おやつタイム☆ミミー岡本

今日は菊池市隈府にある、よしのや菓舗で作られるいちご生大福をご紹介しました☆

 

店内は白が基調とされていてとてもおしゃれです♪

image5

お話は2代目の柴田健二さん(72)に伺いました。

 

よしのや菓舗は大正8年創業でとても歴史のあるお菓子屋さんです。

当時は和菓子を中心にお菓子作りをされていたそうですが、健二さんが生クリームの美味しさに感激し洋菓子作りにも力を入れていかれたそうです!!

 

バタークリームが主流だった当時からすると、衝撃的な出会いだったとおっしゃっていました!

 

 

今息子さんが3代目として、主に洋菓子を担当して作っていらっしゃいます。

健二さんは和菓子担当、奥様はお店の顔として販売をされています(o^^o)

 

和、洋、焼菓子が約50、60種類ほど並んでいます!

image4image7image6

お邪魔した時はちょうどおやつ時でお忙しかったのですが、ご家族で分担されていてチームワークも素敵だなぁと思いました(*^^*)

 

そんなよしのや菓舗で作られるいちご生大福がこちらです!

image3

 

中にはスポンジと生クリーム、そしてごろっと菊池産の紅ほっぺが!!image2

生クリームと苺の甘味と酸味のバランスが最高でした!

 

また、健二さんはお菓子を食べると幸せな気持ちになるので、皆さんにも幸せを感じてほしいとおっしゃっていました。

 

私もその通り、健二さんの思いが詰まったいちご生大福を食べてほっこりとした気持ちになりました(o^^o)

 

 

直径約6センチで満足感のあるいちご生大福は1つ290円(込)で販売されています☆

 

菊池市へお出かけの際は立ち寄られてはいかがでしょうか?(*^^*)

お休みは毎月第1火曜日です。

 

健二さん、みなさんありがとうございました!!

image1

 

おやつタイム☆ミミー岡本」への2件のフィードバック

  1. 草団子遥

    岡本さんのリポートは、聴いていてとても心地よくなります。声のトーンやスピードとか。
    今日のお菓子屋さんはどんな感じのお店かな?と思っていましたが、写真を見て想像どおりでした。どの写真も素晴らしく撮れていると思います。
    僕もいわゆるスイーツが好きな男子だったら、もう少し女の子とデートしたり出来たかもしれませんね。
    あんこが好きな女性と出会いたいものです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です