9月20日 九州情熱人 早木チサ

今回の九州情熱人は玉名市でボランティアで踊りなどを
老人ホームなどで披露している早木チサさん

CIMG2125.JPG

踊りを始めたのは小さいときにお姉さんが勤めていた満州の病院で
自分のつたない踊りで患者さんが喜んでくれたから。

以来、早木さんは菊踊会を作り、42年間ボランティア活動を行ってきました。

始めは踊りだけだったのが会員の旦那さんがハーモニカが出来ると

いうことでメンバーに入り、会員でマジックが出来る人がいたので

マジックも取り入れることになり、出し物の幅が広がっていったそうです。

早木さんがボランティアを続けられるのは見てくれた人の

「また来てはいよ」という言葉。

そして、早木さんたちは訪ねた施設でお手製のペーパークラフトを

プレゼントしています。

CIMG2128.JPGその施設を訪れたときのペーパークラフトが飾られていることもあるそうです。
CIMG2129.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です