NO.55 下田円美さん

上益城郡山都町(旧矢部町)でお茶とお米を無農薬で育てている
下田円美さんをご紹介しました。

円美(まろみ)さんって素敵な名前ですよね♩
日本茶の表現方法「まろみ豊か」からとった
お茶屋さんならではのお名前。

「まろみ」という1番高級なお茶も販売しています。

代々続くお茶農家。
円美さんは、4年前に地元に帰り
家族で農業を頑張っていらっしゃいます!

元々は、スーツを着てピンヒールを履いて
キャリアウーマンだったという円美さん。

その時は、身体を壊すことが多かったそうです。

地元に帰ってきて4年。
ピンヒールから長靴になかなかスイッチを切り替えられなかったそうですが
今では、長靴の方が履きやすく、ヒールは履けない!とおっしゃってました!

最初は、手伝いがてら始めた農業ですが
今では、どっぷり農業にハマっているそうです。

お客様からの美味しかったという電話で直接声がきけるのが
また頑張る活力になっているそう!

農業は、自然相手なので思った通りにはいかないが
それ以上に心が優しくなれる!

毎日、芽が出たり植物の成長で喜びを感じたり
近所の方々に可愛がってもらって
幸せと思うことが多くなったとおっしゃってました。

人に合わせるのではなく
自然の天気や動物に合わせて行く。

人間の力じゃどうしようもないという
人間の弱さを感じ
自然の中で生きさせてもらっているというのを
日々感じるそう。

農業をしたからこそ気付かされたそうです。

取材中、美味しいお茶頂きました♪
下田さんは、お茶やお米だけでなく
加工品も無農薬で身体にいいものを色々作られています。

味噌、梅干し、柚子胡椒、ゆずのマーマレード、ブルーベリージャムなど
山都町の特産品をたくさん作られています!

山都町に若い人がどんどん減って行く中で
農業を頑張ってる人がたくさんいるので
それをもっと自分なりに宣伝していきたい!

それと、地元のおじいちゃん、おばあちゃんに
もっと元気と活力を届けられるような人になりたい!とおっしゃってました。

これからも下田さんらしく農業頑張ってください。

ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.54 梶原美耶子さん

上益城郡山都町(旧清和村)で
トマトとニンジンを育てている
梶原美耶子さんをご紹介しました。

標高600メートルの
とてものどかなところで栽培している
ニンジンは、無化学肥料、無農薬で栽培され
トマトは、減農薬で7月中旬くらいから収穫が始まるそうです。
 

3年前、ご主人が脱サラし
実家のご両親のもとで農業をしたい!と夫婦で就農。

元々は小学校の先生やピアノの先生をしていた梶原さんは、
まったくの畑違い。

4年ほど反対し、不安しかなかったそうですが
今では「清和村にきてよかった〜」「楽しい〜」「熊本市内に戻れない!」
とおっしゃってました。

農業は、自然との戦い、暑さ、寒さとの戦いで
大変なこともたくさんありますが
それ以上に、楽しいことがたくさんあるので
農業を始めてよかったとステキな笑顔で
話してくださいました。

あんなに反対していたのに
「女性は適応していくのでは?」

名言まででました。笑

結局、ご主人についてきて
大正解!!反対した4年間ごめんなさい!
とおっしゃってました!

とっても仲良しで素敵なご夫婦♪ 


最近では、農業をしながら
トマトの畑の絵を描いて
東京で行われた「日洋展」に出展したら見事に入選!!

トマトの収穫をしながら頭に描いていたものを書いたそうです。
とっても素敵な絵でした。
 

また、ピアノでは、近所の方と連弾するなど
農業を始めて色々な方との繋がりもでき、楽しみが増えているそうです。
 

今後は、トマトを加工品にして
販売できたらなとおっしゃってました。

ほんとに自然いっぱいの中、
楽しんで農業をやられてるなーと
感じました。

これからもご夫婦仲よく頑張ってください。
ありがとうございました。


 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.53 中畠友美さん

上益城郡山都町でイチゴを育てている
なかはた農園の中畠友美さんをご紹介しました。

いちごの収穫は、11月〜6月上旬まで。

今年は、去年より美味しくできてるそうです!

熊本県立大学でご主人と出会い
入学してすぐお付き合いがスタートし、そのままご結婚。

大学を卒業してそれぞれ別の仕事をしていたそうですが
結婚して2年目の頃
元々ご主人のご両親が山都町で30年くらい前から
いちごを作っていて
跡継ぎとしてご主人と一緒に農業を始めたそうです。

友美さんは、「将来は、農業がしたい!」と大学の頃から思っていたそうで
とても嬉しく喜んで農業の道に進めたといいます。

農業は、自分がやった分だけ返ってくる!というやりがいと
何でも、自分達がやりたいことに挑戦できるし
たくさん失敗もあるがそんな中で自分達を成長させてくれるのが農業!と
おっしゃってました。

農業は、何事も一つ一つ考えないと
いい物ができないので
農業を始めて何事もしっかり考える習慣がついたそうです!

