日別アーカイブ: 2012年8月13日

あきらめた!

どうも村岡です。

 

今年は、無理です。

「美白」には なれません。

顔・首・腕・足の甲が焼けています。

鏡をみると がお~と思います。

すでに、ファンデーションがういています。
が、買い替えず そのままういた状態で使っています。

何人かの人から 「どこかへ行った?」と言われます。

いえいえ、取材焼けと 通勤焼けと
ひとりぶらぶら焼けです。

日焼け止めがききません。
そのまま、吸収してしまいます。

鏡をみるたび 残念!

 

soumenn.jpg

涼しくなれますよ~に。

あ~そうめん食べたい。

 

ミミーキャスター森下愛

今日は合志市上庄にいきました。
こちらにお住まいの大津健士郎(18)さんは、
最年少ながらも肥後チャボ展で優勝したんです。

肥後ちゃぼはにわとりよりも小さな鳥で、
その重さは3分の1程です!
しかし、一つ一つの羽が立派で、
大きい羽根は約30センチあるんですよ!

IMG_5607.jpgその肥後ちゃぼ展では、
トサカや羽根、体格、重さなどの色や形を審査します。
育て方で変わっていくそうなんです。

そんなちゃぼを大津さんは中学3年生の時に
ちゃぼ展にいって出会い、
そのかわいさに惹かれ飼い始めました!

家族のどなたも飼った事がなかったので
ちゃぼ展で出会った先輩に育て方を学んで育てています。

今はちゃぼを20数匹飼っていますが、
飼っているカゴから手作りです。

日々、愛情をそそぎ、
ちゃぼ展でも、審査される重要なトサカを
指でマッサージをしてあげるんですよ。

ちゃぼも気持ち良さそうで目ゆっくり閉じていくんです。

可愛い姿でした。

肥後ちゃぼは熊本の大事な動物です。天然記念物でもあるそうなんです。

その肥後ちゃぼを、
たくさんの方に飼ってもらいたいと大津さんは願っています。
これから、
肥後ちゃぼの可愛さ魅力に1人でも多く気づいてほしいですね

興味のある方は
肥後ちゃぼ保存会事務局に連絡してみて下さい。

肥後ちゃぼ保存会事務局
0963810327

 

CA9AI4ED.jpg

8月13日 ラジたま大喜利

今週は大喜利。

お題は 「夏の行楽地でリポーターが言ってまずい一言」

 

「夏の行楽地でリポーターが言ってまずい一言」

「何って」

「今、近くの海水浴場に来ています。
 年配の人ばかりなのであまりやる気がありません。」

ピースの綾部さんは喜ぶかも

 

作:特急ミレン