3/4(土)放送:家族のための健康住宅・第7回

外断熱工法と調湿性能に優れた塗り壁を活用した家づくりで、「家族の健康」を第一に考えた家を提案し続ける「悠悠ホーム」。木造住宅を専門に手がける工務店です。新築住宅だけでなく、賃貸住宅やリフォーム工事においても、この塗り壁を利用した施工を行っています。この番組では、「空気がおいしく、人に心地よく、健康にやさしい」家づくりの特長と実例を、わかりやすく紹介していきます。

施主のご自宅訪問

「悠悠ホーム」は、新築住宅の建設から販売、不動産売買、リフォームなど様々な事業を手がける住宅会社です。平成元年の創業以来、新築住宅の着工数も年々増えており、信頼と実績を得ています。今回は、工藤さんご一家のご自宅に伺いました。

●リポーター・加納麻衣さん: 悠悠ホームを選ばれた一番の決め手は何ですか?

●工藤豊さん(ご主人): まず「外断熱工法」が決め手です。夏は涼しく、冬は暖かい。昨秋から住んでいますが、本当にいい家だなと家族で実感していますね。 一応ヒーターは置いていますが、暖房はつけていないんですよ。リビングは18畳ありますが、充分暖かいです。電気代も節約になっていますね。

●加納さん: 奥様はいかがですか?

●工藤順子さん(奥様): 私は家族の声が響き渡る「吹き抜け」のある家と、「木の家」が理想でした。たとえば、前の家は前日食べた物の臭いが翌朝まで残っていたりしましたが、新しい家は全く残っていないんです。これには驚きました。木は生きているので、呼吸をすることで空気がキレイになりますよね。

●加納さん: 担当の方からはどんな説明を受けられましたか?

●工藤豊さん: 家づくりについてあまり知識がなかったんですが、悠悠ホームの担当の方が、家の構造や工法、木の家の魅力などについてすごくくわしく説明してくださったんです。その熱い想いが、他の会社とはちょっと違うなと感じました。どんどん惹き込まれていきましたね(笑)。

●加納さん: こだわられた所はどこですか?

●工藤順子さん: 帰宅して、リビングを通らずに一直線で脱衣所に行ける導線が気に入っています。展示場でこの造りを拝見して、すごく感動して。絶対我が家にも取り入れよう!と思いました。あと、全体的に木の質感がぬくもりを感じられていいですね。裸足で床を歩いても全然冷たさを感じません。うちは子供たちが元々小児ぜんそくを患っていて、もう辛い想いをさせたくないという気持ちがあったんです。子供たちのためにも、ずっとキレイな空気を保てる家にしたいという想いが一番ですね。

●加納さん: お子様は喜ばれているのでは?

●工藤豊さん:地震もあったことで、一日も早く新しい家に皆で住みたいという気持ちが大きかったみたいで。この家に住み出してから、友達をしょっちゅう連れてくるようになりました。きっと自慢の家なんだと思います。子供たちの嬉しそうな様子を見ていると、「悠悠ホーム」さんを選んで本当に良かったなぁと思いますね。

●加納さん: 奥様の夢は?

●工藤順子さん: 子供達が家を出ていっても、家族を連れていつでも帰ってこれるような家でありたいですね。家の中もぽかぽかと暖かく、家庭もいつまでも温かく(笑)。そんなあったかい家をつくっていきたいです。

 


シックな外観。家は昨秋に完成


暖房要らずで冬もぽかぽか!


奥様こだわりの吹き抜け


いつも空気がきれいな木の家


子供たちにとっても自慢の家


明るいご夫婦に元気をもらいました!

