日別アーカイブ: 2016年11月21日

逃げ恥!

どうも村岡です。

逃げ恥!と聴いてピンとくる方・・・・
テレビ見てますね。  ニヤリ( ̄▽ ̄)

私も何度か見ちゃいました。

「逃げるは恥だが役に立つ」が正式タイトルのドラマ。
で、恋ダンスが話題になっている? なっていた?

RKKも 踊っちゃってます。

しかし
あの、ガッキーと星野源のシステムいいな~ビジネス婚。
雇用主と従業員。
家事全般をしてお給料がもらえる。

画期的だ!
%e3%81%8c%e3%82%81あ、これは↑ やつしろのがめさんダンスでかぶるもの。

 

くまもとよかもん見つけ隊☆ミミー岡本

今日は八代市立図書館で「図書館シネマ」と呼ばれるボランティアをしていらっしゃる井上晴美さんをご紹介しました^^

図書館シネマは2ヶ月に1回、奇数月の第2日曜日に行われます。時間は午後2時からで、入場は無料です。
図書館の中の大会議室で、スクリーンにプロジェクターで映して上映されます。
多いときは100人を超える方が観にいらっしゃいます!!!
晴美さんは元八代映画鑑賞の会の代表をしていらっしゃいました。
10数年前、お知り合いの方から図書館シネマをしてみないかとのお誘いがあり、以来お1人で図書館シネマという取り組みをしていらっしゃいます。

上映する作品は晴美さんがチョイスをします。
特にこれ!といったテーマを決めずに幅広いジャンルの映画を流しているそうです。
例えば時代劇や邦画はもちろん、インド映画や、フランス映画、韓国映画など海外のものも多く上映しています。
そこには、色々な映画があることを分かってほしいし、ストーリーとは別にその国の文化が分かることも楽しんでほしいという晴美さんの思いがあります^^
ただ、観た方が温かく、柔らかく、気持ちよく帰っていただけるような作品を選びたいとおっしゃっていました☆
また、上映前に晴美さんが流す映画の説明をされます。
しかし感想を言うことはあっても、こういう視点で見てほしいというようなことは言わないよう気をつけているそうです。
映画は皆で一緒に観て、それぞれ違う感想を持つことが面白いとおっしゃっていました☆
自分の感性を大切にという晴美さんのこだわりです^^

映画を好きになったきっかけは、終戦直後の幼い頃、疎開先の兵庫で娯楽として映画を皆で始めて観たことだそうです。
当時はラジオしかなく、映像で皆で集まってみることに感動したのだそう。
きっと戦争の時代に生活をされていた方々にしか分からない衝撃だったと思います。
そのときの感動からずっと、晴美さんにとって映画は人生の基盤になっているそうです。
成人されて八代へ来ましたが、今まで1度もお仕事で映画に携わったことはないそうです。
自分が映画を好きで、ボランティアでしてきたからこそ今まで志おちることなく取り組めたそう。
そうおっしゃっていた晴美さんの目は輝いて本当に素敵でした!!!
また、八代の人のおおらかさや土地のよさに惹かれたそうで、八代の役に立ちたいという思いも語ってくださいました。
自分を支えてくれている映画と八代に恩返しをしていきたいとお話されていました。

晴美さんのお話を聞いて映画が観たくなりました!
家で観るのではなく映画館で観る事は、ある意味決意をして集中してみることです。
とてもリフレッシュも出来ると思います!
観た後の自分の感性も大切にしていきたいですよね^^
今日は晴美さんありがとうございました!!!img_4782

まだまだ?

寒さに焦がれるコマツくんです、

凛とした寒さが好きですが、なかなか寒くなりませんね!

着る物も何を着ればいいのか悩むこの頃です。

個人的に結構慌ただしい時期が過ぎて、

ちょっと一息のこの頃です、のんびりと紅葉狩でもとの気分ですが、、、。

休みの時は又々断捨離、壊れたソファーベッドを捨てたり、

色々と取り組んでいますが、道半ば、総体であと半分はなんやかや捨てたいところ、

今年をめどに頑張ろうのこの頃であります。

まずはこのでかい食器棚、中の物も半分は処分する決心だが、、、!

img_5256