月別アーカイブ: 2018年1月

NO.35 松本佳子さん・朋子さん

宇城市不知火町で
黒毛和種の一環経営をしている
松本佳子さん・朋子さんをご紹介しました。

とっても仲良し姉妹で経営してます。

黒毛和種

大きい!!
100頭ほどいるそう。  

種付け~繁殖~出荷までを行う一環経営。

お姉さんは15年目。
保育、肥育担当

妹さん10年目。
繁殖、種付け担当

お父様がやっていて3年前に倒れてから
2人で頑張っていらっしゃいます!

2人とも熊本県立農業大学に入り
お父様の背中を見て、何もかも全て教わって
身につけたそう。

でも、まだまだ越えられない。。
まだまだ頑張らなくては!とお2人。

「大変!だけど、楽しい!」
自分がやった分ちゃんと返ってくる!と
同じやりがいを感じてるようでした。

仕事のパートナーはお互い。
2人で1人!1人かけたらダメ!と強い絆がありました!

この先結婚しても牛の近くにいたい!
牛は、
空気のような存在!
牛がないと体がおかしくなる!と
お2人とも口をそろえておっしゃっていました。

非農家の方でも
最初の一歩は大変だけど
周りには、色んな農家さんがいるので
助けてくれるのでどんどん農家をやってほしい!
農家の女友達を作りたい!
とおっしゃってました!

とっても元気なお2人でした☆

これからも2
人で助け合って
頑張ってください!
ありがとうございました。

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.34 眞弓恵理子さん

菊陽町でにんじんとお米を生産している
まゆみ農園の眞弓恵理子さんをご紹介しました。


にんじん絶賛収穫中!
  

 1日7トンから14トン収穫。

11月中旬頃から7月頭頃まで収穫されるそうです。

品種も様々で
エマ、クリスティーヌ、カトリーヌ、アヤベニなど
柔らかいにんじんを作られています!
季節によって品種も変わるそう!



にんじんが苦手だなって方にも
生で食べられるほど美味しいにんじん!

にんじんは、生でスティックにして
そのまま食べるのがオススメですが
他にも、にんじんコロッケや
水の代わりににんじんジュースを入れて炊く
にんじん炊き込みご飯がオススメだそう。
ツナや舞茸を入れて炊くとさらに美味しいそうです。  

元々、保育士だった眞弓さん。
5年前まゆみ農園を経営をしていた
お祖母様が亡くなり
保育士の仕事を辞め、まゆみ農園の仕事を手伝うようになったそうです。

エプロンは保育士の時に使っていたもの。

28年の11月から株式会社にして代表取締役に!!
面接や、経理も行うキャリアウーマンです。

最初は農家はしない!と思っていたが
にんじんを種から育てて、成長して出荷されて行くのが
子供を育ててるのととても似ていて
そこから農業にのめり込んでいったそうです。

にんじんを食べた方に
美味しかったよーと言われるのが一番!

そして、農家・オブ・ザ・イヤーという
全国から1000件以上の農家さんが選ばれてそこから日本一を獲得!
しかも、今回で二冠達成!
最高金賞をいただき、
殿堂入りを果たしたそうです!!

さらに、農業コンクールでは、3つの賞を頂いたそうです。

自分のやりがいがみんなに認められてることがとても嬉しい。と眞弓さん。 

これからは、さらに作付面積を拡大し収量も増やす!
また、病児保育可能な保育園を設立し、子育て世代に優しい、働きやすい環境を作り
雇用促進をしていきたい!と
おっしゃっていました。
 

保育士をしていたからこその視点で
それを農業に活かして頑張っていらっしゃいます。

これからも頑張ってください!
ありがとうございました(о´∀`о)


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.33 中村恵子さん

御船町でキャベツ、白菜を育てている
中村恵子さんをご紹介しました。

 

現在、絶賛収穫中です!

なんと、
1歳になるお子さんをおぶりながら収穫してらっしゃいました!

とってもおりこうさん♪

農業をしていたご主人との結婚を機に農業を始めて、10年。

元々、熊本県立農業大学が一緒の同級生だそうで
卒業してお付き合いがスタート!

