NO,81 宮田加奈さん

南阿蘇村でトマトとお米を育てている
双子石ファームの宮田加奈さんを紹介しました。

元々老人ホームで栄養士をしていたかなさん。
勤務体制が不規則だったり
お子さんとの時間が少なくなることもあり
7年前、農家である実家に、親元就農したそう。
元々造園業で勤めてたご主人も
2年前会社を辞めて一緒に農業をされてます。

農業は、楽しい!頑張った分そのまま答えてくれる!
トマトもお米も手を入れた分美味しく育ってくれる!
それと、子どもの行事に合わせて休みを決められるため、
夫婦揃って学校行事や部活の試合など出席できるのも魅力の1つ。
出席率ほぼ100%だそうです。

育てているのは、「おあしす米」

農薬や化学肥料、除草剤を使わない有機栽培米。
頭文字をとって
おいしい
あんぜん
しんせん
すてき
おあしす米!!(品種はコシヒカリ)

今年もおいしいお米ができてます!
おにぎりでいただきました!!

ツヤツヤのお米に手作りの味噌をつけていただきました!

田植えをして、
合鴨の雛を田んぼにはなす合鴨農法。

それでも草取りが間に合わないので
実際に田んぼに入って草取りなどをするそうでとても大変だそう。

それでも、頑張れるのは、
「今年のお米も美味しいよー!」
「子供達は双子石さんのお米しか食べないのよー」と
いっていただくそうでそれがまた、活力になるそう!

栃木県から沖縄までお米をご愛顧頂いてるお客様がいて、
家族旅行の途中にお立ち寄り頂き田んぼなどをご案内すると、
こんな素晴らしい環境で育ったお米を食べられて幸せです。と安心して帰られるそうです。

これからも安全でおいしいものをお届けしたい!という想いで
毎日頑張っていらっしゃいます!
お子さんが4人!もちろんみんなご飯が大好き(*´꒳`*)
また、トマトはに、20年以上前から野草堆肥(狩り干し)と、
米ぬか、牛糞を混ぜて3年程寝かせたミミズたっぷりの自家製堆肥を作り、
春先に元肥えとしてハウスに大量に投入しているそうです。


そのため、大玉で甘くて、トマト本来の味の良いトマトが採れるんだとか!

夏の暑さに心折れそうになりますがトマトも頑張ってるので
「甘くて美味しいトマトになぁ~れ~」とハウス内で
声かけして一緒に頑張っているそうです。

将来は、子供と一緒に農業ができるように
頑張っていきたい!とおっしゃってました!

これからも
家族みんなで農業頑張ってください!

おあしす米を食べてみたいわ~と思われる方は
試食米も準備されているそうですので、是非。
詳しくは「おあしす米」と検索。

今日は、ありがとうございました。


ナンバーは「2(ふた)5(ご)1(い)4(し)」
すごーーーい!!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,80 加藤里枝愛さん

植木町で菊を育てている
加藤里枝愛さん
を紹介しました。

菊の最盛期は、お盆と年末年始、お正月。
そこに合わせて育てていらっしゃいます。


こちらは、路地栽培。


加藤家は、代々続く農家で
里枝愛さんはなんと13代目!!!!!

小さい頃から農業を身近に感じいたそうで
農業高校、農業大学に進学し
今年の3月から就農。

学生生活の中で色々学んでいく中で
友達もたくさんできてより農業をしたい!
思うようになったそうです。

40度をこえるハウスの中で作業をするのは大変だけど、
自分で選んだ道なのでもっと、もっと頑張ろう!という気持ちが大きく
お客さんから直接、嬉しい言葉をもらうと
「やっててよかったな~」と思い、より頑張ろう!と思えるそうです。

 

農業は、その土地、その土地の作物があり
それが地域活性化のきっかけになったりするので
生産者と消費者のつながりが深いのがとても魅力だと感じる!と
おっしゃっていました。

