日別アーカイブ: 2015年4月16日

2015第5節対徳島ヴォルティス

「見てくれましたか、キタジさん」

ロアッソ移籍後初ゴールを決めた11番FW平繁龍一選手は

試合後、クルーダウンをしながら北嶋秀朗コーチに話しかけました。

ロアッソは、ホーム・うまかな・よかなスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦。

2対0と一時は2点をリードされましたが、引き分けに持ち込みました。

反撃の狼煙を上げたのは、2点をリードされて迎えた前半のアディショナルタイム、

7番DF片山奨典選手の左サイドからのクロスに平繁選手がヘディングシュートを決めて、1点差に。

かつてJ1のサンフレッチェ広島などでプレーし、

ここ2シーズンはJ2ザスパクサツ群馬でキャプテンとして、そして、エースストライカーとして活躍した

平繁選手。

得点力アップのため、いわゆる「補強の目玉」として、今シーズン、ロアッソに移籍しました。

ただ、開幕前の怪我などで、なかなかコンディションも上がらず、また、他の選手との連係も深まらず

という状況に直面し、スタメンは開幕戦以来4試合ぶり、今シーズン2試合目となりました。

それだけに

「キタジさんには毎日のシュート練習にも付き合ってもらっている。同じFWなので、

自分のためになるアドバイスをもらっている」

と感謝の言葉を口にしました。

また、得点の場面を

「ニア(近い方のゴールポスト)に最初動いたときに、相手の選手がすごく二アサイドをケアしてきたので、

真ん中にぽっかり空間ができたと思う。そこにうまく入れた。

片さん(片山選手)からもすごくいいボールがきた」

と振り返りました。

平繁選手のゴールをアシストした片山選手は

「狙ってできる選手ではない」と謙遜しながら

「ニアのエリアのポイントに、いいボールを送れるように、日々の練習から取り組んでいた結果」

と語りました。

昨シーズンから、北嶋コーチと二人三脚でクロスの精度を高める練習に取り組んできた片山選手。

全体練習が終わった後、ボールを置く位置、足の角度まで、理詰めで細部にこだわったトレーニングは

「日課」となりました。

サッカーだけでなく、スポーツだけでなく、その道で高みをめざすために、

特効薬や即効性のあるトレーニングや方法は、そうそうあるものではありません。

やはり、日常の準備や練習、努力や修行の先に、上達や成長、成功や達成があるのだと思います。

だからこそ、今回のゴールシーンは心から嬉しいものでした。

ただ、逆転には至らず、引き分けに終わり、ホームゲーム初勝利はなりませんでした。

片山選手は「勝ち切れなかった」、

平繁選手は「次のホームでは勝てるように」、

インタビュー中、最後まで表情が緩むことはありませんでした。

さて、次のホームゲームは、

4月11日(土)午後2時から、うまかな・よかなスタジアムで横浜FCとの対戦です。

ホーム初勝利へ、

48歳1ヶ月10日、Jリーグ最年長ゴール記録を更新した「キング・カズ」三浦知良選手擁する横浜FCを

迎え撃ちます。 この試合を、RKKテレビで実況生中継します。

山﨑雄樹

2015第4節対アビスパ福岡

「目の前には必要なことしか起こらない」

ロアッソ熊本の小野剛監督が昨シーズンから幾度となく繰り返してきた言葉です。

強くなるためには乗り越えなければならない壁、

目標を達成するためには克服しなければならない課題があります。

開幕からわずか4試合ですが、今、直面しています。

ロアッソは、アウェイ・レベルファイブスタジアムでアビスパ福岡と対戦。

開幕から3連敗中の福岡に対し、主導権を握りたい試合でしたが、

放ったシュートもわずかに3本と、いいところなく1対0で敗れ、今シーズン初黒星となりました。

4試合で1勝2引き分け1敗、勝点5で13位、「どん底」というような成績ではもちろんありませんが、

開幕前のカップ戦などから一転して、「自分たちのサッカーができていない」。

