日別アーカイブ: 2017年2月8日

レディ音☆ミミー永木

今日は宇土市宮庄町にある
雨乞い大太鼓が29基保存されてる
日本唯一の宇土市大太鼓収蔵館をご紹介しましたo(^-^)o

お話は 宇土市文化課の藤本さん
うと太鼓まつり実行委員会 高田さんに聞きました!
2月末までは入館無料です♫
どなたでも入れます^_^
収蔵館の中には江戸時代〜明治時代にかけて作られた
全部で29基の大太鼓があるんですが、
その中で26基が現役で使われているそう!(^O^)


直径60センチ〜直径1メートル30センチの
様々な大きさのものがあります★

1番古いものは1673年のものだそう!

革を張り替える以外は、
その当時のままだそうです!
立派な形で残っていてすごいなと思いましたo(^-^)o
雨乞い大太鼓の特徴は、
ケヤキの大木をくりぬいて太鼓の胴に使っているところで、
周りに木星といって14面体の飾りが両縁に30数個ずつ付いています。
以前はこれでとめていたのではないかと言われているそうです!
途中この大太鼓は、神社やお寺で保存されていたり、
牛の堆肥をいれるものに利用されていたそうなんですが、
昭和61年の椿原地区の太鼓の張り替えをきっかけに復活!

この時に第1回の太鼓まつりがおこなわれたそう♫

高田さん自身も中学校の時から太鼓を始め、
自分の声であり、家族のような存在とおっしゃってました(^O^)!
それだけ近い存在のものがあるって素敵ですよね★

このバチを使って演奏されます!

 

また、国重要有形民俗文化財にも登録予定だそうです(^。^)♫
また盛り上がりそうです!

 

また太鼓を使ったお祭りが、
今度の日曜日宇土市民会館で行われます!
詳しくは宇土市民会館にお問い合わせ下さい♪

多くの方に暖かい室内で熱くなる演奏を
楽しんでいただければなと思います!
今日はありがとうございましたo(^-^)o

春ですね・・・。

こんにちは。水曜日のマッキ―です。

暦の上では春ですし、ここ数日はけっこう暖かかったので

行きつけのお寿司屋さんからいただいたピンクの春らしいお湯のみで

カフェオレなんぞ飲んでおりました。

お寿司屋さんのお湯呑ってたっぷり入って、

スターバックスでいうところのグランデサイズぐらいのカフェラテが入るので重宝しています。

しかし明日からまた寒くなるそうで・・・。

三寒四温って言うのかしら。

でも雪まで降るなんて、寒そ~。

気温の急な変化による体調不良などご注意くださいね。

マッキ―