2/4(土)放送:家族のための健康住宅・第6回

外断熱工法とFFC処理建材を活用した家づくりで、「家族の健康」を第一に考えた家を提案し続ける「悠悠ホーム」。木造住宅を専門に手がける工務店です。新築住宅だけでなく、賃貸住宅やリフォーム工事においても、このFFC処理建材を利用した施工を行っています。この番組では、「空気がおいしく、人に心地よく、健康にやさしい」家づくりの特長と実例を、わかりやすく紹介していきます。

施主のご自宅訪問2

悠悠ホームは、新築住宅の建設、不動産売買などを手がける福岡県の住宅会社です。
「FFC免疫住宅」「外断熱工法」などにより、快適で健康な住宅を提供しています。
今回ご紹介いただくのは、2年前に完成した谷口さんのお宅。奥様とふたりでお住まいです。

●リポーター・松村奈央さん: 悠悠ホームを選ばれた理由は何ですか。

●谷口さんご夫婦: 私の先輩が悠悠ホームさんで家を建てていて、外断熱の良さなどを聞いていたので、家を建てるなら悠悠ホームさんと決めていた感じです。実際に展示場で話を聞いて、やっぱり良いなと思い決めました!

●松村さん: 一番の決め手はどこでしたか?

●谷口さんご夫婦: やはり外断熱ですね! 気密性が高く、冬は20畳あるリビングのエアコンひとつで他の部屋まで暖かくなります。部屋ごとのエアコンを動かさずに済んでいます。

悠悠ホームでは、全ての住宅に気密性・断熱性に優れた「外断熱工法」を採用しています。
家全体を外側から切れ目なく断熱材で包み込むので、夏の熱気や冬の冷気をしっかり遮断し、室内の温度を一定に保ちます。結露が起きにくくなるためシックハウスの原因のひとつといわれているカビやダニの繁殖を抑制し、また、温度差が少ないためヒートショックの予防にもつながります。

●松村さん: 外断熱工法で実感したことは他にありますか?

●谷口さんご夫婦: 冬だけでなく、夏も家の中が暑くならないのでオールシーズン快適ですね。
たとえば旅行など長期不在から帰ってきた時に、室内の空気がこもった感じがしないんです!また、前に住んでいた家と比べて、室内の温度が快適だからだと思うんですけど、光熱費が少なくなったのが助かっています。

●松村さん: その他のこだわりを教えてください。

●谷口さんご夫婦: 「FFC」を採用しているのも良かったですね。将来子供ができた時のことや、ふたりの体への負担が少ない家に出来ればと考えました。また、1階はオーク材を使用し、2階は足触りが心地良いパイン材にしました。私の趣味の部屋も多く作りました(笑)。ビルトインガレージ、趣味のロードバイクを置く専用の部屋、書をたしなむ部屋などを作りました。

 

170204-01
リポーターの松村さんが谷口さんご夫婦に話を伺いました

170204-02
奥さまの理想を形にしたおしゃれなカウンターキッチン

170204-03
全体的に調和のとれた配色やデザイン、こだわりのインテリアが◎

170204-04
「FFC免疫住宅」「外断熱工法」を採用した心地良い空間

170204-05
ご主人の趣味のロードバイクを置く部屋もあります

170204-06
外観正面。外壁の色を変えて、個性的な印象に

1/7(土)放送:家族のための健康住宅・第5回

外断熱工法とFFC処理建材を活用した家づくりで、「家族の健康」を第一に考えた家を提案し続ける「悠悠ホーム」。木造住宅を専門に手がける工務店です。新築住宅だけでなく、賃貸住宅やリフォーム工事においても、このFFC処理建材を利用した施工を行っています。この番組では、「空気がおいしく、人に心地よく、健康にやさしい」家づくりの特長と実例を、わかりやすく紹介していきます。

熊本市東区戸島1丁目にある建売住宅のご紹介

悠悠ホームは、新築住宅の建設、不動産売買などを手がける福岡県の住宅会社です。
「FFC免疫住宅」「外断熱工法」などにより、快適で健康な住宅を提供しています。

●リポーター・松村奈央さん:今、私たちがいる建売住宅はどのような場所にあるのでしょうか?

