カテゴリー別アーカイブ: 未分類

NO.51 作本美理さん

熊本市西区中原町にある
中原温室でパセリ、大葉、バジルを育てている
作本美理さんをご紹介しました。

周りにはハウスがたくさんありまして
年間を通して大葉、パセリ、バジルの収穫ができます。

パセリは、高原野菜でこれからの時期は、
南小国のハウスで育てるそうです‼︎
2013年から農業を始め
元々は、京都で経営コンサルタントの仕事をしていたそうです。

農業には、昔から興味があり
大学は、農学部に進んだそう。
「やっぱり、農業がしたい!」と熊本に帰ってきて
知り合いの紹介で中原温室でインターンシップをしたのがきっかけで
そのまま正社員に!

その後、社長の息子さん(三代目)とご結婚。

素敵な出会いですね♪

農業を始めて6年。
台風や地震で大変なこともたくさんありますが
毎日笑顔で頑張っています!と
とても笑顔が素敵な作本さん。

いい野菜ができたときがうれしい!し
直接お客さんの「美味しい!」という声も聞けて
頑張る活力になるそう!

それと、パートさん達もいい方ばかりで
みなさんで一緒に頑張っていらっしゃいます。


土作りからこだわり減農薬で作っているそう。

これからも魅力ある農業を目指して
従業員みんなと頑張っていきたいと!とおっしゃっていました。

これからも笑顔でみなさんと一緒に頑張ってください。
今日は、ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,50 竹内穂野香さん

合志市のオオヤブディリーファームで牛を育てている
竹内穂野香さんをご紹介しました。

ホルスタイン、ジャージー、ブラウンスイスという乳牛がおよそ100頭!

熊本県立菊池農業高等学校 畜産科学科を卒業し
去年の4月からオオヤブディリーファームに就職。

小さい頃から動物が大好きで
高校の3年間は牛部に所属!
それをきっかけに、牛が好きになり
将来は、
酪農の仕事をしたい!と思っていたそうです。

オオヤブデイリーファームには、
ヤギ、ウサギ、猫、いぬ、ニワトリなど
動物がたくさんいます!

毎日、大好きな動物に囲まれて仕事ができるので幸せ(^_^)
と竹内さんの笑顔がとても印象的でした♪

働きだして一年が経ち、だいぶ牛のことがわかるようになってきたそう。
でも、まだまだ全然だな。と思うことがたくさんあるそうで
これからどんどん学んで行きたい!とおっしゃっていました。

きついこともたくさんあるし、体力もいる仕事ですが
それ以上の喜びがあり、きついことも農業の魅力の1つ。と竹内さん。
命と向き合って仕事ができるというのは、
自分も成長できるし、これをもっとたくさんの人に伝えていきたい!と
おっしゃっていました。

毎朝6時から仕事開始!
朝、夕方の搾乳はもちろん毎日!
掃除も欠かしません!

これから、酪農の仕事をみなさんにもっと
自分の言葉で伝えていきたい!
そして、もっと牛を見れるように、酪農の仕事をこなせるように
頑張っていきたいとおっしゃってました。

「動物が本当に大好き!」というのが
とても伝わりました!!

これからも夢に向かって頑張ってください!!
ありがとうございました。

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,49 吉村純香さん

球磨郡多良木町で梨を育てている
吉村純香さんをご紹介しました。

現在、摘果作業中の広い梨園には、
いたるところにラジオが置いてありましてRKKラジオが流れていました♩

ありがとうございます。

こちらで作られる梨は
オリジナルブランドの「東光寺梨(とうこうじなし)」

この辺りの地名とお寺があったというのが由来だそう!

水々しくて甘くてシャキッとした食感。
完熟まで木に慣らして収穫するそうでとても美味しいそうです。

収穫は7月下旬ごろから。
美味しいのはお盆くらいだそう!

農業は、元々、お母様が始めて30年。
農家は絶対しない!と思っていたそうですが
実家に帰って手伝いをしていたときに
「吉村さんちの梨は美味しかもんねー」とお客様の声をきき
この美味しい梨がなくなるのはダメだ!と農業を始めて3年。

元々は、ケータイ販売やバスガイドをされていたそうでまったくの畑違い。
しかし、お客様の「美味しい」「毎年楽しみにしてるよ」という声を聞いて
継ぐことを決めたそうです!

農業は、どんどんやりがいがでてきてやり方1つでは魅力のある仕事。

家族、自然に囲まれてると
ゆとりがもてるし、とても楽しい。
これからもっと「東光寺梨」の名をもっと多くの方に広げて行きたい!!
とおっしゃってました!

これからも家族で力を合わせて頑張ってください!!