家族で農業をしていて
特に、お父さんは憧れの存在。
仕事してる姿は、とてもかっこいい!と照れながら話してくれました。

夢は、家族で「農家レストラン」を開くこと。
姉夫婦が料理人で、植木町の野菜などを使い、地産地消で提供したい!
もっと植木町を盛り上げたい!
さらに、フラワーアレンジも勉強してきたので
見ても楽しい!食べても楽しいレストランにしたい!と里枝愛さん♪ 

これからも家族みんなで仲よく
夢に向かって頑張ってください。

今日は、ありがとうございました。

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,79 松永洋子さん

上益城郡嘉島町で
米、麦、大豆、ニンニク、アスパラを育てている
松永洋子さんをご紹介しました。

嘉島町といえば大豆。
一面大豆畑が広がっていました。

今、ちょうど収穫中で、今年も美味しく出来たそうです。

こちらは、ニンニクを植えて2週間くらいの畑。

収穫は、来年の5月のゴールデンウィーク明けごろからだそう。

お野菜などは、全て有機栽培にこだわって
育てていらっしゃいます。

元々サラリーマンをしながら兼業農家だったご主人から
「農業一本でやりたい!」と熱くお願いされ
4年前に、一緒に始め、それまでは、主婦をしながら
トリマー や、ブリーダーなど、ペット関係のお仕事をしていたそうです。

農業は、ご主人とずっと一緒に仕事ができるので
毎日、とても楽しい!と、とってもラブラブです(*´꒳`*)

元々、土いじりが好きだったそうで
農業もすんなり抵抗なくでき、楽しみながら農業されています。

自分たちが育てた野菜を直売所で販売し、
完売していたらとても嬉しく、
お客様から「こんな料理で食べたよー」「美味しかったよー」の声が
また次への活力になるそう!

これまで、地震や台風を経験し、もう再建は無理かな。と不安はあったそうですが
ご主人と共に辛いことも、嬉しいことも一緒に感じながら
力を合わせて乗り越えてこれたそうです!
辛いこともあったけど、それも乗り越えて今があるので
農業をやってきて正解だったのかなーと感じるそう。

目標は、地元の方に認めてもらって
もっとニンニクや、アスパラの収量を増やし
お客様に美味しい!と思ってもらえる野菜をつくる事!
これからも、ご夫婦仲よく頑張ってください!!

ありがとうございました。

 

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.78 本田希美さん

熊本市南区でエースピーマンを育てている
本田希美さんを紹介しました。

ハウスには、大きいピーマンがたくさん。

ずっしりしてて水分が多く甘みのあるピーマン。

特に、肉詰めにオススメだそう!
10月頭から収穫が始まり6月いっぱいまで収穫が続きます。
本田さんのご出身は京都。
ご主人のご実家が農家で、6年前に夫婦で一緒に農業を始められました。

元々、高校、大学と声楽を学んでいて
聖歌隊で歌を歌っていたそうです。
オペラ歌手を目指していたそうです!!

結婚を機に、現在は、趣味程度になったそうですが
また、本格的に勉強を再開し、農業をしながら頑張っていらっしゃいます。

歌声聞けるのを楽しみにしています♪
元々、会社員だったご主人がとても研究熱心で、
色々研究して、調べてやるタイプだそうで
とても頼りになり、この人について行ったら大丈夫!と思い
一緒に頑張っていらっしゃいます。

農業は、やればやった分、頑張った分
返ってくるので、とてもやりがいがある仕事。と希美さん。

ピーマンが嫌いだったお子さんが
「おいしい!」とおかわりまでして食べてくれる姿を見たり、聞いたりすると
また、頑張ろう!おいしいピーマンつくろう!と次への活力になるそうです。
また、「ぴーちゃん味噌」という加工品も作られてます。

その名の通りピーマン味噌。
味噌だけど海苔の佃煮のような感じで
あつあつのご飯にのっけて食べたらご飯が進む一品。

その他、エースピーマンのパウダーも考えていらっしゃって、
香りがとてもよくドレッシングなどにオススメだそう!

