柔らかいハードル!☆ミミー津田

 

木曜日は人吉市で陸上競技を頑張るこどもたちのために
用具を手作りしている尾方義宏さん(75)を紹介しました!
尾方さんは元々中学校の先生をしていて、陸上部の顧問。
60歳からは人吉ジュニア陸上クラブを立ち上げて週に1回
今も幼児や小学生に陸上の指導を続けています。

 

実際に指導を始めて、人吉球磨地域には陸上競技場が無いことから、
用具を手作りして公園での指導を始められました。

 

ハードルや、ラダー、ポールなどを子どもたちが怪我しないような
柔らかい素材で作っています。

 

 

 

実際に使ったこどもたちは、ぶつかっても怪我をしないという安心感があるので
思い切ってハードルを飛んでいるそうです。

 

 

尾方さんは手作りの用具で特許も取っていて、これからもっと多くの子供たちが使えるよう
広まっていけば嬉しいとおっしゃっていました。

 

 

またこどもたちは尾方さんの作った用具を使った後は丁寧に片付け作業を
手伝ってくれて物を大切にする心も学んでいるようでした。

 

 

私も片付けをお手伝い・・・☆

用具の色もカラフルで可愛いです。

 

これからまたいろんな用具を手作りしていく予定ということで
こどもたちのために頑張っていただきたいと思います。

 

 
尾方さん、ありがとうございました!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です