干からびた心。

どうも村岡です。

先日、中学生の姪っ子から映画にもなった「ひるなかの流星」のマンガ本を借りて
いっきに読んでみました。

どんなラブストーリーなのかと!

転校生してきた女子を 先生と同級生が好きになるという話し。
で、どっちを選ぶか??ということ。

ふむふむ。

あ~~~だめだ!!  50前のオバはんはときめかない。
まったく読んでいて ドキドキしない。
ふ~~~~ん と、思うだけ。

別に面白くないわけでもないのですよ。
いや、面白い。

でも、ときめきがない!
あ~~~私の心はカスカスだ~~~~

私も中学生時代 漫画にはまり
「ときめきトゥナイト!」や「ペパーミントエイジ」を読んだ。

その時は めちゃめちゃドキドキしながらキュンキュンしながら読んだ記憶がある。
が、今はない。

わかっていますよ・・47だもの。
あれから月日は無残にも流れていますもの。

でも、ちょっとだけでもキュンとなれるんじゃないかな~~と思ったわけですよ。
が、まったく響かない!!

心のスポンジがカラカラの様です(笑)

あ、こっちは↓興奮した~~~
かっこよかった~~~~^^

干からびた心。」への2件のフィードバック

  1. 駱駝

    まったく響かない~
    それは村岡さんの精神年齢が、きちんと大人になってるからですよ☆
    自分には羨ましくもあります(^_^;)
    日曜朝の子供番組を観て、未だに胸ときめかせる精神年齢5ちゃいの自分には…(-_-;)(笑)
    心がカラカラ~
    大丈夫ですよ(^_^)
    江口洋介さんに「心にダムは有るのかい?」と言われても「う~ん…」と心カサつくかもしれませんが
    福山雅治さんが「あんちゃん!」と言ったら「キャ~❤」と心うるおうでしょ?♪←何の話をしとる(笑)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です