昨年11月にようやく完成。大きな注目を集めています。この番組では、“熟いもいきなりさんど”の魅力をたっぷりお伝えしていきます!

第6回 “熟いもいきなり水ようかん”、もう食べた!?

イモセガレの「熟いも」と熊本菓房の菓子作りの技を合わせて、
熊本のまちおこしになるような新しいお菓子を作りたい——
そんな両者の想いがキッカケとなりコラボ企画が立ち上がりました。
今回は、自慢の商品を試食していただくため、RKKを訪ねました。

木村アナ: さて坂本さん!今回はRKKに来ました。
いわゆる、「俺の会社」です。
※注:「俺の勤めている会社」の略。

(一同爆笑)

木村アナ: 冗談はさておき…。
新商品の「熟いもいきなり水ようかん」の売れ行きはどうですか?

坂本さん(熊本菓房): はい。順調に、計画通り売れてるんですけども、
せっかくなら「売れ過ぎちゃって困る」というくらい売りたいなと!

木村アナ : わかりました!それでは、今回はRKKのアナウンサーの皆さんに、
「熟いもいきなり水ようかん」を食べてもらおうと思っています。

田名網駿一アナ  :「水ようかん」!夏にピッタリじゃないですか♡

木村アナ: そこ、カメラ目線でしょ!

田名網アナ  :  コレ、おいしい♪
「甘さと旨さが合わさった」って感じがします!

木村アナ  :  甘さと旨さが合わさった・・・いいねソレ♥
感じていただきたいものは感じてもらっていますよね。

木村アナ  :  さて青谷さん、坂本さんと私と言えば、何かわかるよね??

青谷さん : もちろんです!「熟いも」ですよね!
二層構造がいいですね♪…わぁ、スッキリ!甘さの具合が丁度いい!

木村アナ  :   甘みと旨みの融合、みたいな感じ?

青谷さん  :  さすが…うまいこと言いますね!

木村アナ : うん、さっき田名網が言ってたの(笑)。

—コメント、パクり!?—

木村アナ  :  さて。珍しくアナウンサーが4人揃い踏みです!

坂本さん(熊本菓房):  何だか緊張しますね〜

木村アナ  :  ちょっと!私の時全然緊張してないじゃない!

福居アナ : ようかんのツルツルした食感プラス、おいもの味がおいしいですっ♥

木村アナ  :  さすが、食レポ、バッチリだね!

福島アナ :「“ようかん”」ね。

木村アナ  :  ちょっと(笑)。福島部長がアクセント事典で
“ようかん”のアクセントを確認していますよ!(笑)

(一同爆笑)

吉田アナ : 最初スプーンを入れた時はちょっと硬めなのかなと思ったんですけど…
口に入れた瞬間ほどけるように溶けていきました。

福島アナ : コレが冷たかったらもっとさっぱりして、喉ごし良くつるりと入って
夏にピッタリのお菓子だと思います♥

木村アナ :  今のを代弁しますと…「何で冷やしたのを持ってこないんだ?」
ということですかね(笑)!

(一同爆笑)

 


RKK本社を訪ねました!


「甘みと旨みの融合が絶妙です!」と田名網駿一アナ


「すっきりした甘さがいい♥」と青谷倫太郎さん(ウェルカムMCでおなじみ♪)


「おいもの味がしっかりしてすごくおいしい!」と福居万里子アナ


「なめらかな食感が心地良いですね〜」と吉田明央アナ


「熊本菓房各店、道の駅大津で好評発売中です」♪


箱入りで夏の手みやげにピッタリ。972円(3個入り)