NO.53 中畠友美さん

上益城郡山都町でイチゴを育てている
なかはた農園の中畠友美さんをご紹介しました。

いちごの収穫は、11月〜6月上旬まで。

今年は、去年より美味しくできてるそうです!

熊本県立大学でご主人と出会い
入学してすぐお付き合いがスタートし、そのままご結婚。

大学を卒業してそれぞれ別の仕事をしていたそうですが
結婚して2年目の頃
元々ご主人のご両親が山都町で30年くらい前から
いちごを作っていて
跡継ぎとしてご主人と一緒に農業を始めたそうです。

友美さんは、「将来は、農業がしたい!」と大学の頃から思っていたそうで
とても嬉しく喜んで農業の道に進めたといいます。

農業は、自分がやった分だけ返ってくる!というやりがいと
何でも、自分達がやりたいことに挑戦できるし
たくさん失敗もあるがそんな中で自分達を成長させてくれるのが農業!と
おっしゃってました。

農業は、何事も一つ一つ考えないと
いい物ができないので
農業を始めて何事もしっかり考える習慣がついたそうです!

なかはた農園では、毎年12月~ゴールデンウィークまで
イチゴ狩りが楽しめます☆

今年は、近くにプレハブも作り
多くの方にイチゴ狩りを楽しんでもらえたそうで
それもまた次への活力になる!とおっしゃっていました。

次は、また12月にオープン!
冬のいちごは、また違って美味しいいちごができるそうですよ~♪

いちごの加工品もたくさんあります。

グラノーラや、ジャム、スコーンなど
とってもオシャレで材料にもこだわって作られています。

これからもっといちご狩りを充実させて
山都町に来た方に楽しい時間を過ごしてもらえるよう
将来的には、レストランなどを開けたらなとおっしゃってました!

本当に農業を楽しんでされてて山都町を盛り上げたい!
という想いが伝わりました(*´꒳`*)

ありがとうございました。

 

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。