日別アーカイブ: 2018年12月18日

NO,81 宮田加奈さん

南阿蘇村でトマトとお米を育てている
双子石ファームの宮田加奈さんを紹介しました。

元々老人ホームで栄養士をしていたかなさん。
勤務体制が不規則だったり
お子さんとの時間が少なくなることもあり
7年前、農家である実家に、親元就農したそう。
元々造園業で勤めてたご主人も
2年前会社を辞めて一緒に農業をされてます。

農業は、楽しい!頑張った分そのまま答えてくれる!
トマトもお米も手を入れた分美味しく育ってくれる!
それと、子どもの行事に合わせて休みを決められるため、
夫婦揃って学校行事や部活の試合など出席できるのも魅力の1つ。
出席率ほぼ100%だそうです。

育てているのは、「おあしす米」

農薬や化学肥料、除草剤を使わない有機栽培米。
頭文字をとって
おいしい
あんぜん
しんせん
すてき
おあしす米!!(品種はコシヒカリ)

今年もおいしいお米ができてます!
おにぎりでいただきました!!

ツヤツヤのお米に手作りの味噌をつけていただきました!

田植えをして、
合鴨の雛を田んぼにはなす合鴨農法。

それでも草取りが間に合わないので
実際に田んぼに入って草取りなどをするそうでとても大変だそう。

それでも、頑張れるのは、
「今年のお米も美味しいよー!」
「子供達は双子石さんのお米しか食べないのよー」と
いっていただくそうでそれがまた、活力になるそう!

栃木県から沖縄までお米をご愛顧頂いてるお客様がいて、
家族旅行の途中にお立ち寄り頂き田んぼなどをご案内すると、
こんな素晴らしい環境で育ったお米を食べられて幸せです。と安心して帰られるそうです。

これからも安全でおいしいものをお届けしたい!という想いで
毎日頑張っていらっしゃいます!
お子さんが4人!もちろんみんなご飯が大好き(*´꒳`*)
また、トマトはに、20年以上前から野草堆肥(狩り干し)と、
米ぬか、牛糞を混ぜて3年程寝かせたミミズたっぷりの自家製堆肥を作り、
春先に元肥えとしてハウスに大量に投入しているそうです。


そのため、大玉で甘くて、トマト本来の味の良いトマトが採れるんだとか!

夏の暑さに心折れそうになりますがトマトも頑張ってるので
「甘くて美味しいトマトになぁ~れ~」とハウス内で
声かけして一緒に頑張っているそうです。

将来は、子供と一緒に農業ができるように
頑張っていきたい!とおっしゃってました!

これからも
家族みんなで農業頑張ってください!

おあしす米を食べてみたいわ~と思われる方は
試食米も準備されているそうですので、是非。
詳しくは「おあしす米」と検索。

今日は、ありがとうございました。


ナンバーは「2(ふた)5(ご)1(い)4(し)」
すごーーーい!!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。