ミミーの〇〇プロデュース☆ミミー永木

今日のミミーの〇〇プロデュースは、
玉名市天水町におじゃましました(^^)v
こちらをハバネロの里にしようと盛り上げていらっしゃる
荒田 美智代さんにお話をお聞きしました(*^^*)
7アールの広さの畑には
およそ1000株のハバネロが植えてあります☆
1株からは、約100個から150個とれるそう♪
見た目は可愛らしいんですが、
食べるとタバスコの140倍だそう(/ー ̄;)
想像できないほどの辛さです。。。
そのため、収穫する時はもちろん手袋をつけて収穫されてるそう(^_^)
収穫は8月~11月頃まで行われるそうですが、
今年の出来は140パーセントとおっしゃっていました☆
メキシコが原産国のハバネロは
熊本の気候にもあっているそうです!
今年は雨が多かったけど、逆に雨にも強いということが分かったそう☆
ハバネロを利用して、
もちろん生でも販売されていますが、
ハバネロ辛司(しんし)という加工品も作っていらっしゃいます☆
DSC_3652.JPG
お父様の司さんから、司という字をもらって、
辛味をつかさどるという意味で名付けられたそう(*^ー^)ノ♪
加工品もお1人で!
ラベルなども1人で作られているそう!
辛いものが好きな荒田さん!
辛いだけではなく、美味しさもあるものを作りたい!
ということで、6年前にハバネロを栽培(^^)v
元々農業経験が少しあったそうですが、ハバネロの栽培は初めて!
それをお父様に教えてもらいながら栽培されて、
今のところ失敗はなくよく出来ているそうです(^-^)/
今はハバネロは罰ゲームとして利用されている方が多いので、
罰ゲームとしてではなく、
みなさんに広まっていってほしいとおっしゃっていました\(^-^)/
これからもいろんな加工品を作って、
玉名市天水町がハバネロの里になるように頑張ってほしいなと思います(^_^)
今日はありがとうございました♪
DSC_3650.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です