月別アーカイブ: 2018年12月

NO,82 高木彩香さん

嘉島町で米、大豆、麦、イチゴを育てている
高木彩香さんを紹介しました。

イチゴハウスは、24時間RK Kラジオが流れていて
毎日聴いてくださってます♩
ありがとうございます。

現在、絶賛収穫中です。
イチゴは、熊本のオリジナルブランドの「ゆうべに」

つぶが大きくて、甘さはもちろん!イチゴ特有の酸味もある
とても美味しいイチゴです♪

収穫は、5月中旬頃まで続くそう。

元々ご実家が農家で、
4年前、結婚を機に農業を始めたそうです。

農業は、きつい!暑い!寒い!
でも、家族で楽しくギャーギャーいいながら
楽しく作業されているそうで
農業の難しさと、お父様のすごさを痛感し
毎日アドバイスを聞きながら頑張っていらっしゃいます!


収穫も中腰で大変~とおっしゃっていましたが
3人のお子さんが、「ママが作ったイチゴは美味しい~」という言葉に
元気をもらい、また、頑張る活力になっているそうです!

農業を始めて、自分の時間も自由にとれるし、
家族の時間も増えて「農業をやってよかった~」とおっしゃってました。

これからも農業を頑張って、将来は子供と一緒に農業をするのが夢!
それを楽しみに、もっともっとレベルアップしたい!とおっしゃっていました。

これからも家族仲よく頑張ってください☆
ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,81 宮田加奈さん

南阿蘇村でトマトとお米を育てている
双子石ファームの宮田加奈さんを紹介しました。

元々老人ホームで栄養士をしていたかなさん。
勤務体制が不規則だったり
お子さんとの時間が少なくなることもあり
7年前、農家である実家に、親元就農したそう。
元々造園業で勤めてたご主人も
2年前会社を辞めて一緒に農業をされてます。

農業は、楽しい!頑張った分そのまま答えてくれる!
トマトもお米も手を入れた分美味しく育ってくれる!
それと、子どもの行事に合わせて休みを決められるため、
夫婦揃って学校行事や部活の試合など出席できるのも魅力の1つ。
出席率ほぼ100%だそうです。

育てているのは、「おあしす米」

農薬や化学肥料、除草剤を使わない有機栽培米。
頭文字をとって
おいしい
あんぜん
しんせん
すてき
おあしす米!!(品種はコシヒカリ)

今年もおいしいお米ができてます!
おにぎりでいただきました!!

ツヤツヤのお米に手作りの味噌をつけていただきました!

田植えをして、
合鴨の雛を田んぼにはなす合鴨農法。

それでも草取りが間に合わないので
実際に田んぼに入って草取りなどをするそうでとても大変だそう。

それでも、頑張れるのは、
「今年のお米も美味しいよー!」
「子供達は双子石さんのお米しか食べないのよー」と
いっていただくそうでそれがまた、活力になるそう!

栃木県から沖縄までお米をご愛顧頂いてるお客様がいて、
家族旅行の途中にお立ち寄り頂き田んぼなどをご案内すると、
こんな素晴らしい環境で育ったお米を食べられて幸せです。と安心して帰られるそうです。

これからも安全でおいしいものをお届けしたい!という想いで
毎日頑張っていらっしゃいます!
お子さんが4人!もちろんみんなご飯が大好き(*´꒳`*)
また、トマトはに、20年以上前から野草堆肥(狩り干し)と、
米ぬか、牛糞を混ぜて3年程寝かせたミミズたっぷりの自家製堆肥を作り、
春先に元肥えとしてハウスに大量に投入しているそうです。


そのため、大玉で甘くて、トマト本来の味の良いトマトが採れるんだとか!

夏の暑さに心折れそうになりますがトマトも頑張ってるので
「甘くて美味しいトマトになぁ~れ~」とハウス内で
声かけして一緒に頑張っているそうです。

将来は、子供と一緒に農業ができるように
頑張っていきたい!とおっしゃってました!

これからも
家族みんなで農業頑張ってください!

おあしす米を食べてみたいわ~と思われる方は
試食米も準備されているそうですので、是非。
詳しくは「おあしす米」と検索。

今日は、ありがとうございました。


ナンバーは「2(ふた)5(ご)1(い)4(し)」
すごーーーい!!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,80 加藤里枝愛さん

植木町で菊を育てている
加藤里枝愛さん
を紹介しました。

菊の最盛期は、お盆と年末年始、お正月。
そこに合わせて育てていらっしゃいます。


こちらは、路地栽培。


加藤家は、代々続く農家で
里枝愛さんはなんと13代目!!!!!

小さい頃から農業を身近に感じいたそうで
農業高校、農業大学に進学し
今年の3月から就農。

学生生活の中で色々学んでいく中で
友達もたくさんできてより農業をしたい!
思うようになったそうです。

40度をこえるハウスの中で作業をするのは大変だけど、
自分で選んだ道なのでもっと、もっと頑張ろう!という気持ちが大きく
お客さんから直接、嬉しい言葉をもらうと
「やっててよかったな~」と思い、より頑張ろう!と思えるそうです。

 

農業は、その土地、その土地の作物があり
それが地域活性化のきっかけになったりするので
生産者と消費者のつながりが深いのがとても魅力だと感じる!と
おっしゃっていました。

家族で農業をしていて
特に、お父さんは憧れの存在。
仕事してる姿は、とてもかっこいい!と照れながら話してくれました。

夢は、家族で「農家レストラン」を開くこと。
姉夫婦が料理人で、植木町の野菜などを使い、地産地消で提供したい!
もっと植木町を盛り上げたい!
さらに、フラワーアレンジも勉強してきたので
見ても楽しい!食べても楽しいレストランにしたい!と里枝愛さん♪ 

これからも家族みんなで仲よく
夢に向かって頑張ってください。

今日は、ありがとうございました。

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,79 松永洋子さん

上益城郡嘉島町で
米、麦、大豆、ニンニク、アスパラを育てている
松永洋子さんをご紹介しました。

嘉島町といえば大豆。
一面大豆畑が広がっていました。

今、ちょうど収穫中で、今年も美味しく出来たそうです。

こちらは、ニンニクを植えて2週間くらいの畑。

収穫は、来年の5月のゴールデンウィーク明けごろからだそう。

お野菜などは、全て有機栽培にこだわって
育てていらっしゃいます。

元々サラリーマンをしながら兼業農家だったご主人から
「農業一本でやりたい!」と熱くお願いされ
4年前に、一緒に始め、それまでは、主婦をしながら
トリマー や、ブリーダーなど、ペット関係のお仕事をしていたそうです。

農業は、ご主人とずっと一緒に仕事ができるので
毎日、とても楽しい!と、とってもラブラブです(*´꒳`*)

元々、土いじりが好きだったそうで
農業もすんなり抵抗なくでき、楽しみながら農業されています。

自分たちが育てた野菜を直売所で販売し、
完売していたらとても嬉しく、
お客様から「こんな料理で食べたよー」「美味しかったよー」の声が
また次への活力になるそう!

これまで、地震や台風を経験し、もう再建は無理かな。と不安はあったそうですが
ご主人と共に辛いことも、嬉しいことも一緒に感じながら
力を合わせて乗り越えてこれたそうです!
辛いこともあったけど、それも乗り越えて今があるので
農業をやってきて正解だったのかなーと感じるそう。

目標は、地元の方に認めてもらって
もっとニンニクや、アスパラの収量を増やし
お客様に美味しい!と思ってもらえる野菜をつくる事!
これからも、ご夫婦仲よく頑張ってください!!

ありがとうございました。

 

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。