癒し系ボランチ

成人式の夜のVIVA!ROASSO RADIOは
ロアッソ熊本の新成人のひとり、上村周平選手をゲストにお迎えしてお送りしました。

放送前から、そして放送開始後も
本当に多くのメッセージが寄せられました。
中にはあんな選手やこんな選手からも。
(聴いていない方はポッドキャストをチェック!)
チームはもちろん、ファン、サポーターにとっても
“弟的”存在なのかもしれませんね。

自身にとって「勝負の年」という上村選手の2016年のキーワードは
「新しい道」。

今年は初ゴールにも期待です。
上村選手の得点で勝利し、
「天使のカモンロッソ」を見たい!
kamimura1

さあ、チームはいよいよ17日始動です。
ワクワクが高まる一週間の始まり!
(ビバラジD)

気になる○○軍団の新加入

あけましておめでとうございます。
2016シーズンもよろしくお願いします。

2016年最初のVIVA!ROASSO RADIOは
本日契約更新が発表された背番号2黒木晃平選手をゲストにお迎えしてお送りしました。

前回ゲストに来ていただいたのは2013年の12月30日だったので、
じつに2年ぶりのスタジオ入り。
しかしながら「やすこの部屋」における、本人の出演回のみならずの露出頻度の多さや
昨シーズン東京ヴェルディ戦後に電話出演いただいたりと、
あまり「久しぶり」という感じはなかったのですが。。。

kuroki1
オンエア前、「緊張するっ!」といいながらも
サッカーの話から、持ち前(?)のポーカーフェイスの話、
さらにはポッドキャスト限定配信では某軍団の話までと、
黒木選手ならではの時間でした。

今シーズン、「やすこの部屋」に「あきこ」の登場はあるのか?!
こちらもお楽しみに♪

番組で掲げていただいた「ホーム戦でゴール」、
期待していますっ!
kuroki2

黒木選手ありがとうございました。

そして!
来週のゲストは・・・
背番号38上村周平選手が登場です!
メッセージ、質問もお待ちしています!

(ビバラジD)

2015年の締め!

2015年最後の「VIVA!ROASSO RADIO」は
岡本賢明選手をゲストにお迎えしてお送りしました。

思えば、今年1回目の放送1月5日のゲストも岡本選手。
岡本選手に始まり、岡本選手で終わり、
さらには、今年多くの反響を頂いた「やすこの部屋」と、
2015年のビバラジは「岡本選手とともに歩んだ一年」といっても過言ではありませんし、
感謝しきりです。

「やすこの部屋」が始まって以来、
番組宛に来る岡本選手に関するメッセージの主語も
「やすこさん」と書かれたものがかなりの確率で増え、
岡本選手自身もゴール裏から
「やすこー!」って呼ばれることが多いとか。
「・・・すみません。」と思いながらも、それも嬉しかったりしているビバラジDです。

一年ぶりのスタジオトークもさすが!でした。
また、ラジオに来るのにこんなTシャツ着てくるところなんかも。。。
okamoto2
「黙」って。。。

「やすこの部屋」シーズン2の開幕もお楽しみに!
そしてなにより、2016シーズンはホームゲームでのゴールも期待しています!
ヒーローインタビューで「やすこコール」起きるの楽しみだなぁ。。。笑
okamoto1
(山崎アナのTシャツは今年の北海道マラソンのもの!偶然着ていたらしい)

岡本選手、ありがとうございました!

(ビバラジD)

守護神 登場!

今夜のビバラジは、背番号41シュミット ダニエル選手をゲストにお迎えしてお送りしました。
今シーズン、苦しい時期に再び熊本へやってきて
名実ともにロアッソの守護神として、その姿を皆の目に焼きつけたシュミット選手。

 

番組へも放送前から多くのメッセージが寄せられました。

 

ゴールマウスを守る姿はもちろん、

試合後のインタビューでも感じていたことですが、

喋らせても、どっしり構えた雰囲気がこれまたたのもしい!

 

熊本に来てくださってありがとうございます!

そして、近い将来、日本代表のユニフォームに袖を通し、

ゴールを守る姿を待ち望んでいますっ!

schmidt1

・・・・・やっぱり大きいですねぇww

 

(ビバラジD)

 

今夜は清武選手がゲスト!

