NO,68 小野和子さん

阿蘇市内牧でバラを育てている
小野和子さんを紹介しました。

ハウスでは、毎日
RKKラジオが1日中流れているそうです♩
ありがとうございます。

こちらでは、水耕栽培と土耕栽培でバラを
およそ15品種ほど育てていらっしゃいます!

ハウス栽培なので年中収穫されるそうで
冬は、内牧温泉の熱を利用して栽培をしているそう。
さすが内牧!!

一昨年、バラ農家2代目であるご主人と結婚して
阿蘇に来てしばらくは管理栄養士として老人ホームで働いてたそうです。

しかし、いずれかは、家族みんなと一緒にバラを育てたい!
という思いがあり、今年の4月頃から本格的に農業をスタート!!

今までお花に深く関わることがなかったそうですが
農業を始めたのをきっかけに
フラワーアレンジメントを習い始めたそうで
自分達でバラを育てて
それをアレンジして
プレゼントしたり、販売するということ、
それがみなさんに喜んでもらえるというのが
今感じる農業の魅力!とおっしゃっていました。

現在、少しずつ道の駅 阿蘇に
フラワーアレンジメントや花束を出してるそうで、
今までは、栽培して、市場に出すだけでしたが
これからは、実際にお花を購入される方の顔を見て
直接作ったお花を渡すことができたらな!とおっしゃっていました。

これから、もっともっと上手になって規模拡大!
さらに、新婚旅行でいったハワイに
もう一度、お金を貯めて一緒にいくことが目標だそうです♪

これからも、ご主人、そしてご家族と一緒に頑張って下さい!!

最後に小野さんが作った
ステキな花束いただきました★

ありがとうございました(*´꒳`*)


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,67 川上一歩さん

今日は、熊本市西区と、玉名市でレンコンを作っている
川上一歩さんを紹介しました。

8月〜12月が玉名で、それ以外は熊本市西区にあるレンコン畑で
収穫が行われています。

ほぼほぼ年中レンコンの収穫が行われて
1日平均で2トン前後収穫しているそう!

選果場にはたくさんのスタッフの方々が
頑張っていらっしゃいました!

チームカワカミのみなさん。

こだわりは、土作りと水!
地下水でレンコンを育てていらっしゃいます!

シャキッとした食感に
甘みのあるレンコンが特徴だそう。
元々美容師だった一歩 さん。

レンコン農家の三代目だったご主人と結婚を気に
農業を始め10年。

『一緒に農業を、やってほしい!』
というご主人を信じて、今までガムシャラに走り抜けてきたそうです。

最初は、大変なことばかりだったそうですが
農業に対してとても熱く尊敬できるご主人がいたからここまでこれたと一歩 さん。

今が1番楽しいし、1番幸せとおっしゃってました!

お子さんは、女の子4人(*´꒳`*)
お子さんと同じようにレンコンも大事に育てていらっしゃいます。

きれいな蓮の花が咲く時期の写真も頂きました。

《オススメのレンコン料理》
6月から収穫がスタートするレンコンは
若くてみずみずしいのでさっと茹でてサラダに!

これからの時期のレンコンは、
輪切りにして焼くレンコンステーキ!
焼肉こタレや麺つゆを少し使うと
おかずにもなるし、おつまみにもなるそう!

今後は、とにかく
カワカミのレンコンをもっとたくさんの人に知ってもらい食べてほしい!
とおっしゃってました。

これからも
ご主人、そしてスタッフのみなさんと
美味しいレンコン作ってください!

ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,66 宗恵利名さん

玉名郡玉東町で温州みかんを育てている
宗自然農園の宗恵利名さんを紹介しました。


お話を伺ったのは、玉東町にある「年の神水源」
とっても冷たくて、涼しかったです。
恵利名さんのオススメの場所だそう♪


元々、福岡市内で歯医者さんの医療事務をしていた恵利名さん。

ご主人が農業を、自然豊かな場所でやりたい!
ということで、色々なご縁があり
4年前、福岡から熊本に移住し
夫婦2人で農業をされています。

農業をやればやるほど
ご主人の熱い思いが伝わり
それに共感する部分がとても大きいそうで
今では農業をやってよかった!と恵利名さん。
温州みかんは、現在、摘果作業中。

摘果したみかんは、スダチのような感じで
お魚に絞ったり、お酒に入れたりと使いがって抜群!

10月から本格的に収穫が始まるそう。

宗さん夫婦がつくる温州みかんは
「金のみかん」という名前がついています。

みかん畑が2箇所あり、1つは、金峰山にあること!
それと、有明海の夕日でみかんが黄金色に光って見えたことから
「金のみかん」とついたそう!