多くの選手が口にします。

前線からの積極的な、かつ連動したプレッシングからボールを奪う守備、

タッチ数を少なくテンポ良くパスをつなぐ攻撃。

これらの持ち味が鳴りを潜めてしまっているのです。

アウェイのスタジアムのピッチの状態、

そして、対戦相手が、ロアッソのプレスにかかるまいと、中盤でのパスワークを省略して、

ロングボールを多用した攻撃を展開し、それに、なかなか対応できていないことが原因です。

小野監督も

「(第1節の)水戸か(第2節の)群馬に勝っていれば、あの手のチームに苦しむことを

払拭させてあげられたのに」、「技術的なものよりメンタルが問題」

と語ります。

ただ、一方で、冒頭に記したように

「シーズンを通して成長していく。授業料を払ったけれども、しっかり勝てるようになる」

と前向きな姿勢で臨みます。

ところで、この試合には不運も重なりました。

福岡市内の宿は予約がいっぱいで、久留米市内のホテルに宿泊したチーム。

バスで、福岡市内のスタジアムに向かうために九州自動車道に入ったところ、

途中の筑紫野インターチェンジ付近で6台が絡む玉突き事故が発生し、

大渋滞に巻き込まれてしまいました。

到着が大幅に遅れ、通常は、40分ほど行うウォーミングアップを12分しか行うことができませんでした。

かつて、韓国代表のフィジカルコーチをつとめ、

今シーズン、ロアッソのコンディションニングアドバイザーに就任した池田誠剛さんが

「優先順位を考えて」メニューを組み、なんとか選手たちをピッチに送り出すことができました。

翌日、池田さんに

心と体の準備、そして、アウェイのスタジアムの場合、芝生に慣れることの重要性を教えていただきました。

スタジアムで取材した私も、なんともやるせない気持ちを抱えて、帰途につきましたが、

準備の重要性を再認識することができました。

自分の仕事に置き換えてみても

たとえば、実況中継前に…

資料を十分に作ることができなかったら、内容に間違いがないか確認することができなかったら、

スタッフとしっかりと打ち合わせができなかったら、

発声練習をできなかったら、いつも使うストップウォッチや筆記用具がなかったら、

キリがありませんが、きっと不安や心配を抱えたまま、放送に臨むことになるでしょう。

1日(水)には、中2日の試合を迎えます。

改修工事が終わったうまかな・よかなスタジアムでの今シーズン最初の試合、

J2参入8年目、ホームゲーム通算50勝目をめざします。

おっと、1日(水)午前2時前になってしまいました。

過度な準備も考えもの、過ぎたるは及ばざるが如し。

山﨑雄樹

2015第2節対ザスパクサツ群馬

報告・連絡・相談、いわゆる「報・連・相」や

「ありがとう」という感謝の言葉などのコミュニケーションは別として、

こびへつらうような、悪い意味での「社内営業」や、過剰な自己アピール、誇張したパフォーマンスは

あまり好きではありません。

淡々と取り組み、黙々と打ち込んだ先に、

評価されたり、ときには人知を超えた力が働いたのではないかという劇的なことが起こったり、

そう考えています。

ロアッソにとっては、ホーム開幕戦、熊本市水前寺競技場でザスパクサツ群馬と対戦しました。

右膝前十字靱帯断裂で長期離脱の35番FWアンデルソン選手に加え、

得点源として期待される11番FW平繁龍一選手も「重くはない」と言うものの怪我で欠場。

ワントップをつとめた17番FW齊藤和樹選手が、前線の起点としての役目を一手に担うことになりました。

平繁選手がワントップに配置された開幕戦、齊藤選手は2列目の中央でプレー。

齊藤選手は、トップでも2列目でも、その2列目の、中央でもサイドでもプレーできるプレーヤーです。

ピッチ外では穏やかなで物静かな性格ですが、

(かつてはピッチ内での声かけも少なく、

当時の首脳陣から「あいつはテレパシーで会話している」と揶揄されたこともありましたが…)