今夜の「VIVA!ROASSO RADIO」は
背番号28清武功暉選手をゲストにお迎えしてお送りしました。
kiyotake1

今シーズン途中加入ながら19試合で7得点。
そのプレー、ゴール共に、多くのサポーターの目に焼きついたのは間違いありません。

RKKラジオには、第38節磐田戦の告知のため
他の番組に鈴木選手、嶋田選手とともにご出演いただきましたが
お一人での出演は初!
ということで、かなり「緊張しています」とおっしゃっていましたが、
いやいや、軽快なトークであっという間の30分でした。
kiyotake2

さらに、せっかく来ていただいたので
ポッドキャスト限定配信「Motto Motto roasso」を久しぶりに復活し
お付き合いいただきました。

こちらには福岡大学時代の同級生で
RKKラジオミミーキャスターの宮崎友里江さんも登場!

kiyotake3

同級生トークに花が咲いた・・・かどうかは
ポッドキャストでお聞きください!

清武選手、今夜はありがとうございました!
(ビバラジD)

来週7日のビバラジ

皆様いかがおすごしでしょうか。
シーズンオフのこの時期、
やはりなんだか気が抜けてしまいますよね。

そんな方々に朗報!(笑)

来週7日(月)の「VIVA!ROASSO RADIO」は
シーズンオフ恒例、選手をスタジオにお迎えしてお送りします!!

今回スタジオに来てくれるのは・・・・・・

背番号28 清武功暉選手 です!

清武選手への質問、メッセージもお待ちしています♪

(ビバラジD)

 

