月別アーカイブ: 2018年9月

NO,69  宮川三木さん

宇城市三角町戸ばせでランの花を育てている
宮川洋蘭の宮川三木さんをご紹介しました。

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」
ハウスにいたら幸せがたくさん飛んできました!笑

蘭の種類は、300種類以上!

ランの種類によって
暖かい部屋、涼しい部屋分けて育てていらっしゃいます!

農業は、結婚を機に始めて11年目。
ご主人は、花農家三代目で
お付き合いから結婚までたくさんのランの花束をもらったそうです♪

農業を始めて、
ランは、胡蝶蘭以外にもたくさん種類があることを知り
それを、もっとたくさんの方にも知ってもらいたい!
広めていきたい!とおっしゃっていました。

ランを買っていただいた方に「ありがとう!」という
感謝の言葉をたくさんもらうそうで
それでまた、頑張る活力になっているそう。

お花に囲まれながら
その成長を楽しみながら
農業は、すごくやりがいを感じる!とおっしゃっていました。
ランをもっと身近に感じてもらおうと
生花だけでなくお花の加工品も作られてます。

ここで咲いたお花を乾燥してボトルの中に入れてアレンジして長く楽しめる
「ボトルフラワー」です。

お見舞いや、お仏壇にとてもオススメだそうです。

また、胡蝶蘭も大きいものだけでなく
コンパクトでリビングに飾れるようなのもあります!

ネット販売もされてますのでチェックしてみてください♪
水木さんの旧姓「森水木」さんの名前そのまま!

「森水木のラン屋さん」と検索。

たくさんのランに囲まれて
気分はウキ(宇城)、ウキ(宇城)、ラン(蘭)ラン(蘭)♩

これからも素敵なお花を作って
どんどんたくさんの方に広めていってください。

ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,68 小野和子さん

阿蘇市内牧でバラを育てている
小野和子さんを紹介しました。

ハウスでは、毎日
RKKラジオが1日中流れているそうです♩
ありがとうございます。

こちらでは、水耕栽培と土耕栽培でバラを
およそ15品種ほど育てていらっしゃいます!

ハウス栽培なので年中収穫されるそうで
冬は、内牧温泉の熱を利用して栽培をしているそう。
さすが内牧!!

一昨年、バラ農家2代目であるご主人と結婚して
阿蘇に来てしばらくは管理栄養士として老人ホームで働いてたそうです。

しかし、いずれかは、家族みんなと一緒にバラを育てたい!
という思いがあり、今年の4月頃から本格的に農業をスタート!!

今までお花に深く関わることがなかったそうですが
農業を始めたのをきっかけに
フラワーアレンジメントを習い始めたそうで
自分達でバラを育てて
それをアレンジして
プレゼントしたり、販売するということ、
それがみなさんに喜んでもらえるというのが
今感じる農業の魅力!とおっしゃっていました。

現在、少しずつ道の駅 阿蘇に
フラワーアレンジメントや花束を出してるそうで、
今までは、栽培して、市場に出すだけでしたが
これからは、実際にお花を購入される方の顔を見て
直接作ったお花を渡すことができたらな!とおっしゃっていました。

これから、もっともっと上手になって規模拡大!
さらに、新婚旅行でいったハワイに
もう一度、お金を貯めて一緒にいくことが目標だそうです♪

これからも、ご主人、そしてご家族と一緒に頑張って下さい!!

最後に小野さんが作った
ステキな花束いただきました★

ありがとうございました(*´꒳`*)


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,67 川上一歩さん

今日は、熊本市西区と、玉名市でレンコンを作っている
川上一歩さんを紹介しました。

8月〜12月が玉名で、それ以外は熊本市西区にあるレンコン畑で
収穫が行われています。

ほぼほぼ年中レンコンの収穫が行われて
1日平均で2トン前後収穫しているそう!

