NO,11 原口尚古さん

今日は、熊本市北区植木町で
スイカときゅうりを育てている
原口尚古さんをご紹介しました。

植木といえば…
スイカの名産地~♪

今年も美味しいスイカができたそうですよ~!

きゅうりもぐんぐん成長中!!

元々、保育士の資格を持ちながらカフェの店員をしていた原口さん。
植木町の異業種交流会でご主人と出会いご結婚。

農家の道へ。

農家は体力勝負!
きついことたくさんあるけど
元々陸上部でやり投げの選手だったという原口さんは
きつくても当時を思い出し『ファイトーラスト、ラストー』と
心の中で気合いを注入して頑張ってるそうです!

また、悩んでりしてても
畑仕事で無になり作業しながらストレス解消!と
おっしゃっていました。
 

あとは、大好きなゆず!!!

デビュー当時から大ファンだそう!
毎回お手製の服をきてライブにいき
リフレッシュ\(^o^)

子育ての合間にゆずの音楽を聞いたりDVDなどみて
次の日の活力にしているそうです。

今後は、『あたげのスイカ、キュウリは美味しかね』
と言われ続けれるようにこれからも家族みんなで頑張っていきたい! 

そして、みんなが立ち寄れるようなカフェを作りたい!
と言う夢もあるそうです!

とってもパワフルな原口さんに元気をもらいましたー((o(^^)o))

ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
再生開始から3時間に限り聴くことができます。

NO,10 市川佳さん

芦北町田浦でデコポンと甘夏を育てている
市川佳さんをご紹介しました。


田浦にお嫁に来て
はじめて『デコポン』という果物を知ったという市川さん。

夏は暑くて本当にきついし子育てとの両立も大変だけど
販売の時期になると「美味しかった~」という言葉が
本当に
嬉しくて「また頑張れます!」とおっしゃっていました。


また、お子さんにもパワーをもらってるそうで
『ママがんばってね!』の言葉やよくもらうお手紙が
頑張る活力になってるそうです。
 

ご主人の事ももちろん大好きな人でもあり尊敬できる人!
いいみかんを作ってる証である賞をたくさん受賞されてるそうです。

そんなご主人と一緒に
田浦の美味しいデコポンをもっとたくさんの方に広めたい!
とおっしゃっていました。

デコポンは、そのまま食べるのももちろん美味しいですが
おやつにも大変身!

でこぽんかりんとうです☆
香りもよくとってもおいしかったです。

田舎工房~農家のおやつさんとコラボレーションして作られていて
物産館などで販売されています。

他にも・・・

たくさんの加工品が物産館に並びます。
芦北のデコポンや甘夏で作られているので
もしかしたら市川さんが作ったものも使われてるかもしれません。

どれも美味しくいただきました~☆
ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
再生開始から3時間に限り聴くことができます。

NO,9 岡田涼子さん

今日は、熊本市南区会富町でナスビを育てている
岡田涼子さんをご紹介しました!


岡田さんのご実家はナスビ農家!

高校を卒業して、他の会社に就職。
しかし、19歳の時、転職を考え
なかなか次の就職が決まらない時に
ちょうど収穫時期だった実家の手伝いをしたのが
きっかけでナスビ農家の道へ。

今年で17年目。

天候によりなかなかうまくいかないこともあるけど
きれいで立派なナスビができたときは
とても嬉しく
みなさんからの「おいしかったよー」の声が次への活力になってるそうです。 

7月いっぱいは夏休み!
旅行の計画をたくさん立てて
思いっきりリフレッシュされたそうです\(^o^)

8月から定植し6月まで収穫が続くそう!

これからは、ナスビだけでなく他の野菜にも挑戦したい!と
おっしゃっていました!

美味しい野菜ができるのを楽しみにしています!
ありがとうございました。

 

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
再生開始から3時間に限り聴くことができます。

NO,8 村田あゆみさん

芦北町田浦でデコポンと甘夏を育てている
村田歩さんをご紹介しました。


もうすぐ3人目のお子さんが産まれるということで大きなお腹で
インタビューに答えてくださいました。


農家に嫁いで5年。
元々農業に興味があり
幼虫と戯れながら←笑
すんなり農家の道に入れたそうです。
  

気にしている方が多い
嫁姑問題も全くなく、
仲良くお話しながら
一緒に楽しく農作業をしているそうです。

 

家族みんなで、みかんの収穫をしてるときが
大家族でよかった!頑張ってきてよかった!と思う瞬間だそうで
終ったらあとの絞ったデコポンジュースを
飲むのがこれまた最高だそう!