今日は、ありがとうございました。

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,48 坂本美鈴さん

球磨郡錦町で梨と桃を栽培している
上米良農園の坂本美鈴さんをご紹介しました。

さすがフルーツの里「錦町」

ご結婚され、名前はかわりましたが
ご実家が代々続く梨農園で坂本さんは三代目。

現在、妊娠中で63日が予定日だそう!

今は、摘果作業中。

ここで、しっかり選んで落としておかないと
大きく育たず、変な形の実が残ったりするので
1番大事な時期だそうです!

農業は、中学生の時から興味を持ち、手伝っていたそうで
県立農大学に入学し、農業を始めて14年。

最初は大変なことばかりで
一度家出をしたこともあるそう!
大阪に一年半くらい行き、まったく別の仕事をしたそうですが
その後やっぱり農業がしたい!と思い帰ってきて再開。

3年前に熊本県の農業経営塾に入り
沢山の若い農業者に出会い、刺激をもらって
その刺激を今の経営に行かせたらと頑張っていらっしゃいます♪

農業は、自分で大事に育てた作物が
お客さんに食べてもらうことがとても幸せ(^-^)と
おっしゃっていました。

現在、梨と桃の加工品を試作中!

梨のドライフルーツ!
梨をそのまま乾燥されてます。
とっても甘くて
美味しかったです☆

桃は、コンポートを試作中だそう。
加工品の商品化も楽しみにしてます☆

今、家族3人で家族経営をしてるそうですが
今後は、従業員を入れて、長く農園を続けていけるように頑張りたい!
とおっしゃっていました。

これからも頑張ってください!
そして、元気な赤ちゃんを産んでください。

今日は、ありがとうございました!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,47 吉井由香さん

菊池市泗水町で酪農・シリカファームを営む
吉井由香さんをご紹介しました。

農業を始めて13年。
代々続く農家で、由香さんは、3代目。

酪農は小さい頃から両親の働く姿を見ていたそうですが
継ぎたい!と思ったことはなかったそうです。

ただ、嫌いでもなかったし、
やってみると
休みがなくても苦にならないし
この仕事を選んで間違ってなかった!と吉井さん。

性格的にあってるとおっしゃっていました。

高校の進路を決める時に
三姉妹だった吉井さんは、何かきっかけがあったわけでもなく
自分が継がなければ!と思ったそうです。
高校卒業後、北海道の酪農学園大学の短大に行き今に至ります。

牧場は、とてもキレイで独特の牛舎の匂いがなくとても快適‼︎

牛さんものんびり~♪

キレイな環境で育ち
さらに、シリカという鉱物を粉末にした物を餌に混ぜたり
水をシリカで浄化して飲ませたりして
牛の体内もキレイで美味しい牛乳が作れるそう。

シリカファームでは、その美味しいミルクを使って様々な製品が作られています。

夢ミルクという100パーセントの牛乳や、
カフェオレ、ヨーグルト、アイス、ソフトクリームなど。


この日は、牛乳とソフトクリームを頂きました。

 

濃厚!!!でも後味サッパリ!!!
とっても美味しかったです。

この車で、泗水町を中心に色んなところで販売されてます。

 

酪農の現場は、まだご両親が主にされていて
吉井さんは、朝5時前から搾乳し、その後工場で
牛乳などの製品を作り、夕方5時頃から搾乳という1日。

牛の世話もしつつ、色んな製品を作られてます。

自分達の牛乳でお客様に、喜んでもらえるというのは
他では経験できない!

だから頑張って続けていく!
代々続く酪農を続けていくことが恩返しだと思う。と吉井さん。

これから、もっとたくさんの方に、
1番は、地元泗水町のみなさんに「夢ミルク」のことを知ってもらい、
地元に愛される、会社、牛乳、製品でありたい。とおっしゃってました。

これからも家族みんなで美味しい牛乳作ってください。
ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.46 遠山智美さん

益城町でベビーリーフを育てている
みっちゃん工房の遠山智美さんをご紹介しました。

みっちゃん工房は
3姉妹で営んでいらっしゃいます。

長女の、遠山智美さん
次女で、社長の光永カオリさん
三女の、冨田美貴子さん

三姉妹でそれぞれの役割をしっかりこなし
仲良く頑張っていらっしゃいます‼︎

みっちゃん工房の「みっちゃん」は、
光永3姉妹で、全員のあだ名から付けたそう。

ベビーリーフとは、葉物野菜の新芽!
赤ちゃんのこと。
水菜、レタス、ルッコラなど
赤ちゃん葉っぱの柔らかい部分をベビーリーフというそうです。

毎日、朝と夕方のベリーリーフが1番いい常態の時に
収穫されてるそう!


とってもやわらかくて、美味しいんです!!

