九州情熱人 大津町 2代目 イモセガレブラザーズ 中瀬靖幸さん

今週は 菊池郡大津町 2代目イモセガレブラザーズ 中瀬靖幸さんを紹介。

%e4%b8%ad%e7%80%ac%e3%81%95%e3%82%93
大津といえば これからが旬のからいも。
今年は、地震にも豪雨にも負けず 美味しい芋が出来ています。
その大津で 先人たちの意思を受け継ぎ 2代目のセガレ達が このままではいかん!と
昨年発足した 2代目イモセガレブラザーズ。
現在、平均年齢35歳メンバーは9人です。
%ef%bc%99%e4%ba%ba
活動は「オーナー制度」!!
収穫体験をしていただいた後に その から芋を2か月間室で寝かせ熟成したものを
オーナー様へお送りするもの。

きっかけは、大津の色んなところで 芋ほり体験が行われている。
が、お客様から「今年は ハズレだったね」と言われたとか。

決して、から芋が美味しくないわけでなく
ただ、収穫してすぐだったので・・・熟成していなかったのですと。

大津町のから芋は 先人たちの知恵で
室で寝かせることで 熟成したから芋ができる。

室は、いも畑に 土が盛りあがった様な所がある。
%e5%ae%a4
湿度13度前後、湿度80%以上。
そこに、泥付きのから芋が入ったコンテナが並ぶ。
%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e6%b8%a9%e5%ba%a6%e3%81%84%e3%82%82

この「室」の技術は 大津町が初!なんだそうです。

「室」のおかげで出荷期間が延び 糖度も上がるようになった。

収穫してすぐの から芋は いも天にして食べたほうが
栗のようにホクホクして美味しい。
2か月置き熟成したから芋は 糖度約40度ほどで
焼き芋で食べると ねっとりしてなめらか。
スウィートポテトの様に甘みがあって美味しいのだとか。

セガレ達は徹底して「熟成」にこだわる。
大津の美味しいから芋を「美味しい」と言って食べてもらいたいから。

中瀬さんは就農して4年。
それまでは 東京の出版社で営業を担当。

その時、好きだったほ本が「エスプレッソの本」
しかし、売れてる様子はなく・・・
なんで いい本なのに売れないのか???
それは 物が良くてもアピールが足りないと
その物の良さがわかってもらえない。

その考えを から芋でも活かせれば・・・・
アピールすれば もっと大津のから芋が変わるかもしれない!!と
現在・・・模索中。
%e7%95%91
台湾で販売することも交渉中。  そして
RKKテレビ 週刊山崎くんで 熊本菓房と2代目イモセガレブラザーズが共同でスイーツを
開発中。 12月に販売する予定。

昨年から行っている 「オーナー制度」は・・・今年も11月下旬に予定。
ですが、昨年参加してくれたオーナーさんが優先ですので
募集をするかどうか未定。募集の場合は 10月下旬にインターネット
イモセガレブラザーズホームページにUPされます。

今は、熟成期間です。
収穫は始まっていますが
11月ごろ?から 熟成した大津のから芋を出荷予定です。

音声はこちらから↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です