11/5(土)放送:家族のための健康住宅・第3回

外断熱工法とFFC処理建材を活用した家づくりで、「家族の健康」を第一に考えた家を提案し続ける「悠悠ホーム」。木造住宅を専門に手がける工務店です。新築住宅だけでなく、賃貸住宅やリフォーム工事においても、このFFC処理建材を利用した施工を行っています。この番組では、「空気がおいしく、人に心地よく、健康にやさしい」家づくりの特長と実例を、わかりやすく紹介していきます。

赤ちゃんもぐっすり眠れる心地良い住まいです

「悠悠ホーム」は、新築住宅の建設から販売、不動産売買、リフォームなど様々な事業を手がける住宅会社です。平成元年の創業以来、新築住宅の着工数も年々増えており、信頼と実績を得ています。今回は、こだわりの住まいをご紹介。「悠悠ホーム」で家を建てた合志さんご一家のご自宅に伺いました。

●リポーター・常盤よしこさん:悠悠ホームを選ばれた理由は何ですか。

●合志さん:子どもの将来を考えた時に、デザイン性だけを重視するのではなく、「きれいな空気の家」にこだわりたいと思ったからです。「悠悠ホーム」さんはナチュラルな雰囲気の家を作られているので、私たちが求めるイメージにも合いました。FFCや外断熱を採用されているのも決め手になりましたね。 “自然”を身近に感じられる家で、家族4人で心地良く暮らしたいと思ったんです。

●常盤さん:家づくりで特にこだわられた所はどこですか。

●合志さん:段あがりになっている畳敷きのリビングです。普通リビングは板張りが多いと思うんですが、我が家は家族でリラックスする時間を大切にしたかったので畳を採用しました。ダイニング側には低い壁を設けて仕切りを作っています。キッチン、ダイニング、リビングが仕切られ、それぞれが独立した空間になっているのがポイント。かといって圧迫感はなく、ほど良い開放感とプライベート感を両立できています。元々、料理をする場所、食事をする場所、寛ぐ場所の3つをしっかり分けたかったのでこのような間取りになりました。気持ちの切り替えができてとても気に入っています!

●常盤さん:住み心地はいかがですか。

●合志さん:家族の快適な暮らしを実現してくれる外断熱の効果を実感しています! また、実際に暮らしてみて、家の中の空気って本当に大事なんだなぁと気付きましたね。子供も大人も住んでいて気持ちが良い家で、まだ小さい下の子が毎日ぐっすり寝てくれるのが嬉しくて。気密性が高く防音効果も優れているので、上の子がどれだけはしゃいでも大丈夫ですし(笑)。まさに「子育てしやすい家」だと日々実感しています。自然と家に帰りたくなる家。「悠悠ホーム」さんを選んで本当に良かったです!

インフォメーション
11/5(土)〜6(日)の2日間(午前10時〜午後5時)、戸島1丁目建売住宅の販売会を行います。託麻東小・二岡中まで約1.1キロの好立地です。皆様のご来場お待ちしています。
お問い合わせは熊本展示場まで △096-386-5520

1611-01
家族4人いつも仲良し! 家は3月に完成したばかり

1611-02
キッチン、ダイニング、リビングを3空間にセパレート

1611-03
ゆっくりくつろげる畳のリビングは段上がりに

1611-04
床には無垢材を採用。足触りの良さとナチュラルな雰囲気が◎

1611-05
ご夫婦一番のこだわりは畳敷きのリビング

1611-06
リビングのテレビボードは「悠悠ホーム」のオリジナル!

1611-07
こだわりの住まいを伺いました」とリポーターの常磐さん