これからやりたいことがたくさんあって
将来のことを考えると「わくわくするー」とおっしゃってました♩

1番は、エースピーマンで安定した収量が取れるようにする事!
もう1つは、露地物の野菜も作る!
夏はオクラ。
冬は、京都野菜を ができたら!とおっしゃってました。

これからできる加工品や、歌も楽しみです♪
ピーマンに、路地野菜に、加工品に、歌に、頑張 ってください!

ありがとうございました(*´꒳`*)


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.77 林田理恵さん

熊本市南区奥古閑町でトマトを育てている
林田理恵さんを紹介しました。

とっても広くて立派なハウスに
トマトが3
メートル上からたくさん釣り下がってました!

苗を袋に入れて育てる
袋培地という栽培方法で作られています。

只今、絶賛収穫中!

たくさんのトマトが実っていました!

とっても美味しい大玉トマト。

東京出身で、ご主人と出会い
元々はHPを作る仕事をしていたという理恵さん。

ご主人のご実家が熊本で農業をしていて
熊本に一緒に帰った時に、
収穫のお手伝いなどをしていたのと、
元々土いじりが好きで、高校は農業高校だったこともあり
色々なタイミングがかさなり

奥様の方から、「熊本で農業やってもいいんじゃない?」と言ったそうです。

農業は、3
年前からスタート!
その時、ご主人は乗り気ではなさそうだったんですが
今ではご主人の方が農業にハマリ
色んなことにチャレンジしながら頑張っていらっしゃるそうです!


なんと!!管理はパソコン!!!
すごーーーーーい!!

農業は大変だけど、それ以上に楽しい!と理恵さん。
みんなで育てたトマトがキレイにできたり「美味しい!」と言われると
頑張ろう!!と気合いが入るそう。

さらに、熊本にきて農業を始めて
とても、健康になった!とおっしゃってました♪

また、ラジオや音楽が大好きで、
農作業は、ラジオを聴いたり、音楽を聴きながら
頑張っていらっしゃるそうです。
 

これからもっとトマトの収量を増やして
農業をがんばりたい!と、おっしゃってました♪


本当に、とっても素敵なご夫婦で
どんどん新しい農業の形が見られそうです。
これからも、美味しいトマトたくさん作ってください!
ありがとうございました!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.76 安永恵さん

大津町でアスパラとネギを育てている
安永恵さんを紹介しました。

今は、親木から養分を根っこに溜めている時期で
春から収穫だそう!

お隣にはネギの畑が!

今月末から収穫が始まるそう。

農業は、去年から始めたそうで
サラリーマンだった主人が「農業をしたい!」ということがきっかけで始めたそうです。
始めは、手伝う気はなかったそうですが…
現在は、一緒に頑張っていらっしゃいます!

元々、植物を触ったりすることが好きだったそうで
農業をするのに、抵抗はなかったそうです。

ただ、大変なのは、夏の暑さ。
ハウスの中は暑くて大変ですが、、
夫婦で一緒に仕事ができるので、とても楽しく仕事できてます!
とおっしゃってました。


めちゃめちゃ仲良い素敵ご夫婦です。
以前よりも夫婦の時間ができ、会話も増え
将来のことや、子供の話、子供との時間、家族の時間が増えたそうです。

また、今まで家事など手伝わなかったご主人が
手伝うように!!!
そこも嬉しいことの一つと笑顔でおっしゃってました♪

アスパラを収穫する春
にょきっ!と出ているアスパラを見ると、
とても嬉しく、テンションがあがるそう!!

お客様から「アスパラ美味しかったよ!」と言われたり、
喜ばれるのがとても嬉しい(*´꒳`*)とおっしゃっていました。

それと、アスパラを収穫する用の椅子で毎日収穫してたら
お尻があがり、シェイプアップになるそうです!!

それだけ大変な作業ですが
収穫しながらシェイプアップできるので頑張れるそう!
また、ネギを収穫するときは手で抜くので腕が細くなる!!

