月別アーカイブ: 2017年12月

12月29日放送「年末年始の救急医療体制」

冬場はインフルエンザや感染性胃腸炎が流行する時期ですが、
年末年始は医療機関も休みのところが多くなります。
そこで熊本市では、医療機関の協力を得て、
12月30日から1月3日までの期間は特別な救急医療体制をとっています

休日在宅当番医は、市内の医療機関が交代で診療を行っています。
毎日の在宅当番医は、新聞やフリーペーパー等に掲載しているほか、
熊本市役所のホームページや「ひごまるコール」でも確認できます。
当番医の医療機関は、急きょ変更になることもありますので、
事前に電話で確認して受診するようお願いします。

次回の放送は、2018年1月5日(金)です。良いお年をお迎えください。

12月22日放送「年末年始の交通事故防止運動&特別警戒期間」

きのうから来年1月3日までの二週間は、
熊本県下一斉で「年末年始の交通事故防止運動」を実施しています。

・飲酒運転の根絶
・高齢者の交通事故防止
・シートベルトとチャイルドシートの全席着用の徹底
・自転車の安全利用の推進
など、この機会に自分の運転・交通ルールを見直してみてください。

また、防犯に関しても来年1月3日までは「年末年始の特別警戒期間」です。
年末年始は空き巣や振り込め詐欺、凶悪犯罪や街頭犯罪など、
一年の中でも犯罪が多発する時期です。
「戸締りを徹底する」「見慣れない番号からの電話には対応しない」など、
防犯意識を高めて、被害に遭わないように十分に注意してください。

次回の放送は12月29日(金)です。ぜひご覧ください。

12月15日放送「『メッセージノート』を作成しました」

熊本市では、市民一人ひとりが「人生の最終段階における医療」について理解を深め、
自分の人生の最終段階に受けたい医療について考えるきっかけをつくるために、
熊本市版のエンディングノート、通称「メッセージノート」を
平成28年2月に作成しました。

メッセージノートは、「医療政策課」、「区役所福祉課高齢福祉班」、
「ささえりあ」で無料で配布しています。
詳しくは、医療政策課までお問い合わせください。

次回の放送は12月22日(金)です。ぜひご覧ください。

12月8日放送「あすまでは障害者週間」

あす、12月9日までは「障害者週間」です。
熊本市では、障がいや障がいのある方への理解を深めるために、
様々な取り組みを行っています。

また、熊本市では「ヘルプカード」の配布を始めました。
ヘルプカードは、内部障がいや発達障がい、難病など、
外見から分かりにくい障がいのある方などが、
周囲の人に、配慮や支援を必要と知らせるためのカードです。

ヘルプカードを持っている人が困っている時には
電車やバスの中では席をゆずるなど、思いやりのある行動をお願いします。

次回の放送は12月15日(金)です。ぜひご覧ください。

12月1日放送「旧細川刑部邸の庭園・限定開放&食品ロス削減」

■旧細川刑部邸の庭園を限定開放しています

紅葉の見ごろにあわせて、旧細川刑部邸の庭園を
今週日曜まで限定開放しています。

開放時間:午前8時半~午後8時まで
※午後5時ごろからはライトアップを行います
※入場は無料です

■食品ロス削減に取り組んでいます

「30・10運動」にご協力をお願いします。

この運動では、
・「乾杯後30分間」は席を立たずに料理を楽しむ
・「お開き10分前」になったら、自分の席に戻って再度料理を楽しむ
ことをすすめています。

忘年会シーズンが本番を迎えるこの時期に、
改めて「食べ残しを減らす」よう、生活を見直してみてください。

次回の放送は12月8日(金)です。ぜひご覧ください。