なかはた農園では、毎年12月~ゴールデンウィークまで
イチゴ狩りが楽しめます☆

今年は、近くにプレハブも作り
多くの方にイチゴ狩りを楽しんでもらえたそうで
それもまた次への活力になる!とおっしゃっていました。

次は、また12月にオープン!
冬のいちごは、また違って美味しいいちごができるそうですよ~♪

いちごの加工品もたくさんあります。

グラノーラや、ジャム、スコーンなど
とってもオシャレで材料にもこだわって作られています。

これからもっといちご狩りを充実させて
山都町に来た方に楽しい時間を過ごしてもらえるよう
将来的には、レストランなどを開けたらなとおっしゃってました!

本当に農業を楽しんでされてて山都町を盛り上げたい!
という想いが伝わりました(*´꒳`*)

ありがとうございました。

 

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.52 富澤知春さん

益城町でお茶を育てている
お茶の富澤の富澤知春さんをご紹介しました!

熊本地震で
お店、自宅、茶畑に大きな被害を受けたお茶の富澤。

地震から2年経ち
もともとあった惣領から
自宅と工場がある
小谷に新店舗を建設中!

7月中旬にオープン予定です!

富澤さんは、元々美容師。
10年くらい並木坂で美容師として働いていました。

結婚を機に農業を始め9年。

自然が大好きで、農業には抵抗なく入れたという富澤さん。

やった分だけ、頑張った分だけ
返ってくるのは美容師の時と同じで
とてもやりがいがあるそう。

自分たちが育てたお茶を収穫して
大変だけど、それを飲んだお客様が喜んでくれる!
それが嬉しくてやりがいに繋がっているそうです(^-^)

農業をやって「改めてよかったなー」とおっしゃっていました。

 

今年も一番茶の収穫が終わり
収量は平年より少ないそうですが
味のりもよくとっても美味しいお茶ができてるそうです。
 

富澤さんのお茶は、
甘みと旨みがまるで出汁のように感じるおいしいお茶。

肥料、土作りにもこだわってます。

富澤さんのオススメ料理は
「お茶おむすび」

かぶせ茶のお茶っぱをつかったおむすびで
二煎目まで出してその出涸らしを絞って
ゴマ、ごま油、塩を炊きたてご飯と混ぜて作るそう。

特に葉が柔らかい新茶の時期がオススメ!

お茶の香りがふわぁーっと香るおむすびだそうです♪

↑素敵写真

7月中旬にオープンする
新しいお店でも頂けます!

カフェスペースはもちろん!
テイクアウトもでき
カウンターでは、
お茶のインストラクターの資格を持つご主人が
一杯一杯美味しいお茶を入れてくださるそうです。

 

地震で被害を受けた
地元、益城町小谷を盛り上げたい!

恩返しをできる店づくりを目指し
何十年経っても賑わいが絶えない店を作りたい!
とおっしゃってました♪

新しいお店
楽しみにしています☆

これからもご家族みなさんで
頑張ってください。 

今日は、ありがとうございました!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.51 作本美理さん

熊本市西区中原町にある
中原温室でパセリ、大葉、バジルを育てている
作本美理さんをご紹介しました。

周りにはハウスがたくさんありまして
年間を通して大葉、パセリ、バジルの収穫ができます。

パセリは、高原野菜でこれからの時期は、
南小国のハウスで育てるそうです‼︎
2013年から農業を始め
元々は、京都で経営コンサルタントの仕事をしていたそうです。

農業には、昔から興味があり
大学は、農学部に進んだそう。
「やっぱり、農業がしたい!」と熊本に帰ってきて
知り合いの紹介で中原温室でインターンシップをしたのがきっかけで
そのまま正社員に!

その後、社長の息子さん(三代目)とご結婚。

素敵な出会いですね♪

農業を始めて6年。
台風や地震で大変なこともたくさんありますが
毎日笑顔で頑張っています!と
とても笑顔が素敵な作本さん。

いい野菜ができたときがうれしい!し
直接お客さんの「美味しい!」という声も聞けて
頑張る活力になるそう!