今後、ご主人の代になりご主人を支えられるように
頑張ります!と照れながらも力強くおっしゃっていました。

まずは、元気な赤ちゃんを産んで
また家族みんなでおいしいみかん作ってください。

ありがとうございました。

 

 

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
再生開始から3時間に限り聴くことができます。

NO,7上田萌子さん

熊本市北区植木町で菊農家の上田萌子さんを紹介しました。

元々、フルートの演奏や楽器店に勤めていた上田さん。
ご主人と出会い菊農家の道へ。

年間50~60万本出荷しているそうで
お盆やお正月、お彼岸が1番忙しい時期。
そこに合わせてハウスによって植える時期をずらして
菊を育てているそうです。

ハウスの中は菊の香りが広がりとってもいい香りでした。

ご主人のかっちゃん!(萌子さんの呼び方)

ご主人と結婚する前のデートは菊を運ぶトラックだったそうで
菊のいい香りと共に愛をはぐくんだそうです。

とっても仲良しでお似合いのご夫婦。

上田さんは、お料理やお菓子作りが大好きで
今後は、食べられる食用の菊を栽培してそれを使ったお菓子を作りたい!
とおっしゃっていました。

どんなお菓子ができるのか楽しみにしています。

ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
再生開始から3時間に限り聴くことができます。

NO,6 窪美子さん

今日は、葦北郡芦北町田浦で
デコポンと甘夏、スイートスプリングを育てている
窪美子さんを紹介しました。

農家に嫁いで十数年という窪さん。
ご主人とは高校からのお付き合いでそこからずっと一緒!
結婚し農家の道へ。
 

農業高校出身という窪さんは、農業は大変!というのはわかっていたそうですが
若い頃は何も考えずすんなり農業の道に入れたそうです。

収穫時期に、キレイなおいしいみかんができたときは
大変だけど1番嬉しいときでまた頑張れる!と窪さん。


これからも家族みんなで1年、1年
一生懸命おいしいみかんをつくります!とおっしゃってました!

また、みかんの収穫時期におじゃまします。

ありがとうございました!

 

 

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
再生開始から3時間に限り聴くことができます。

NO,5 本村美穂さん

八代市日奈久でカラーピーマンを育てている
本村美穂さんを紹介しました。
 

元々保育士さんだったという本村さん。
結婚を機に就農し三年目。

育てているカラーピーマンは3種類!

カラフルですね~!

炒め物や網で丸ごと焼くのがオススメだそう★


保育士は子供を育てる!農業は作物を育てる!

「一緒なんです。」

自分が手をかけた分、作物がそれに答えてくれる。


ハウスの中は暑いし、日焼けは嫌だけど
それよりも楽しさが勝ります! 

農作物は未知の世界で毎年気候も違うし大変だけど
作物と一緒に自分たちも成長していきたい!と おっしゃってました。

目標は、本村農園の名前が全国に!!

本当に農業が大好きなんだなぁ~と感じました。

収穫真っ只中のお忙しい時期にありがとうございました。

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
再生開始から3時間に限り聴くことができます。

NO,4 山下あやこさん

八代市日奈久いちご育ててる
「山下あやこさん」を紹介しました。

ハウスの中はイチゴの苗がたくさん!
今の時期は来年に向けて苗作りをしているそうです。

以前はバスガイドの仕事をしていたそうで
農家に嫁いで14年。

農家の仕事はまったく畑違い!
でも「全然違う世界だからよかった。」
「何もしらなかったからよかった。」と山下さん。 

苗から育てて、実が実って「美味しかったよ」って言われたら
また元気100倍!!
元気と笑顔が印象的でした。

 

実は、山下さん!
結婚式は「いちごのハウス」で行ったそうです。
いちごと共に愛を育もうと決意して白い花が咲く時期に結婚。

「主人のことを愛する気持ちがないと農家はできん!」と
とってもラブラブなお二人★

愛するご主人がいるからより頑張れるそうです。

「甘~~~~~~~~~い!!!!!」
これからもお二人で甘~~~いイチゴを育てていってください。

山下さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
再生開始から3時間に限り聴くことができます。

NO,3 緒方亜由美さん

今日は、菊池市七城町で牛を育てている
「緒方亜由美さん」を
紹介しました。



牧場に勤めて5年。

牧場で働く前は工場勤務。
土・日の休みの日にボ~っとしてる姿を見たお母さんに
牧場を紹介してもらいバイトからスタートしたそうです。

大変ですが、、、それ以上におもしろい!
キラキラ輝く笑顔が印象的でした!!
 

「自分の頑張った分全部、牛が返してくれる!」
それが肌で感じられるからやめられない。と緒方さん。

高校はなんと、畜産科。
元々酪農には興味はあったそうですが
専門学校は熊本デザイン専門学校!

今年は、子牛の冬に着せる服「カーフジャケット」を作って着せたそうです。
デザイン学校で学んだこともいかして牛に愛情を注いでいらっしゃいます。


実は、、、この取材をしている目の前で、
なんと!!
牛のお産が始まりました!!

インタビューしてるすぐ側で!!
始めて目の前でみてとっっても感動しました。
可愛い、可愛いあととり娘だそうで名前は「みきティ」
私が勝手に付けました!笑

 

 

本当に牛が大好きな緒方さん。
今年中に独立して「自分の牛舎を持つ!!」という夢と
将来、若い子を雇って、熊本の農業の活性化になればと熱い想いを
語っていただきました。

夢に向かって頑張ってください!!
緒方さん、ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
再生開始から3時間に限り聴くことができます。

チラシをチェック!!

こんにちは!
本当に梅雨!?
というお天気が続いてますね・・・

さて、先日の折込に入っていた熊本ダイハツのチラシ!!
よーく見ると…
右下に「キラリ★農業女子」の紹介が!!!

ありがとうございます。
みなさんも是非、チェックしてください!!