こだわりは、自然栽培!
無農薬、無肥料で作られています。

自然と人間に優しい栽培にこだわって作られています。
農業を通じて地球の循環をあるべき姿に戻したい!
という目標があり、それが一生の課題とやりがい、バネとなり
今、頑張れているそうです。

オーガニックで作るのはとても手間とリスクもあるが
地球の未来を考えて、環境に配慮したお仕事をしていきたい!
そして、それをどんどん次の世代に繋げていきたい!とおっしゃっていました。


みかんは、そのまま食べるのはもちろん!
無農薬なので皮ごと食べられます!
皮ごとたべるときんかんのような味わいだそう。

また、発酵シロップもオススメ!
瓶に、てんさい糖や、きび糖、4つ切りにしたみかんを
ミルフィーユ状に重ねて入れて
2週間ほど空気を入れつつ混ぜると完成!

お酒に入れたり、炭酸で割ったり
オススメだそうです(*´꒳`*)

今後は、無農薬でキウイやサツマイモも育てていきたい!とおっしゃってました。
楽しみにしています♪

これからも夫婦仲良く頑張ってください!

今日は、ありがとうございました。

会ってビックリ!!!
初めてお会いしたのにまさかのリンクコーデ!笑

会ってすぐ爆笑でした!!!!!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,65 杉本夏奈江さん

河内町芳野で、みかん、梨、タケノコを作っている
杉果園の杉本夏奈江さんを紹介しました。

河内町といえばみかん!


みかん畑が広がり、景色も最高です(*≧∀≦*)

今は、梨の収穫をしながら
みかんの摘果をしているそう。

今の時期は、豊水という品種の梨を収穫中。

甘くて、みずみずしくて美味しい!
これから色んな品種の梨の収穫が行なわれ
9月からは、みかんの収穫もスタートするそう。

杉本さんは、元々埼玉県のご出身。
保育士で幼稚園の先生をしていたそうで
その時に、ご主人と出会いご結婚。


お顔がそっくり!!
素敵夫婦です♪

代々続く農家だったご主人のご実家である河内町に一緒に戻り
3人目のお子さんが生まれたあと、本格的に農業を始めて14年。

元々体を動かすのが好きだったということもあり
農業をすることにそこまで抵抗はなかったそうです。

始めた頃は、筋肉痛になったりしてたそうですが
今ではだいぶ慣れて、おやつを持って畑に行って
みんなで楽しみながら農業をしているそう!

美味しい」というみなさんの言葉がとても嬉しく、また頑張れる!
とおっしゃっていました。
 

加工品も作られてます。

みかんや梨のドライフルーツや飲むゼリーなど
今は、予約注文で作られています。


今後は、「
農業をしたい!」という方のお手伝いをして
農業が誰でもできる環境を作りたい!
そして、耕作放棄地をお花畑にしたい!
という夢を語っていただきました。

本当に農業が好きで
農業をすればするほどやりたいことがみつかり
それに向かって楽しみながら頑張っていらっしゃるなぁと思いました。

これからも1つ1つ目標に向かって
頑張ってください!! 

今日は、お忙しい中ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.64 山並洋子さん

天草市倉岳町で黒毛和牛の繁殖をしている
山並ファームの山並洋子さんを紹介しました。

牛は、親が130頭ほど。
子牛は、変動はあるそうですが80〜90頭ほど。

多いときは1日に4頭産まれたこともあるそう。

可愛い~♪
山並さんが近づくと子牛たちが集まってきます。

山並さんは、熊本県立農業高等学校でご主人と出会い
その後、熊本県立農業大学校を卒業。
1年の研修を経て、ご結婚。

13年ほど前から一緒に頑張っていらっしゃいます!

ご主人のご実家は、元々、葉タバコの専業農家で
その傍で黒毛和牛が何頭か飼っていて
その後、徐々に黒毛和牛の繁殖に移行しようと
山並さんが就農した当初は、18頭だったそうですが
家族みんなで増やしてきて今に至るそうです。

「毎日、必死!」
天気や分娩にと忙しく大変なこともたくさんあるそうですが、
手をかけた分、牛が答えてくれるので
その結果みなさんに喜んでもらえるので頑張れるそう!

お子さんもお手伝いをしてくれたり、
毎朝「お母さん頑張ってね!」と言ってくれるそうで
その言葉がまた頑張れる活力!とおっしゃってました。
お子さんの将来もたのしみですね♩

牛は繊細なので、自分の子供以上に気を遣って
ストレスをかけないようにリラックスした状態でいられるような環境作りを
心がけているそうです。

これからどんどん牛を増やして
増頭200頭を目標に頑張っていきたい!と
おっしゃってました!
これからも家族みんな仲良く頑張ってください。

今日は、お忙しい中ありがとうございました。

牛舎には、ねこちゃんがたくさんいました♪


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,63  後藤孝美さん

山都町旧矢部町でお茶と牛とお米を育てている
後藤孝美さんをご紹介しました。

明日、8月15日はお誕生日だそうです♪
おめでとうございます!!!