まさに、農業エクササイズ!!
「農エク!!!」とおっしゃってました♪笑

春に収穫したアスパラ達。

また、来年の春美味しいアスパラができるのを楽しみにしています♪

来年は、家を建てる!
そして、アスパラが落ち着いたら、また、違う作物に挑戦したい!
ゆくゆくは会社にしたい!とおっしゃってました♪

これからも夫婦仲よく頑張ってください。
ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.75 奥村真代さん

美里町で赤牛、黒牛、ミニチュアホースの繁殖をしている
奥村真代さんを紹介しました。
熊本では珍しい!ミニチュアホースの繁殖もされています。

体高が85センチ以下なのがミニチュアホース!
生まれた時は6キロほどだそう。
可愛い〜(*´꒳`*)

最初は、自分の子供達に楽しんでもらおうと
飼いだしたのがきっかけだそうで
今では、ふれあいの許可も取り
幼稚園や保育園にミニチュアホースを連れて行って
ふれあいをしたり、ペットとしてほしい!という方が
直接買いに来られたりするそうです!

農業を始めて3年。

牛が飼いたくて、色々探していたところ
美里町がとても協力的で
ここで牛を飼おう!と決め、
家族で一緒に美里町に引っ越して来て、農業をスタート!

ご主人は別の仕事をしていて
基本お一人で始められています。

自分で変態!!というほど牛が大好き!
好きな仕事ができて今は、本当に毎日が楽しい♩
テントを張って、牛舎に寝たいくらい
毎日ルンルン♩とおっしゃってました(*´꒳`*)

実は、元々豚舎だった場所を手作りで牛舎に作り変えたそうです。
餌箱や部屋の仕切りも手作り!

元々、真代さんのお父さんが牛を育てていたそうで
小さい頃からずっと一緒に見て、育ててきて
その頃から自分で牛を飼いたい!と思っていたそうです。

繁殖は、誕生から子牛の時期まで育てる。
そこが好きなんだそう。

子牛まで育てて、肥育農家さんへバトンタッチするけど
常に考えてるのは、最終的にはみなさんの口に入るので、
誰が食べても安心な牛を育てること!
健康管理には十分気をつけて育てているそうです。

お父さんは、1番尊敬できる人!
超せない目標は、お父さん!
これから、自分が尊敬してる人達にちょっとでも認められるように
頑張ります!とおっしゃってました。

本当に牛が大好きで、いきいきと楽しくお仕事をされてるなと感じました。

人懐っこい牛さん♪

これからも I LOVE 牛で頑張ってください。

今日は、お忙しい中ありがとうございました。
 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO.74  西田知徳子さん

美里町で赤牛を育てている
西田知徳子さんを紹介しました。

親牛がおよそ65頭、子牛がおよそ40頭いるそうです。

可愛い~♪

牛一頭、一頭に名前が付いていて
ゆりあ、かんた、ちくわ、いちごなどなど
とてもユニーク!!

お母さん牛にちなんで付けたり、
近所のお子さんが付けたりしてるそうです。

私も、命名させていただきました!
その名も「みきこ」
お母さんの名前がえみこ!
その子供で岩本みきが付けるということで「みきこ」

すくすく育ってね~♪

農業を始めて16年の西田さん。
元々、お父様が2頭の牛から飼い始め
徐々に増やし
今の頭数になったそうです!

小さい頃から牛舎が遊び場で
牛と一緒に遊んでいて牛が大好きだという西田さん。

「牛は、友達みたいな存在。」とおっしゃっていました♪

現在は、ご主人も一緒に頑張っていらっしゃいます。
動物を飼うのは牛が初めてで、まったく別の仕事をしていたご主人も
1年くらいで牛の顔を覚えたり、牛舎の中の部屋を手作りで作ったりと
とても頼りになるご主人だそうです。

牛たちは、なるべくストレスがかからないように
牛舎のお隣には広~い運動場があります。

ここでのびのびと育ち、肥育農家さんへバトンタッチ!
夏場は、阿蘇に連れて行ったりもするそうです♪

お子さんがお2人。
たまに手伝いをしてくれて、
将来は牛を飼いたい!と言ってくれるそうで
それまでもっと基盤をしっかり固めて
頭数を増やしていきたい!とおっしゃってました。

将来、お子さんたちと一緒にできるのを楽しみに
これからも頑張ってください♪

ありがとうございました。

 

