8月20日

天草商工会とラジたまがコラボしてお送りする天草豚料理プロジェクト。

今回は強力な助っ人をお呼びしました。

和食仲むらの中村康弘代表です。

CIMG2052.JPG

前回のタコ丼プロジェクトの時にも協力をいただきました。

中村さんによると豚肉は脂身が上手いということで酸味、甘味、味噌味と
相性がいいということです。

そして、ご飯とも相性がいいということで我々が目指している丼という考えは
間違えではないということが証明されたようです。

それとラジオのたまごという番組なのでたまごを使いたいという意見には
生・ゆで・錦糸・炒り・そぼろと色々な形で使えるということです。

中村さんが考えているのは豚の蒲焼丼。

うなぎの代わりの豚を使おうというものです。

番組ではまだまだ、皆さんの料理のアイディアをお待ちしています。

締め切りは8月31日です。

8月20日」への1件のフィードバック

  1. 天草市商工会まつもと

    中村さん
    前回のタコ丼でもたいへん
    お世話になりました。
    今回の豚料理についても
    よろしくお願いします。
    有明のタコ丼は、お陰様で
    名物と言われるほど定着しました。
    だた、タコ丼開発の翌年頃から
    タコの獲れる量が極端に
    減少して、飲食店さんも
    たいへん困っておられました。
    今回の豚については
    そのようなこともないかと思います。
    天草の名物、豚料理に
    育てていきたいと思っていますので
    小松さん、村岡さん、
    指南役の中村さん
    どうか、よろしくお願いします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です