赤牛と黒牛の繁殖で親牛が16頭。


そして、なんといっても広ーい茶畑!

5月・6月は、毎日
雨が降る以外は
茶畑へ!
日茶畑だけで100キロ以上移動することもあるそう!

今年も美味しいお茶ができています♪


とっても飲みやすくとっても美味しかったです☆

5月、6月は、茶摘みと同時に田植えも同時進行!

本当に大忙しです。


後藤さんは、大学で農学部に行って
畜産を専攻し学び
卒業後
JAECという海外農業研修で1年半アメリカで研修をし
農家である
実家に帰ってきて農業を始めて2年。
現在は、家族で営んでいらっしゃいます。

JAECは、ヨーロッパやアメリカなど海外へ農業研修に行ける制度で
それを利用してアメリカで研修をされたそうです。

後藤さんは、アメリカならではの経営など学ぶことが多く
とても
刺激を受けたそう!

現在、海外農業研修者を募集しているそうです。
募集期間は、8月いっぱい。
気になる方は、是非。
後藤さんは、先輩OGとして説明会にいって講話など行なっています。


農業は、自然災害で大変なこともたくさんあるが
自然の中で仕事をしてることで
生きてる実感、そして、生活していく上での大切な事を身近に感じ、
色々学べることが魅力の一つ。

農業ももちろん好きで
田舎での生活、この暮らし方が好き。
お勤めとかは考えられない!とおっしゃってました。


家族で農業をしていく中で
これからもっと協力して、販路拡大!農場を大きくすることが目標の1つ。

さらに!地域の農業を支えていきたい!
後藤さんは、「山都町棚田復興プロジェクト」という
ボランティアの事務局をしているそうで
熊本地震の後に立ち上げた任意団体。

最初は、棚田の崩れているところに土を戻したり
用水路を綺麗にしたりと活動を行なってきたそうですが
現在は、
用水路には、定期的な管理が必要で
そこにボランティアさんを呼んで
地域の農家さんと一緒に作業してもらい
棚田や、地域の農業ファンになってもらいたい!と頑張っていらっしゃいます!


本当に農業が好きなんだな〜と感じました。
これからもどんどん農業の魅力、山都町の魅力を伝えていってください!

今日は、ありがとうございました。

やぎさんもいためぇ~

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,62 奈須弥世さん

上益城郡山都町(旧蘇陽町)でキャベツ、原木しいたけ、お米を育てている
那須弥世さんをご紹介しました!

育てているのは、夏秋(かしゅう)キャベツ。

6月から11月までが収穫。
毎日、朝4時から収穫しているそうです!

10年前、結婚を機に
元々農家だった弥世さんの実家で
2人一緒に農業を始めたそうです。

結婚して「2日後」に、大型特殊の免許を一緒に取りに行き、農業をスタート!

元々地元が同じで小学校が一緒だというお2人。
3つ上のご主人が社会人で、弥世さんが高校生の時に
地元のお祭りで再会し、10年前にご結婚。

素敵ですね〜♪
とっても仲良し夫婦です(^^)
夫婦一緒の仕事をしてるので同じ目標に向けてがんばれるのは、農業のいいところ。
と耶世さん。

子供と同じで、手をかけた分それに野菜が答えてくれて、
とても嬉しく、出荷したくないくらい可愛い。
そのくらい、愛情込めて作っている!とおっしゃってました。
これからも、毎年、切れ目なく、安定した収穫を続けられるように
草取りなど、日頃の手入れをがんばっていきたい!とおっしゃっていました。

将来的には家を建てる!
「キャベツ御殿」楽しみにしています。

今日は、お忙しい中ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.61 二宮ひとみさん

上益城郡山都町(旧蘇陽町)で
トマト、ピーマン、しいたけ、お米を作っている
二宮ひとみさんを紹介しました。


お隣は、息子さんの風太くん(小学三年生)

今は、トマトとピーマンの収穫をしていて
10月頃まで続くそうです。

農業を始めて7年。
ご主人が地元に帰って農業をしたい!と
地元の山都町に一緒に帰り農業を始めたそうです。

最初は、不安しかなかったそうですが
今は、居心地がよく、時間もゆっくり流れるので
蘇陽町の方がいい!大好き!とおっしゃってました。

とってものどかで涼しかったです♪

自分が育てた野菜が大きく育って行くのを見るのが楽しみだそう!

