日別アーカイブ: 2017年4月26日

レディ音☆ミミー津田

 

今日は、八代郡氷川町にある財津釣具から、うきを作っているときの音をお届けしました!


詳しいお話を三代目代表取締役の土肥靖典さん(47)に伺いました。

 

財津釣具は創業68年の歴史あるお店。
8人の職人さんによって一つ一つ手作業で桐の木を使ったうきを作成されています。

 

元々うきは桐の木で作るのが主流だそうですが、今はプラスチックで作るお店が増え、
桐の木で作っているお店は財津釣具さんだけ。
全国でも10社ないくらいだそうです。

 

 

うき作りは、11月からゴールデンウィーク明けまでがピークだそうで
今が一番忙しいとのことでした。

 

一つ一つ手作業なので一人欠けると大変!

 

実際、工場だけでなく、出荷前の作業場も見せていただきました。

いつまでも見ていて飽きない、手際のいい職人技です。

 

津田・岡本2人でしばらく見とれていました。

 

財津釣具にはオリジナルのブランドで創業当時からあるギンナンうきがあります。

 

これは熊本城にあるギンナンの木から名付けられたそうです。

 

そして土肥さんが開発した、ZAXISという新しい商品もあります。
見た目もすごくかっこいいデザインです。

 

ご要望に応じて日々良いものになるように開発しているそうです。

 

財津釣具さんのうきは、熊本県内の釣具店で購入することができます。

 

確かな素晴らしい技術で作られたうきを皆さんにも使っていただきたいと思います!

 

今日は土肥さん、ありがとうございました。