元々、ご両親がスイカ農家。
このまま続けていくのは、重労働で大変だということで
「ベビーリーフ」に切り替え
そこで、お父様が次女のカオリさんを誘い
後継ぎとなったそうです。

その後、規模拡大のため
3姉妹みんな大集合!

お父様以外は、全員女性スタッフ。
みなさんとても仲が良く楽しくお仕事されてました。

ベビーリーフのこだわりは、
一番搾り!的な
一つの芽から一回しか収穫をしない事!

阿蘇の伏流水を使用!

野菜の配合にもこだわり
小さい子からご年配の方まで歯ざわり良くいただけるという配合!

生で食べるのはもちろん
熱を加えるとより食べやすくなるそう!

オススメは、ピザにのせたり、茹でたパスタにサッといれたり、
カップラーメンにトッピングしたり食べ方は様々。

サイズも使いやすいサイズ。

これから、もっとたくさんの方に商品が広がって
規模拡大をしたい!!

さらに、もっとスタッフが働きやすいように託児所や食堂を作る!

みんなが集えるような場所を提供したい!

とおっしゃってました!

女性ならではの視点で色んな角度からみんなで頑張っていらっしゃいます。

1人1人がキラキラしているみっちゃん工房でした♪
ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,45 石川悠さん

阿蘇市波野で赤牛を育てている
石川悠さんをご紹介しました!

とってものどかな牧場でお話を伺いました。
石川さんは、赤牛の繁殖農家。

親牛が14頭子牛が10頭
広い牧場で育てていらっしゃいます。

人懐っこくてとてもかわいかったです(о´∀`о)

岩本、囲まれる。笑

 

農業を始めて10年。

最初は、農業がどういうのかを知りたくて
高校を卒業してすぐに農業研修に行き
そこで、赤牛に出会い、魅力を感じたそうです!

なんと!そこで、ご主人にも出会い
将来は、2人で一緒に赤牛を育てよう!と約束していたんだそう!!

その後、色々経験し、2人で同じ牧場に就職。
そして、ご結婚。
現在、独立して4年目だそうです。

赤牛は『仲間』
いたら安心して暮らせる存在!と石川さん。

ご主人とは、牛の話をしながら仕事をしているそうで
よく、牛の性格を見て、
あの子は、「僕って言ってそうよね~。」「俺様キャラかなー。」「お姫様系だよね。」
など、話しながらお世話をしているそうです♪

楽しそう~☆

本当に牛が好きなんだな~と思ったら
実は、昔より赤牛が「好きじゃない。」と石川さん。

それは、上手くいかないこととか、思い通りにならないことも多いので
可愛いだけじゃない!ムカつくこともあるんだそう。

牛も生き物なので、牛にも考えがあり自分達の思い通りにならないこともある。
いい事ばかりではない!

でも、やっぱり可愛いと素敵な笑顔で話してくださいました。
将来は、『放牧肥育』

今は、繁殖農家として、子牛が生まれて10ヶ月まで育てて出荷をする。
そこから肥育農家さんにバトンタッチして24ヶ月まで育てられるそう。

今後は、そこまでの流れを自分達で
しかも、放牧でやってみたい!
牛をのびのびと自然の中で育てていきたい!
と夢を語ってくださいました!

これからも夢に向かってがんばってください!
ありがとうございました♩

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,44 佐藤智香さん

今日は、阿蘇市で阿蘇高菜を育てている
佐藤智香さんをご紹介しました‼︎

立派な高菜畑ヽ(´▽`)/

こちらは毎年、およそ700人の方々が
高菜収穫体験ができる畑だそう!
ちなみに、体験は、最後、お漬物にして持って帰れるそうです♩

魅力的〜‼︎  ※毎年3月末に開催

収穫は、新芽の部分を「ポキポキ」と手で折って収穫をします!

収穫は、全て手作業だそうですよ〜

中心の茎と葉っぱだけを収穫!
ここが柔らかくておいしいそう。

手でポキっと折れるところだけを収穫するのが
阿蘇たかなの特徴だそう!

他の外側の葉っぱは、畑に残して肥料になるそうです。

新高菜は今の時期だけですよ~☆

阿蘇の道の駅やお店にたくさん並んでいます。

佐藤さんは、農業を始めて、春から5年目。
元々は、車のデザイン開発の仕事をしていて
九州北部豪雨災害で阿蘇が被害を受けたことをみて何かできないか!と
阿蘇に帰り農業の道へ。

自分で仕事をしていくことはとても大変だが
同世代の農家仲間と共有しながら、励まし合いながら頑張っているそうです!

今は、従業員さんも雇えて、きちんと自分の収入も得られるようになり
続けてきてよかった!とおっしゃってました。

そして、佐藤さんは、高菜のタネでマスタードを作られています!

