よ!成田屋~

どうも 村岡です。

博多駅前の道路陥没の日 (わざわざ言わんでいいか!)
博多座へ行き 市川海老蔵の石川五右衛門を観ました。

楽しかった~~~^^
%e3%81%8a%e8%8c%b6
衣装の艶やかさ。
演出。

でも ひときは 目を引いたのが
私にとっては 市川右近。

主役の市川海老蔵もいいのですよ?
でも、圧倒的 市川右近の存在感があったのです。
なんだ、なんだ~~~??と気になって。

後は、脇をかためる三味線の方 長唄の方が気になる。

私は変ですかね???
三味線や長唄の方も家族で引き継がれているのかな?とか。
この方々までの生活を成田屋は支えているのだよね???
やっぱり 歌舞伎って家族ぐるみで支えることになるのかな??とか。

すみません、下世話なことまで想像を膨らませていました。

それと、もうひとつ オープニングの市川五右衛門の文字は
誰が描いたのだ~~~と。

いや~~楽しみました^^

もう少し 年齢を重ねたら
着物をきて粋に歌舞伎を楽しみたい。

次は明治座だ!

やばい、歌舞伎にはまりそうです。

お金よ!降ってこ~~い。

よ!成田屋~」への3件のフィードバック

  1. 東京モン

    全然おかしくないですよ。むしろ、「脇」の方々に目が向くなんて、粋ですよね。

    圧倒的な主役は目に入って当たり前なんだと思います。

    よ、村岡屋!お目が高いぞよ!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です