南国サーモン

旬や 村岡商店
今週は「南国サーモン」

寒いイメージのサーモンが熊本で 今が旬なのです!

上天草市大矢野で養殖されている
3月~5月が出荷時季の南国サーモン!!

お話しを 上天草市大矢野 浜田鮮魚 浜田真和さんに伺いました。

なぜ?熊本でサーモンなのか??
長野県の山で孵化させた魚を 11月末に上天草に持ってくる。
1匹 約200gほどの大きさで 約2万匹。

淡水から海水に変わる時に 大変だが
今年はうまくいき 調和がとれたらしい。

そして、3月出荷前まで エビ・カニの粉末の餌をあたえて大きくする。

1日に 600キロ   約400匹の出荷。
昨年に比べ 約1.5倍になった。

味は?脂がのって最高の出来。
色も通常のサーモンより 赤身が強い。

栄養は?(インターネット調べ)
DHAとEPAが多く含まれていて 学習・記憶能力の向上に加え、動脈硬化、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣の予防効果があるといわれている。

色のピンクは、ビタミンEの1000倍の抗酸化力を持ち 体の活性酸素を除去し メラニンの生成を抑制するので アンチエイジング効果があるといわれている。

サーモンの皮の部分は マリーンコラーゲンといわれ不飽和脂肪酸が含まれている。

お味は?
お刺身でいただくと・・・
脂がのって とろっとしている。
海外のサーモンより 身がやわらかく甘みがある!!・・・と、村岡は感じた!

皮は焼きすぎると アスタキサンチンが損失するため
ホイル焼き、シチューが最適。

販路は?
九州一円、香港まで。
熊本では ゆめタウン系、イオン系。
南国サーモンののぼりが目印!

直接でも購入できる。
浜田鮮魚では
1尾  2000円~3000円
3枚おろし?など 無料でしてくれる。

南国サーモン」への2件のフィードバック

  1. 駱駝

    サーモン~
    鮭はアスタキサンチンで身が赤くなった白身魚ですよね(^_^)
    赤い藻を食べ続けて身体がピンクになるフラミンゴと一緒です☆

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です