その名も『タカナード』

阿蘇高菜とマスタードを掛け合わせた可愛いネーミング☆

可愛いお土産袋も付いてます。

元々は、阿蘇高菜の漬物を作って販売していたそうですが
最近の漬物離れや漬物用の葉っぱの収穫はとても短い。ということで
そのあとにできる種を使って加工品ができればもっと長く
阿蘇高菜を収穫できるかなと思い完成したのが「タカナード」

↑こちらが種です。

タカナードはマスタードですが醤油との相性も抜群!!!

高菜の風味があります。
熊本の赤牛、馬刺し、天草のお魚と一緒に食べてみてください。
万能調味料です!

また、阿蘇高菜の種を作るときに菜の花畑が広がるそう!!
キレイ~☆

ちょうどゴールデンウィークの時期!

これからは、もっと高菜の畑を増やして
みなさんに阿蘇高菜を知ってもらいたい!とおっしゃってました。

阿蘇でしか作られていない
『阿蘇高菜』これからも広めていってください。

今日は、ありがとうございました‼︎

 

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,43 杉本さくらさん

上天草市大矢野町で花を育てている
杉本さくらさんをご紹介しました!

かすみ草、きんぎょ草、スターチス、フリージアや、千日紅、菊など
1年を通して栽培されています。

農業を始めて4年。
結婚を機に始めたそうです。

元々は、料理人。

料理を作ってる時と
花を育てているのは似ていて
どちらも人に喜んでもらう仕事。
農業をするのは、最初抵抗があったそうですが
お花も元々好きだったし
徐々に慣れて花の魅力もみつけたりして
頑張れるなと思ったそうです。


ご主人のご家族と一緒に
頑張っていらっしゃいます!

お子さんがお2人。

可愛い~☆
お兄ちゃんはお手伝いもしてくれるそう。

みなさんに教えてもらって
支えてもらいながら楽しく頑張っているそうです!

花や作物は、頑張った分だけ成果が出る!
生花だけに!←
花が綺麗に咲いてくれるのが目に見えてわかるのが農業の魅力だそう!

こらからも家族みんなで
みなさんに喜ばれる花を作ります!
主人を支えられるように頑張ります!と
力強くおっしゃってました!

これからも家族仲良く農業頑張ってください!
ありがとうございました。

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.42 益田美沙紀さん

上天草市大矢野町維和島で
玉ねぎと柑橘類を育てている
益田美沙紀さんをご紹介しました!

目の前は不知火海!
そして、天草五橋も見渡せる絶景の場所で
玉ねぎと柑橘類を育てていらっしゃいます。

柑橘類は、パールや河内晩柑。
玉ねぎは、2月までは葉玉ねぎ3月からは新玉ねぎを
育てていらっしゃいます。
 

維和島で育った作物は、潮風を浴びてとても美味しいそう☆ 


みなさん!
葉玉ねぎの葉の部分も美味しいのご存知でしたか?

私も大好きで
益田さんにオススメの調理法を伺いました。
①葉をごま油と塩胡椒で炒めるだけで
今夜のおかずに!
②味噌汁に入れる!みりんを入れたかのような甘みがある。

本当に簡単で美味しかったです。
オススメです♪

玉ねぎは、大矢野有機農産物供給センターを通して
主に関東の方に出荷しているそう!

なかなか葉玉ねぎの葉を食べるということが
ないそうでこの美味しさをもっとたくさんの方に広めたい!と
おっしゃってました!

農業は、結婚を機に始めて4年。

しかし、結婚前からデートではなく
農作業の手伝いをされていたそうで
平日は、事務の仕事。
土日は、農作業。
なので農業はかれこれ7年目。

農業は、ご両親が農家だったこともあり
抵抗なくすんなりできたそうです。
どんなにきつくても、目の前の景色が大好きで
疲れも吹っ飛ぶそう☆

娘さんが3人!
保育園の送り迎えの時に流す音楽(WANIMA(ワニマ)) が
大好きだそうで
一緒に聴いてまたそこでも元気をもらって
農作業を頑張ってるそうです!

自然を感じながら、自分達のリズムで仕事ができること!
そして、美味しい作物ができて
消費者の方々に「美味しい」と食べていただくことが
農業の魅力。

とにかく農業が楽しくて仕方ないそうです!


また、柑橘や玉ねぎ畑の周りには、
ワイヤーメッシュと電気柵が設置してあり
イノシシ対策がしてありました。

ここ数年でイノシシが増えたんだそう!

トラクターなどの農業機械も乗り回すという益田さん!
これからもっと農業の色々な事を教わりながら
規模拡大を目指し、もっともっと頑張って行きたい!と
おっしゃってました!

こらからも農業を楽しみながら頑張ってください!
ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。