選果場にはたくさんのスタッフの方々が
頑張っていらっしゃいました!

チームカワカミのみなさん。

こだわりは、土作りと水!
地下水でレンコンを育てていらっしゃいます!

シャキッとした食感に
甘みのあるレンコンが特徴だそう。
元々美容師だった一歩 さん。

レンコン農家の三代目だったご主人と結婚を気に
農業を始め10年。

『一緒に農業を、やってほしい!』
というご主人を信じて、今までガムシャラに走り抜けてきたそうです。

最初は、大変なことばかりだったそうですが
農業に対してとても熱く尊敬できるご主人がいたからここまでこれたと一歩 さん。

今が1番楽しいし、1番幸せとおっしゃってました!

お子さんは、女の子4人(*´꒳`*)
お子さんと同じようにレンコンも大事に育てていらっしゃいます。

きれいな蓮の花が咲く時期の写真も頂きました。

《オススメのレンコン料理》
6月から収穫がスタートするレンコンは
若くてみずみずしいのでさっと茹でてサラダに!

これからの時期のレンコンは、
輪切りにして焼くレンコンステーキ!
焼肉こタレや麺つゆを少し使うと
おかずにもなるし、おつまみにもなるそう!

今後は、とにかく
カワカミのレンコンをもっとたくさんの人に知ってもらい食べてほしい!
とおっしゃってました。

これからも
ご主人、そしてスタッフのみなさんと
美味しいレンコン作ってください!

ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,66 宗恵利名さん

玉名郡玉東町で温州みかんを育てている
宗自然農園の宗恵利名さんを紹介しました。


お話を伺ったのは、玉東町にある「年の神水源」
とっても冷たくて、涼しかったです。
恵利名さんのオススメの場所だそう♪


元々、福岡市内で歯医者さんの医療事務をしていた恵利名さん。

ご主人が農業を、自然豊かな場所でやりたい!
ということで、色々なご縁があり
4年前、福岡から熊本に移住し
夫婦2人で農業をされています。

農業をやればやるほど
ご主人の熱い思いが伝わり
それに共感する部分がとても大きいそうで
今では農業をやってよかった!と恵利名さん。
温州みかんは、現在、摘果作業中。

摘果したみかんは、スダチのような感じで
お魚に絞ったり、お酒に入れたりと使いがって抜群!

10月から本格的に収穫が始まるそう。

宗さん夫婦がつくる温州みかんは
「金のみかん」という名前がついています。

みかん畑が2箇所あり、1つは、金峰山にあること!
それと、有明海の夕日でみかんが黄金色に光って見えたことから
「金のみかん」とついたそう!

こだわりは、自然栽培!
無農薬、無肥料で作られています。

自然と人間に優しい栽培にこだわって作られています。
農業を通じて地球の循環をあるべき姿に戻したい!
という目標があり、それが一生の課題とやりがい、バネとなり
今、頑張れているそうです。

オーガニックで作るのはとても手間とリスクもあるが
地球の未来を考えて、環境に配慮したお仕事をしていきたい!
そして、それをどんどん次の世代に繋げていきたい!とおっしゃっていました。


みかんは、そのまま食べるのはもちろん!
無農薬なので皮ごと食べられます!
皮ごとたべるときんかんのような味わいだそう。

また、発酵シロップもオススメ!
瓶に、てんさい糖や、きび糖、4つ切りにしたみかんを
ミルフィーユ状に重ねて入れて
2週間ほど空気を入れつつ混ぜると完成!

お酒に入れたり、炭酸で割ったり
オススメだそうです(*´꒳`*)

今後は、無農薬でキウイやサツマイモも育てていきたい!とおっしゃってました。
楽しみにしています♪

これからも夫婦仲良く頑張ってください!

今日は、ありがとうございました。

会ってビックリ!!!
初めてお会いしたのにまさかのリンクコーデ!笑

会ってすぐ爆笑でした!!!!!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。