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,73 古閑華恵さん

熊本市西区中原町で甘長とうがらしを作ってる
古閑華恵さんをご紹介しました。

甘長とうがらしは、京野菜の一種だそう。

大きさは、15センチ〜20センチ。

長~いピーマンのような唐辛子で、
辛くないお野菜だそうです。

↑笑

香りと風味がとてもよく
素焼きして醤油と鰹節で頂くのがオススメだそう!!
簡単~♪

収穫は、10月下旬から6月いっぱいまで続くそう。

農業は、12.3年前、サラリーマンだったご主人が
いきなり「農業をしたい!」と言い
ご主人が1から農業研修に行って農業をスタート!

最初は、ご主人と一緒に
こんなにガッツリ自分が農業に携わるとは思ってなかったそうです。
今は、とても楽しい!と古閑さん。

ご主人との出会いは、小学校。
地元が一緒で中学校の頃からお付き合いされて
そのままゴールイン!
素敵~♪

大変なことばかりですが、
たくさんの出会いがあり
その方々に感謝しながら頑張っていらっしゃいます。

土作りが本当に大事で
今まで、野菜が半分枯れた。という悲しい経験もされたそうです。
これからもっといい土を作って
体にいい野菜、ミネラルの多い野菜を作りたい!とおっしゃってました!

古閑さんの頑張れる活力は、
食べた方の「美味しい!」「毎年よくなってるよ!」の言葉。
この言葉で、もっと美味しい野菜を作ろう!と思うそうです。

農業は、自分達が頑張った分そのままかえってくる!
ただ、その分、責任もある!
これからも美味しい野菜をたくさんの方に食べていただけるように
頑張ります!と笑顔がとても印象的な古閑さん。

目標は、「ちゃんと稼ぎたい!」
真っ当にやっていきたい!!!!!
毎日、野菜に「笑顔」で向き合う古閑さんに私もパワーを頂きました。
これからも、ご主人と仲よく美味しい野菜作ってください♪

ありがとうございました。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

NO,72 寺本美緒さん

宇土市でトマトを育てている
寺本農園の寺本美緒さんを紹介しました。


素敵な写真♪
今年の夏に結婚式をされたそうで
真っ赤なトマトと真っ赤なドレス
とってもお似合いです☆

結婚を機に、ご主人と一緒に農業をスタート!
それまでは、お二人とも県外で同じ会社に勤めていたそうで
今年に入って、一緒にご主人のご実家である宇土に帰ってきて
農業を始めたそうです。

農業を始めて10ヶ月ほど。
最初は、農業に抵抗もあり、不安なことばかりだったそうですが、
魅力的なご主人と、もちろん美味しいトマトの魅力にとりつかれ
夫婦一緒に、支え合いながら一歩ずつ頑張っていらっしゃいます!

こちらも素敵写真~とってもお似合いですね♪

イケメンのご主人は、地元の方からは
小さい頃からアイドルと言われているそうです。
本当、かっこいい!さわやかご主人です☆

そんなお二人も大好きなトマト!
ハウスの中は一面トマト畑。

こちらでは、隔離床栽培というベットでトマトを作られていまして
根が地面に入っていかないように、
肥料管理ができるように作られています。

水分も少なくして、味の濃い甘いトマトができるそうです!
甘さはもちろん、トマトの旨みを感じるトマトだそうですよ~♪

収穫は、11月頃から6月まで行なわれます。
もうすぐ真っ赤なトマトいっぱいのハウスになりますね☆

毎日、すくすくと成長していくのを見るのが楽しくて
赤くて綺麗なトマトができたら
とても、うれしいく
毎日わくわくする!とおっしゃってました(*´꒳`*)

この、愛情込めて育てている美味しいトマトを
もっとたくさんの方に食べてもらいたい!
そのために販路拡大と、収量アップを目指して頑張ります!と
おっしゃってました!!

これからもイケメンのご主人と、ご家族のみなさんで
仲良く頑張ってください!!

美味しいトマト楽しみにしています☆
ありがとうございました!!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。