それと、パートさん達もいい方ばかりで
みなさんで一緒に頑張っていらっしゃいます。


土作りからこだわり減農薬で作っているそう。

これからも魅力ある農業を目指して
従業員みんなと頑張っていきたいと!とおっしゃっていました。

これからも笑顔でみなさんと一緒に頑張ってください。
今日は、ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,50 竹内穂野香さん

合志市のオオヤブディリーファームで牛を育てている
竹内穂野香さんをご紹介しました。

ホルスタイン、ジャージー、ブラウンスイスという乳牛がおよそ100頭!

熊本県立菊池農業高等学校 畜産科学科を卒業し
去年の4月からオオヤブディリーファームに就職。

小さい頃から動物が大好きで
高校の3年間は牛部に所属!
それをきっかけに、牛が好きになり
将来は、
酪農の仕事をしたい!と思っていたそうです。

オオヤブデイリーファームには、
ヤギ、ウサギ、猫、いぬ、ニワトリなど
動物がたくさんいます!

毎日、大好きな動物に囲まれて仕事ができるので幸せ(^_^)
と竹内さんの笑顔がとても印象的でした♪

働きだして一年が経ち、だいぶ牛のことがわかるようになってきたそう。
でも、まだまだ全然だな。と思うことがたくさんあるそうで
これからどんどん学んで行きたい!とおっしゃっていました。

きついこともたくさんあるし、体力もいる仕事ですが
それ以上の喜びがあり、きついことも農業の魅力の1つ。と竹内さん。
命と向き合って仕事ができるというのは、
自分も成長できるし、これをもっとたくさんの人に伝えていきたい!と
おっしゃっていました。

毎朝6時から仕事開始!
朝、夕方の搾乳はもちろん毎日!
掃除も欠かしません!

これから、酪農の仕事をみなさんにもっと
自分の言葉で伝えていきたい!
そして、もっと牛を見れるように、酪農の仕事をこなせるように
頑張っていきたいとおっしゃってました。

「動物が本当に大好き!」というのが
とても伝わりました!!

これからも夢に向かって頑張ってください!!
ありがとうございました。

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,49 吉村純香さん

球磨郡多良木町で梨を育てている
吉村純香さんをご紹介しました。

現在、摘果作業中の広い梨園には、
いたるところにラジオが置いてありましてRKKラジオが流れていました♩

ありがとうございます。

こちらで作られる梨は
オリジナルブランドの「東光寺梨(とうこうじなし)」

この辺りの地名とお寺があったというのが由来だそう!

水々しくて甘くてシャキッとした食感。
完熟まで木に慣らして収穫するそうでとても美味しいそうです。

収穫は7月下旬ごろから。
美味しいのはお盆くらいだそう!

農業は、元々、お母様が始めて30年。
農家は絶対しない!と思っていたそうですが
実家に帰って手伝いをしていたときに
「吉村さんちの梨は美味しかもんねー」とお客様の声をきき
この美味しい梨がなくなるのはダメだ!と農業を始めて3年。

元々は、ケータイ販売やバスガイドをされていたそうでまったくの畑違い。
しかし、お客様の「美味しい」「毎年楽しみにしてるよ」という声を聞いて
継ぐことを決めたそうです!

農業は、どんどんやりがいがでてきてやり方1つでは魅力のある仕事。

家族、自然に囲まれてると
ゆとりがもてるし、とても楽しい。
これからもっと「東光寺梨」の名をもっと多くの方に広げて行きたい!!
とおっしゃってました!

これからも家族で力を合わせて頑張ってください!!

今日は、ありがとうございました。

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,48 坂本美鈴さん

球磨郡錦町で梨と桃を栽培している
上米良農園の坂本美鈴さんをご紹介しました。

さすがフルーツの里「錦町」

ご結婚され、名前はかわりましたが
ご実家が代々続く梨農園で坂本さんは三代目。

現在、妊娠中で63日が予定日だそう!

今は、摘果作業中。

ここで、しっかり選んで落としておかないと
大きく育たず、変な形の実が残ったりするので
1番大事な時期だそうです!

農業は、中学生の時から興味を持ち、手伝っていたそうで
県立農大学に入学し、農業を始めて14年。

最初は大変なことばかりで
一度家出をしたこともあるそう!
大阪に一年半くらい行き、まったく別の仕事をしたそうですが
その後やっぱり農業がしたい!と思い帰ってきて再開。

3年前に熊本県の農業経営塾に入り
沢山の若い農業者に出会い、刺激をもらって
その刺激を今の経営に行かせたらと頑張っていらっしゃいます♪

農業は、自分で大事に育てた作物が
お客さんに食べてもらうことがとても幸せ(^-^)と
おっしゃっていました。

現在、梨と桃の加工品を試作中!