デートは、ほとんど畑だったそう。
収穫や種まきをしながらその作業の合間にお話などをするという
デートで1年も経たずにご結婚。

小さく始めた農業も、
お子さんが生まれどんどん拡大し
大変だけど、自分で1から育てて収穫できた時の喜び、
そして、ご主人と一緒にできることも
農業の魅力!とおっしゃっていました。 

地震も経験し、田んぼが沈んだり、作物がうまく育たなかったり、、
ありましたが夫婦で乗り越え一緒に頑張って今がある! 

これからも2人でがまだします!と力強くおっしゃってました。

収穫真っ最中のお忙しい中
ありがとうございました。

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.32 野口和代さん

御船町でお茶を育てている
お茶の野口 野口和代さんをご紹介しました。

お茶は、5月が最盛期!

今は、畑の手入れなど、やることは山のようにあるので
1年中休みはないそうです。

お茶を販売している店舗でお話を伺いました。

県内はもちろん!
県外からもお客様がたくさんいらっしゃるそうです! 

そこで発見したのがコチラ↓

なんと!!!
ご主人は、日本茶インストラクター!!

難しい試験に見事合格し、おいしいお茶の入れ方や魅力など
お客様に熱く伝えていらっしゃいます。

お二人の出会いは、高校。
熊本農業高校の同級生。
高校からのお付き合いで結婚を機に農業をスタート!

主人に捕獲され、、捕まり、、結婚。
和代さん。

今年で結婚10周年ヽ(´▽`)/
おめでとうございます☆


農業は、休みはなく大変!!
でも、それ以上にやりがいがある!

頑張った分だけ畑が答えてくれるので
愛情をもって育てている。
そしたら美味しいお茶ができる!と
代々続くお茶農家の味を伝えていらっしゃいます。

『やっぱ、あたげのお茶じゃなきゃいかんばい!』と
お客さんに言われ、わざわざ買いにきてもらうのがすごく嬉しいそう。

今、お茶は、ペットボトルで飲めるし
わざわざ急須を持ってる家庭も少なくなってきてる、、
その中で、もっと若い方にも
お茶を飲んでもらえるように
おいしいお茶の飲み方を教えていくことが使命!とおっしゃってました。
 

夢は、茶畑の中にカフェを作ること。
美味しいお茶飲んでもらって
お茶の美味しい入れ方教えて、茶摘み体験などなど
若い方にたくさん飲んでもらえるような
お茶づくしのカフェをつくりたい!
とおっしゃっていました。

 
カフェ楽しみにしています♪
これからも、ご家族なかよくみんなで頑張ってください。

ありがとうございました。
 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,31 米田恵理香さん

阿蘇郡西原村でにんじんと大根を育てている
米田農園の米田恵理香さんをご紹介しました。

現在、収穫真っ只中!!最盛期だそうです!

収穫して、洗って、箱づめ。
パートさんと一緒に和気あいあいと頑張っていらっしゃいました。



畑が全部で100以上!!
どこの畑が自分のとこかわからないくらいあるそう!!
すごいですね~!!

米田農園2代目だというご主人と結婚し
農業を始めて9年

元々ジュエリー関係のお仕事をしていて
まったく畑違いのお仕事に大変な事ばかりで
今も、もちろん大変ですが、
最近やっと少しずつ慣れてきたそうです。

たまに、近所の奥様たちと集まって、
ご飯食べたり、お話したりしてストレスを発散して
周りの方に助けられながら、お母さんに教えてもらいながら
頑張っていらっしゃいます!

毎日、長靴はいて頑張ってます!と
ポーズを決めてくれました♪

4月から代がかわりほとんど自分達でしなければいけないことばかりで
大変なことも多いそうですが
子さんが3人。
これからもっともっと頑張らなきゃなと思います!
そして、米田農園で働く従業員の方、もちろん家族、米田農園に関わる人たちが
みんな幸せになれることを目標に頑張っていきたい!とおっしゃってました!

今日は、お忙しい中ありがとうございました。

これからも頑張ってください!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。