●コーディネーター・下司臣子さん:はい。こちらは、熊本市東区戸島1丁目です。託麻東小学校、二岡中学校から徒歩6分程のところにあり、近くには大型スーパーやドラッグストア、総合病院、温泉施設などもあります。

●松村さん:子育て世代にも住みやすい環境ですね! やはり、こちらにも悠悠ホームのこだわりがいっぱいつまっているのでしょうか?

●下司さん:はい! こちらの住宅も「外断熱」と「FFC」を施しています。

悠悠ホームのこだわりは、「外断熱工法」と「FFC免疫住宅」です。「外断熱工法」は、家全体を切れ目なく包むため、気密性・断熱性に優れ、1年を通して快適に過ごせます。
また、結露がおきにくくなるため、シックハウスの原因のひとつと言われているカビやダニの繁殖を抑え、室内の温度差が少ないためヒートショックの予防にもつながります。さらに、「FFC」も無垢の床材やクロスなどの内装材に使われています。

●松村さん:下司さん、こちらにはすごい特典があると聞きましたが。

●下司さん:そうなんです。実はこちらの建売住宅には、ソファやダイニングテーブルなどの家具と、テレビ、冷蔵庫などの家電が最初からついています。コーディネーターがトータルコーディネートしたおしゃれな住まいで、新しい生活を始めて頂けると思います!

●松村さん:それはいいですね!

●下司さん:今回ご紹介した以外にも、もう1棟建売住宅をご用意しています。
詳しくは悠悠ホームまでお尋ね下さい。

インフォメーション
見学は事前にご予約が必要です。(お問い合わせ・お申し込み)
悠悠ホーム熊本展示場 tel: 096-386-5520

160107-01
リポーターの松村さんが悠悠ホームの下司さんに話を伺いました

160107-02
建売住宅は熊本市東区戸島1丁目にあります

160107-03
ナチュラルな雰囲気とシックな雰囲気の2軒を用意

160107-04
「FFC」を採用した無垢の床材は人気のレッドパイン材を使用

160107-05
陽の光、木のぬくもりを感じられる心地良いデザイン

160107-06
女性コーディネーターの感性が活きたおしゃれな住まい

160107-07
家電・インテリアはすべて最初からついていきます

12/3(土)放送:家族のための健康住宅・第4回

外断熱工法とFFC処理建材を活用した家づくりで、「家族の健康」を第一に考えた家を提案し続ける「悠悠ホーム」。木造住宅を専門に手がける工務店です。新築住宅だけでなく、賃貸住宅やリフォーム工事においても、このFFC処理建材を利用した施工を行っています。この番組では、「空気がおいしく、人に心地よく、健康にやさしい」家づくりの特長と実例を、わかりやすく紹介していきます。

宿泊体験ができるモデル展示場

熊本市の東バイパス沿いにある悠悠ホームの熊本展示場。ここには2つのモデルハウスがあります。
まず「COME(コーム)」は、「FFC免疫住宅」、「外断熱工法」、「地下室」と、快適で健康な住宅を提供するためのこだわりが詰まったモデルハウスです。そして、今回ご紹介する「CODE(コード)」は、そのこだわりを実際に宿泊して体験することができるモデルハウスです。

●リポーター・加納麻衣さん:なぜ宿泊体験のできるモデルハウスを建てられたのですか?

●上笹貫さん:家は人生の中でとても高い買い物ですし、住んでみないとその良さは分からないと私たちは考えています。そこで、悠悠ホームがお勧めする「FFC」と「外断熱工法」をじっくり体感し、その良さを知っていただくために、宿泊体験ができるモデルハウスをご用意させていただきました!

見どころは、17帖のリビングダイニングと階段周りの大きな吹き抜け。気密性・断熱性に優れた「外断熱工法」を採用しました。間仕切りを極力少なくし、室内を一体化させることで、季節に関係なく最小限の空調機器で家の中の温度を一定に保つことができます。また、結露がおきにくくなるため、シックハウスの原因のひとつといわれているカビやダニの繁殖を抑制。冬の冷気を遮断するため、ヒートショックの予防にもつながります。さらに、もうひとつのこだわりである「FFC」も、無垢の床材やクロスなどの内装材に使われていますので、悠悠ホームが提案する「快適で健康な住宅」を実際に体感することが出来ます。

●加納さん:宿泊された方の反応はいかがですか?