梨のドライフルーツ!
梨をそのまま乾燥されてます。
とっても甘くて
美味しかったです☆

桃は、コンポートを試作中だそう。
加工品の商品化も楽しみにしてます☆

今、家族3人で家族経営をしてるそうですが
今後は、従業員を入れて、長く農園を続けていけるように頑張りたい!
とおっしゃっていました。

これからも頑張ってください!
そして、元気な赤ちゃんを産んでください。

今日は、ありがとうございました!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,47 吉井由香さん

菊池市泗水町で酪農・シリカファームを営む
吉井由香さんをご紹介しました。

農業を始めて13年。
代々続く農家で、由香さんは、3代目。

酪農は小さい頃から両親の働く姿を見ていたそうですが
継ぎたい!と思ったことはなかったそうです。

ただ、嫌いでもなかったし、
やってみると
休みがなくても苦にならないし
この仕事を選んで間違ってなかった!と吉井さん。

性格的にあってるとおっしゃっていました。

高校の進路を決める時に
三姉妹だった吉井さんは、何かきっかけがあったわけでもなく
自分が継がなければ!と思ったそうです。
高校卒業後、北海道の酪農学園大学の短大に行き今に至ります。

牧場は、とてもキレイで独特の牛舎の匂いがなくとても快適‼︎

牛さんものんびり~♪

キレイな環境で育ち
さらに、シリカという鉱物を粉末にした物を餌に混ぜたり
水をシリカで浄化して飲ませたりして
牛の体内もキレイで美味しい牛乳が作れるそう。

シリカファームでは、その美味しいミルクを使って様々な製品が作られています。

夢ミルクという100パーセントの牛乳や、
カフェオレ、ヨーグルト、アイス、ソフトクリームなど。


この日は、牛乳とソフトクリームを頂きました。

 

濃厚!!!でも後味サッパリ!!!
とっても美味しかったです。

この車で、泗水町を中心に色んなところで販売されてます。

 

酪農の現場は、まだご両親が主にされていて
吉井さんは、朝5時前から搾乳し、その後工場で
牛乳などの製品を作り、夕方5時頃から搾乳という1日。

牛の世話もしつつ、色んな製品を作られてます。

自分達の牛乳でお客様に、喜んでもらえるというのは
他では経験できない!

だから頑張って続けていく!
代々続く酪農を続けていくことが恩返しだと思う。と吉井さん。

これから、もっとたくさんの方に、
1番は、地元泗水町のみなさんに「夢ミルク」のことを知ってもらい、
地元に愛される、会社、牛乳、製品でありたい。とおっしゃってました。

これからも家族みんなで美味しい牛乳作ってください。
ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.46 遠山智美さん

益城町でベビーリーフを育てている
みっちゃん工房の遠山智美さんをご紹介しました。

みっちゃん工房は
3姉妹で営んでいらっしゃいます。

長女の、遠山智美さん
次女で、社長の光永カオリさん
三女の、冨田美貴子さん

三姉妹でそれぞれの役割をしっかりこなし
仲良く頑張っていらっしゃいます‼︎

みっちゃん工房の「みっちゃん」は、
光永3姉妹で、全員のあだ名から付けたそう。

ベビーリーフとは、葉物野菜の新芽!
赤ちゃんのこと。
水菜、レタス、ルッコラなど
赤ちゃん葉っぱの柔らかい部分をベビーリーフというそうです。

毎日、朝と夕方のベリーリーフが1番いい常態の時に
収穫されてるそう!


とってもやわらかくて、美味しいんです!!

元々、ご両親がスイカ農家。
このまま続けていくのは、重労働で大変だということで
「ベビーリーフ」に切り替え
そこで、お父様が次女のカオリさんを誘い
後継ぎとなったそうです。

その後、規模拡大のため
3姉妹みんな大集合!

お父様以外は、全員女性スタッフ。
みなさんとても仲が良く楽しくお仕事されてました。

ベビーリーフのこだわりは、
一番搾り!的な
一つの芽から一回しか収穫をしない事!

阿蘇の伏流水を使用!

野菜の配合にもこだわり
小さい子からご年配の方まで歯ざわり良くいただけるという配合!

生で食べるのはもちろん
熱を加えるとより食べやすくなるそう!

オススメは、ピザにのせたり、茹でたパスタにサッといれたり、
カップラーメンにトッピングしたり食べ方は様々。

サイズも使いやすいサイズ。

これから、もっとたくさんの方に商品が広がって
規模拡大をしたい!!

さらに、もっとスタッフが働きやすいように託児所や食堂を作る!

みんなが集えるような場所を提供したい!

とおっしゃってました!

女性ならではの視点で色んな角度からみんなで頑張っていらっしゃいます。

1人1人がキラキラしているみっちゃん工房でした♪
ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。