2015第40節対水戸ホーリーホック

28番MF清武功暉選手が試合後、涙を流していました。

勝てば、

J1昇格プレーオフ進出圏内6位千葉との勝点差が3まで縮まる大事な試合でした。

後半14分に、清武選手のロングスローを4番DF園田拓也選手がPA内で競り、

そのこぼれ球を39番MF嶋田慎太郎選手が利き足ではない右足を振り抜き、先制。

しかし、その4分後の後半18分、水戸に同点ゴールを許し、1対1。

前節のセレッソ大阪戦に続いて、追いつかれての引き分けで、

順位はひとつ下がって12位、6位との勝点差は5。

残り2試合、極めて厳しい数字になりました。

「きょうは絶対に勝たないといけない試合だったし、

僕自身チャンスもあったので悔しかった。

このチームに来て、僕が結果を残さなければいけなかったので悔しい。」

と涙の訳を語りました。

そして、

「僕が来たとき、ロアッソは低迷していて

ダン(41番GKシュミットダニエル選手)や僕が結果を残して、

このチームをプレーオフまで上げるという強い思いがあった」

と胸のうちを明かしてくれました。

清武選手は今年7月1日にJ1サガン鳥栖から期限付き移籍でロアッソに加入、

当時、ロアッソの順位は20位でした。

今シーズン、ここまで(第41節終了時)18試合に出場し、

4試合連続を含む7ゴールの活躍を見せました。

また、シュミットダニエル選手がJ1仙台から期限付き移籍で加入した6月1日、

ロアッソの順位は21位でした。

シュミットダニエル選手は、25試合に出場し、19失点、

それまでの16試合での失点数は25、大幅に失点を減らしました。

「清武選手にとっては、J1昇格は夢物語ではなく、

本気で上がりたいって思ってたんでしょうね…」

この日のテレビ中継の解説、松岡康暢さんがつぶやきました。

自身の体験と重ね合わせるかのように。

チーム発足2年目の2006年、J2参入の条件となる「原則2位以内」をめざして

JFL・日本フットボールリーグを戦っていた当時のロッソ。

シーズン終盤の10月、J1ガンバ大阪から期限付き移籍で加入した松岡さん。

12月3日、佐川急便大阪との最終戦、1対0で敗れ、結果は5位、

J2参入の夢が散った大阪・鶴見緑地球技場のピッチにも立っていました。

「戦力外ではないけれど、

所属チームからは『今は必要ない』と思われて、レンタルに出されて…」

松岡さんが、今、振り返る、そのときの本音でしょう。

自身の誇りをかけて戦い、

人目をはばからず、赤のユニホームを熱い涙で濡らした清武選手。

心から、「ありがとう」と言いたいと思います。

激動の2015シーズンも、あすが最終戦です。

山﨑雄樹

2015第38節対ジュビロ磐田

3連勝でプレーオフ進出圏内6位との勝点差は4、

大事な一戦に、ファンやサポーターおよそ200人が、バスで会場入りする選手たちを大声援で迎えました。

4番MFキャプテンの園田拓也選手は

「スタジアムに入った瞬間に真っ赤なサポーターに迎えられて、

より一層、気持ちも入ったし、絶対に負けられないという気持ちで入った」、

3番DF鈴木翔登選手は

「スタジアムに入るときに嬉しかったし、絶対に勝ってやろうという気持ちをさらに鼓舞してくれた。

ものすごいモチベーションで臨むことができた」、

それぞれ気持ちの高まりを振り返りました。

しかし、前半5分、磐田のスローイン、

左サイドからのクロスに、J2得点ランキングトップ、元イングランド代表のジェイ選手に

ヘディングシュートを決められ、先制を許しました。

鈴木選手がきっちりマークについていましたが、体ごとなぎ倒されるような強烈な一発でした。

鈴木選手は

「開始早々に失点してしまったことが、チームにとって痛手で、自分の甘さが象徴的に出たシーンだと思う」

と悔やみ、

園田選手は

「簡単にクロスを上げさせてしまったことがよくなかった。中は1対1の状況で簡単に合わせられた。

前半の入りだったので、強く行くべきだった」

と反省の弁。

確かに出ばなを挫かれる痛い失点でしたが、その後、流れを引き寄せたロアッソ。

前半33分、10番DF養父雄仁選手の右サイドからのクロスに、走りこむ園田選手、

園田選手には合いませんでしたが、攻撃を組み立て直し

11番平繁龍一選手が相手DFをかわしてシュート、惜しく右のポストを叩きます。

一連の攻撃は続き、

38番MF上村周平選手のシュート、養父雄仁選手の連続シュートと

波状攻撃に発展します。

ゴールこそなりませんでしたが、

今シーズン3番目に多い1万2000人を超える観客が沸きに沸きました。

この場面の影の立役者は

逆サイドに流れていった最初の養父選手のクロスを、懸命に追いかけ、追いついた

2番DF黒木晃平選手、

そして、ポストを叩いた平繁選手のシュートのこぼれ球を、

相手と競り合いながら体を張り、ものにした養父雄仁選手です。

後半26分に2点目を奪われ、2対0で敗れたことは残念ですが、

粘り強く戦う諦めない姿勢には心打たれるものです。

「サポーターの気持ちを汲むことができなかったこと、

声援を感動で返せなかったことが心残り。

次のゲームで結果としてサポーターの方々に感謝の気持ちを返したい」

と鈴木選手。

まだ残り4試合、戦いは続きます。

 

明日はラジオにテレビにロアッソ祭り!?

緊急告知でございます。

あすはRKKラジオとテレビに
ロアッソ戦士が生出演!

まずは午後3時から
RKKテレビ「WELCOME」オープニングトークに登場!

そして午後3時20分過ぎからは
RKKラジオ「小松士郎のラジオのたまご」に、
さらに、
午後6時40分「カリーノ下通Smile Avenue」に登場します!
(「カリーノ下通Smile Avenue」は蔦谷三年坂店のあるカリーノ下通のスタジオから公開放送です!)

出演する選手は・・・
鈴木翔登選手!
清武功暉選手!
嶋田慎太郎選手!
の3選手です。

明日のラジオとテレビ、チェックしてください!

(ビバラジD)

今夜のビバラジ!

やりましたー!
リーグ戦3連勝、そして4試合負けなしっ!
順位を9位まで上げ、プレーオフ圏内6位千葉との勝ち点差は4!

今夜のビバラジで、一緒に喜びを分かち合いたいっ!
ということで、

ある選手が緊急電話生出演決定!

お聴き逃しなくっ!

(ビバラジD)