●上笹貫さん:室内の温度が一定でお子さんも快適だったと聞きます。キッチンや浴室のサイズを弊社の標準サイズにしていますので、実際の生活がイメージしやすく、参考になったという声もいただいていますね。
※宿泊は事前に予約が必要(問い合わせ・申し込み)悠悠ホーム熊本展示場 tel: 096-386-5520

インフォメーション
悠悠ホームでは、「シーズンテラス出水7丁目」全13区画の第1期分譲を行っています。出水南中校区、ゆめタウンはませんまで徒歩7分の好立地です。お問い合わせは熊本展示場まで tel: 096-386-5520

yuyuhome4-1
リポーターの加納さんが悠悠ホームの上笹貫さんに話を伺いました

yuyuhome4-2
「実際に宿泊体験ができるとイメージしやすい♪」

yuyuhome4-3
ナチュラルな雰囲気に合うおしゃれなインテリア

yuyuhome4-4
間仕切りがないリビングは温度がほぼ一定で快適!

yuyuhome4-5
「FFC」採用の無垢材の魅力を実際に生活して体感

yuyuhome4-6
踊り場のフリースペース。書斎、PCスペースなど活用は様々

yuyuhome4-7
気密性・断熱性に優れた「外断熱工法」を実感してみて

11/5(土)放送:家族のための健康住宅・第3回

外断熱工法とFFC処理建材を活用した家づくりで、「家族の健康」を第一に考えた家を提案し続ける「悠悠ホーム」。木造住宅を専門に手がける工務店です。新築住宅だけでなく、賃貸住宅やリフォーム工事においても、このFFC処理建材を利用した施工を行っています。この番組では、「空気がおいしく、人に心地よく、健康にやさしい」家づくりの特長と実例を、わかりやすく紹介していきます。

赤ちゃんもぐっすり眠れる心地良い住まいです

「悠悠ホーム」は、新築住宅の建設から販売、不動産売買、リフォームなど様々な事業を手がける住宅会社です。平成元年の創業以来、新築住宅の着工数も年々増えており、信頼と実績を得ています。今回は、こだわりの住まいをご紹介。「悠悠ホーム」で家を建てた合志さんご一家のご自宅に伺いました。

●リポーター・常盤よしこさん:悠悠ホームを選ばれた理由は何ですか。

●合志さん:子どもの将来を考えた時に、デザイン性だけを重視するのではなく、「きれいな空気の家」にこだわりたいと思ったからです。「悠悠ホーム」さんはナチュラルな雰囲気の家を作られているので、私たちが求めるイメージにも合いました。FFCや外断熱を採用されているのも決め手になりましたね。 “自然”を身近に感じられる家で、家族4人で心地良く暮らしたいと思ったんです。

●常盤さん:家づくりで特にこだわられた所はどこですか。

●合志さん:段あがりになっている畳敷きのリビングです。普通リビングは板張りが多いと思うんですが、我が家は家族でリラックスする時間を大切にしたかったので畳を採用しました。ダイニング側には低い壁を設けて仕切りを作っています。キッチン、ダイニング、リビングが仕切られ、それぞれが独立した空間になっているのがポイント。かといって圧迫感はなく、ほど良い開放感とプライベート感を両立できています。元々、料理をする場所、食事をする場所、寛ぐ場所の3つをしっかり分けたかったのでこのような間取りになりました。気持ちの切り替えができてとても気に入っています!

●常盤さん:住み心地はいかがですか。

●合志さん:家族の快適な暮らしを実現してくれる外断熱の効果を実感しています! また、実際に暮らしてみて、家の中の空気って本当に大事なんだなぁと気付きましたね。子供も大人も住んでいて気持ちが良い家で、まだ小さい下の子が毎日ぐっすり寝てくれるのが嬉しくて。気密性が高く防音効果も優れているので、上の子がどれだけはしゃいでも大丈夫ですし(笑)。まさに「子育てしやすい家」だと日々実感しています。自然と家に帰りたくなる家。「悠悠ホーム」さんを選んで本当に良かったです!