ゲームの2日前、ポジションについては「どこでも自分の仕事をするだけ」と言い切りました。

前半5分、群馬に先制を許したこの試合、

ロアッソは、28分、群馬が自陣PA内でボールの処理に手間取るところを、

齊藤選手が狙い、猛然とプレスをかけ、そこに、39番MF嶋田慎太郎選手が切れ込み、

相手選手に倒されて、PKを得ます。PKを嶋田選手が成功させて同点。

さらに、34分にも、齊藤選手が相手DFに激しいプレスをかけてボールを奪い、嶋田選手へ。

嶋田選手がGKとの1対1を落ち着いて制し、逆転。

ロアッソが昨シーズンから武器とする、前線から積極的にボールを奪いに行く守備からの2得点。

そのスイッチを齊藤選手が入れました。

しかし、後半20分群馬にFKを決められ、同点に追いつかれると、

試合は最後までお互いに勝点3を狙ったゲーム展開に。

なかでも、齊藤選手らしさが出たのは、44分のCK。

27番MF中山雄登選手選手がコーナーアークにボールを置くと、すぐさまキック。

二アサイドにいた齊藤選手のヘディングシュートはゴールの枠をとらえますが、

群馬GK富居大樹選手のファインセーブ惜しくもゴールならず。

注目すべきは、CKの前のプレーからヘディングシュートに至るまでのプレーです。

手前のタッチラインから中山選手が右サイド深くのスペースを狙って、スローイン。

そのスペースに走り込み、懸命にマイボールにしようとする齊藤選手。

最終的に、相手DFと交錯し、ゴールラインを越え、ピッチに倒れ込み、

かなり痛そうな表情を見せ、90分近く体を張り続けた疲労感を漂わせながらも、

すぐに立ち上がり、CKに備えました。

倒れてからヘディングシュートまでの時間は、わずか12秒でした。

試合後、惜しかったヘディングシュートについて、たずねると

「もう少し上を狙わないと」

と短い言葉で振り返りました。

相手選手と競り続けた名誉の負傷というべきでしょうか、右の瞼には切り傷がありました。

淡々と、黙々と。

次節こそ、今シーズン初勝利をめざします。

山﨑雄樹

2015第1節対水戸ホーリーホック

知将小野監督をして

「このピッチに対して、どういうサッカーを一番効果的か、相手チームの方が準備が勝っていた。

こういうピッチのなかで、どうやって相手にプレッシャーをかけていくか、圧力をかけて、

相手が嫌がるプレーをするか、そこへの対応が遅れてしまった」

と言わしめた黄色く枯れた夏芝、そして、水戸のロングボールやカウンター攻撃に苦しみました。

浴びたシュートは実に19本、

「負けなかったことと、無失点に抑えられたことが、自分にとっても、チームにとっても大事。

ほっとした」とJ1サンフレッチェ広島から移籍した31番GK原裕太郎選手が話した通り、

自身はファインセーブを連発、また、フィールドプレーヤーの体を張った守備もあり、何とか無失点、

アウェイで貴重な勝点1を得ました。

さて、今シーズンも「最後の試合まで、前のゲームより成長し続けるシーズン」を目標に掲げる小野監督。

3月15日(日)ホーム・熊本市水前寺競技場に帰って、

ここ3シーズン、6試合連続勝てていない難敵、ザスパクサツ群馬を相手に

シーズン開幕前から、準備してきたサッカーを表現できるか、

たとえ、ピッチ状況や天候の影響を受けようとも、勝点3を得ることができるか、

ファンやサポーターは、今シーズン初得点、そして、今シーズン初勝利、歓喜の瞬間を待っています。

昨シーズン、チームトップの全42試合中41試合、全3780分中3616分に出場した17番FW齊藤和樹選手は

「絶対に勝点3を取って、この引き分けをいい引き分けにできるように頑張る」と意気込み、

「ボールを奪われても、すぐに奪い返せるように、攻撃でも守備でもコンパクトな陣形を保ちたい。

開幕戦は間延びしていたが、そこは意識の問題。意識を変えれば、大丈夫」

と力強く、話しました。

また、開幕戦でキャプテンマークを着けてプレーした副キャプテン8番髙柳一誠選手は、

ここ数年、膝の怪我に苦しんできた自身に鑑み

「怪我なく、開幕を迎えられたことに、周りの人に感謝すると同時に、幸せを感じるが、

何のために(完全移籍でロアッソに)来たのかと言えば、チームの目標であるJ1昇格を達成するために

このチームに来たので、もっとレベルアップしたい」

と引き締まった表情で語りました。

さあ、ホーム開幕戦へ。

私も、今シーズンもスカパー!Jリーグ中継などの実況アナウンサーとして参戦します。

山﨑雄樹