真説!

洋平です。

男子たるもの、立ちシ○ンは堂々と仁王立ちでするものと

37年間思い続けてきたワケで。

(正確には立ってするようになってからですが)

しかしそこには問題があります。

足もとまで長い小便器に向かい肩幅程度に足を開いて致した場合、

飛び散った飛沫が足の甲のあたりに付着してしまうのであります。

ところが私は最近になって大変なことに気が付いたのです。

男の小便器の下にあるカップ状の受けの部分。

あそこに足を隠すようにして用を足せば、きゃつらの攻撃を防ぐことができる。

つまり、私がこれまで信じて疑わなかった『男子立ちシ○ン仁王立ち説』は

ここに見事に覆されたのであります!

この事実に出会って以来、私の靴に小さくもたくさんのシミができることは無くなり、

真の平和が訪れました。

しかし実家に帰ったときくらいは敷地内で堂々と致してやりたいと思います。

・・・そんなよもやま話(笑)

真説!」への1件のフィードバック

  1. 駱駝

    妹宅の洋式トイレには注意書きの貼り紙が有ります‥
    「パパと長男は立って用を足したら1週間ゲーム禁止の刑!」
    水もしたたる洋平さんは立ちション中、奥様から「座ってしなさい!」と水をさされるコトは無いですか?(笑)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です