インフォメーション
11/5(土)〜6(日)の2日間(午前10時〜午後5時)、戸島1丁目建売住宅の販売会を行います。託麻東小・二岡中まで約1.1キロの好立地です。皆様のご来場お待ちしています。
お問い合わせは熊本展示場まで △096-386-5520

1611-01
家族4人いつも仲良し! 家は3月に完成したばかり

1611-02
キッチン、ダイニング、リビングを3空間にセパレート

1611-03
ゆっくりくつろげる畳のリビングは段上がりに

1611-04
床には無垢材を採用。足触りの良さとナチュラルな雰囲気が◎

1611-05
ご夫婦一番のこだわりは畳敷きのリビング

1611-06
リビングのテレビボードは「悠悠ホーム」のオリジナル!

1611-07
こだわりの住まいを伺いました」とリポーターの常磐さん

10/1(土)放送:家族のための健康住宅・第2回

外断熱工法とFFC処理建材を活用した家づくりで、「家族の健康」を第一に考えた家を提案し続ける「悠悠ホーム」。木造住宅を専門に手がける工務店です。新築住宅だけでなく、賃貸住宅やリフォーム工事においても、このFFC処理建材を利用した施工を行っています。この番組では、「空気がおいしく、人に心地よく、健康にやさしい」家づくりの特長と実例を、わかりやすく紹介していきます。

こだわりの空間・特別な地下室とは?

「悠悠ホーム」は、新築住宅の建設から販売、不動産売買、リフォームなど様々な事業を手がける住宅会社です。平成元年の創業以来、新築住宅の着工数も年々増えており、信頼と実績を得ています。

●リポーター・常盤よしこさん:前回、悠悠ホームのこだわりである「FFC免疫住宅」「外断熱工法」について教えていただきました。さらにこの他にもこだわりがあるそうですね?

●安宅さん(悠悠ホーム営業部):はい! はい。常盤さんにぜひ見ていただきたい、こだわりの空間なんですよ。

●常盤さん:こだわりの空間…?

●安宅さん:では、早速「CALM STYLE」の家をご案内しましょう!

●常盤さん:わ〜。ここは地下室ですか?

●安宅さん:はい。悠悠ホームの3つめのこだわりが「地下室」なんです。
この展示場では、地下室をホームシアターにしているんですよ。

●常盤さん: 素敵ですね〜! でも、なんで「地下」なんでしょうか?

●安宅さん:実は、地下室はメリットがたくさんあるんですよ。「敷地の有効活用」「温度の安定」、そして「防音」です。土に囲まれた地下では安定した温度を保つことができます。更に弊社では、気密性・断熱性に優れた外断熱を採用しているため、夏涼しく冬暖かい快適な空間になります。防音効果も高く、ホームシアターやスタジオ、音楽室などに使うのも最適ですよ!

●常盤さん: そうなんですね! 大迫力の音量で映画やスポーツを楽しめるホームシアターが家にあるなんて…憧れですね〜♪

●安宅さん: この展示場のように半地下の設計にすると、光や風を取り込むことができますし、外から入ることも可能です。

●常盤さん:なるほど♪

●安宅さん:悠悠ホームでは、スペースを生かした無駄のない設計を行っています。書斎や勉強場所などにも活用できる階段踊り場のフリースペースや、外断熱により熱くなりすぎない中2階のロフトは、収納だけでなく子どもの遊び場にも利用して頂けます。

●常盤さん: 本当にこだわりが盛りだくさんですね!
また次回も教えていただけますか?

●安宅さん:はい、ぜひ宜しくお願い致します!

