コレやってみよう☆ミミー津田

 

今日は、熊本市中央区黒髪にある幽玄館に伺い、
武田流騎射流鏑馬をご紹介しました。

 

詳しいお話を宗家師範の竹原陽次郎さん(74)に聞きました。

 
武田流騎射流鏑馬はおよそ1100年前から伝わり、熊本県重要無形文化財にも
認定されています。

 

その歴史ある武田流騎射流鏑馬を若い方々に伝える為に
平成19年から少年塾が開講されています。

 

対象は、小学4年生から中学2年生まで。

 

一年間で、計14回の講義を受けます。

 

最初は礼儀作法から始まり、袴のたたみ方を学んだり、
馬との接し方を学び、木馬を使って実際に弓を射る所まで至ります。

 

今日は実際に、矢を射るときの基本の姿勢を実際にやってみました!

 

といいつつ・・・津田は現在負傷しており(笑)
相方であります岡本さんにやってもらいました!!

この基本の姿勢だけでも腕がプルプルしています。

 

通常はきれいにこの姿勢ができるようになるまで
2・3ヶ月かかるそうです。

筋肉痛になりそうです。

 

竹原さんにも少年塾のみなさんにも武田流騎射流鏑馬の歴史を
ずっと守っていただきたいと思います。

 

今日は竹原さん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です