お子さんは5人。
農業を始めて、子供の行事にいけるようになったし、
夫婦で相談もできるし、子育てには農業が一番!とおっしゃってました。

ご主人と、毎日一緒にいるのが当たり前で
いないと不安だそうで、農業を始めて
ご主人の存在の大きさを改めて感じたそうです。

今後は、「農業だけでは終わりたくない!」
夢は、夏は農業をして、冬は移動販売をすること。
2人で作った野菜を使って、スープやチップスなどの料理を作り
移動販売でいろんなところをまわりたい!とおっしゃってました。

どんどん夢が膨らみますね☆
楽しみにしています(*´꒳`*)
今日は、ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.60 今村絵里さん

上益城郡山都町(旧蘇陽町)で
大玉のトマトとにんじんを有機栽培で育てている
今村絵里さんをご紹介しました。

現在、大玉トマトの収穫中。

10月いっぱいまで収穫できるかなーとおっしゃってました!


とっても美味しかったです!

7年前、結婚を機にご主人の地元である蘇陽町で農業を始めた今村さん。
出身は、天草の牛深だそう!!

ご主人が、農業をするならこだわって野菜を作りたい!と
有機栽培を始めたそうで
無化学肥料、無農薬でトマトやにんじんを作られています。

有機栽培は、土作りがとても大事で
今村さんは、熊本県内で出る馬糞や、しいたけ工事からでる副産物を使って
土作りをされているそうです。

野菜そのものを健康に育てて
害虫を寄せ付けないという作り方、さらに、土壌分析も行いながら
ご夫婦で頑張っていらっしゃいます!
農業は、大変だけど
その大変なこと、苦労したことを
農業仲間と話し合ったり、語ったりすることがとても楽しくて、
また頑張る活力になっているそうです。
後々、お子さんにも語っていきたい!とおっしゃってました。

家族仲良しショット☆
お子さんの「はるまくん」
現在6カ月!!

ムチムチしてて可愛いーーー(*´꒳`*)

子育てしながら農業を頑張っていらっしゃいます!
農業の魅力は、目に見えて成果が見えるところ。
そして、有機栽培で自信を持って家族やみなさんに届けられ、
自分達が作った野菜が美味しいと言われるところだそうです。

これからも安定的に出荷できるようになって
将来、トマト御殿を建てれるように頑張っていきたい!とおっしゃってました!

これからもご夫婦仲良く頑張ってください。

今日は、ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,59 岸千恵さん

上益城郡山都町(旧矢部町)で有機栽培で
人参やかぶ、ピーマンを育てている
岸千恵さんをご紹介しました!

 

場所は、大矢野原という地区で360度見渡しても緑と青空!
パノラマビューのようなとてもステキな場所で
標高は、500〜600メートルの間くらい。
空がとても近い環境で有機栽培をしています。


風がとても強く野菜の栽培には向かない環境と言われてましたが
背丈の低い人参やカブとか研究しながら作られてます。

現在は、太陽熱養生という段階を経て人参を栽培中。

太陽の力を使って土をフカフカにしたり草を生やさないようにしたり
そういった方法を使って土作りをしていらっしゃいます。

関東から移住してきた岸さん。

きっかけは東日本大震災。
物を買うだけの生活から自分が生み出す方になりたい!と
仲間と2011
年に移住して
山都町で農業を始めて5年目。 

野菜を作るなら有機栽培をしたい!と
インターネットで調べたら
熊本が農業生産地でとてもよく
さらに30年以上前から山都町には有機生産者が多くいらっしゃるそうで
適してる土地ということで、
それだけを頼りに移住。

従来の有機栽培もお手本にしながら
科学的有機栽培というやり方を学ぶため
勉強会に参加しながら頑張っていらっしゃいます。

「科学的有機栽培」
「土壌分析」を行い、土のミネラルがどのくらいあるのかを分析して
パソコンで何をどれくらい肥料をあげるのかなど…

「科学的有機栽培」の勉強をしてたらおもしろくて、
農業にどんどんのめり込んだそう。


元々、音楽活動をしていた岸さん。
一緒に移住してきたメンバーもその音楽でずっと一緒のメンバー。

現在も、音楽活動もしながらメンバー3人で
農業を頑張っていらっしゃいます。

現在も、音楽活動も続けてまして
岸さんは、アコーディオン担当。

お祭りやマルシェなどで披露されてます!
他にも、岸さんは、イラストやロゴデザインの仕事もされています。


農業の魅力は、頑張った分
自分に返ってくること!

自分の身体そのものに返ってくることがすごく大きいそうで
農業を始めて健康になった!とおっしゃってました。

さらに、野菜を食べたお客さんの反応も直接聞けて
それがすごく嬉しくて
作ってるものが喜ばれるということがとても嬉しいそう!

農業は繋がりや、関わる人、食を中心に集まる人が多く
農業をしていてすごく広がり、出会いも多いそうです。

これからも、さらに色んな人が関わってくれたり、
山都町に訪れて、たくさんの人の行き交う場所になって
いってほしいとおっしゃってました!

色んな勉強や研究をしながら
これからも
山都町を盛り上げてください!

今日は、ありがとうございました!


 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。