インフォメーション
10/1(土)〜2(日)午前10時〜午後5時で
「戸島1丁目」モデルハウス内覧会を行います!
お問い合わせは熊本展示場まで △096-386-5520

161001-01
リポーターの常盤さんと悠悠ホームの安宅さん

161001-02
「CALMSTYLE」の特別な地下室へ
※地下室を作る際は敷地状態の調査が必要です

161001-03
地下室のメリットについて話を聞く常盤さん

161001-04
すっきりとスタイリッシュな雰囲気の「CALM STYLE」の外観。

161001-05
吹き抜け付きのリビングと合わせると最大26帖の大空間居室

161001-06
外から階段で地下まで降りられる「ドライエリア」。
木調のタイルを貼ってナチュラルな空間に

161001-07
フリースペースは多機能に利用できて便利

161001-08
防音性、室温が保たれるなどメリットがいっぱいの「地下室」

 

9/3(土)放送:家族のための健康住宅・第1回

外断熱工法とFFC処理建材を活用した家づくりで、「家族の健康」を第一に考えた家を提案し続ける「悠悠ホーム」。木造住宅を専門に手がける工務店です。新築住宅だけでなく、賃貸住宅やリフォーム工事においても、このFFC処理建材を利用した施工を行っています。この番組では、「空気がおいしく、人に心地よく、健康にやさしい」家づくりの特長と実例を、わかりやすく紹介していきます。

悠悠ホームのこだわりとは?

「悠悠ホーム」は、新築住宅の建設から販売、不動産売買、リフォームなど様々な事業を手がける住宅会社です。平成元年の創業以来、新築住宅の着工数も年々増えており、信頼と実績を得ています。

●リポーター・加納麻衣さん:店長、「悠悠ホーム」とはどのような会社なのでしょうか?

●佐久間店長(熊本展示場店長):はい! 私ども「悠悠ホーム」は、福岡県に本社がある工務店で、おもに木造住宅を専門に手がけています。

●加納さん:専門ということは、木造住宅しか作っていないということですか?

●佐久間店長: はい、そのとおりです!

●加納さん:こだわりがたくさんありそうですね!
では早速、モデルハウスを案内していただけますか?

●加納さん:モデルハウス(「CALMSTYLE」)にやってきました。
大きな吹き抜け付きのリビングが開放感ありますね~!

●佐久間店長: ありがとうございます。私どもは、家そのものが癒しの空間となるような、快適で健康住宅を提案したいと考えています。
●加納さん:なるほど。くわしく教えていただけますか?

●佐久間店長: まず1つめのこだわりは、当社の強みである「FCC免疫住宅」です。「FCC」とは、水に溶ける特殊な鉄分のことで、これを木材に染み込ませると、酸性雨などで失った生命力を活性化させ、本来の木材へとよみがえらせると言われています。「悠悠ホーム」では、無垢の床材やクロスの内装部分に、FFCを染み込ませたものを使用しているんです。

2つめのこだわりは、「外断熱工法」です。外断熱は、家全体を断熱材で切れ目なく包むため、気密性・断熱性に優れており、1年をとおして快適に過ごしていただくことができます。結露がおきにくくなりますので、シックハウスの原因のひとつと言われているカビやダニの繁殖を抑えることにつながります。また、冬の冷気を遮断しますので、室内の温度を一定に保ち、ヒートショックの予防にもつながるんですよ!

●加納さん:わ~、こだわりが止まりませんね!続きはまた次回♪
yuyu-01
東バイパス沿いにある熊本展示場を訪ねました

yuyu-02
リポーターの加納麻衣さんと佐久間店長

yuyu-03
「FCC免疫住宅」について説明を受ける加納さん

yuyu-04
「CALM STYLE」の家。外断熱のため、
開放感ある吹き抜けで家中に空気を循環させています

yuyu-05
防音の地下室はシアタールームとして利用(「CALM STYLE」)

yuyu-06
「CODE」の家。リビング階段まわりに大きな吹き抜けを採用

yuyu-07
家そのものが癒しの空間になる、快適な健康住宅(「CODE」)

yuyu-08
無垢の床材やクロスなど、全体に「FCC」を染み込ませます(「CODE」)